メニュー 閉じる

入試情報

ニュース
入試情報

インターネット出願ガイド」と各入試の「学生募集要項」をよく読んで出願してください。
「入試ガイド・学生募集要項」はこちらから
出願資格等の確認のため、「学生募集要項」に記載の出願書類の他に、別途書類の提出を求める場合があります。
Post@net_banner.jpg
※インターネット出願登録はこちらから

2024年度入試のポイント
総合型選抜
  • 従来の選抜方法の「総合型」に加え、「卒業生推薦型」を新設しました。
  • 「総合型」はⅠ期(10月)、Ⅱ期(12月)に加え、Ⅲ期(3月)を新設しました。
  • 「卒業生推薦型」は、1期(10月)とⅡ期(12月)、「総合型」と同日に実施します。
学校推薦型選抜
  • 「指定校」「公募」の二つの方式で実施。指定校の詳細は高校で確認してください。
一般選抜
  • A日程は特待生選抜の選考を兼ねています。昨年度までは2日間連続で行いましたが、今年度は1日のみ(1/24)の実施です。
  • B日程では、英語の民間資格・検定試験の結果を活用します。
  • A・B・C日程 すべての一般選抜で、併願が可能になりました。(健康栄養学科、看護学科を除く)

※詳細については、「2024年度入試ガイド」および「2024年度総合型選抜ガイド」、「学生募集要項」で必ず確認してください。
なお、「学生募集要項」は、6月以降、大学ホームページに順次掲載します。

アドミッション・ポリシー

大学 アドミッション・ポリシー

和洋女子大学への入学を希望する皆さんに対して求める、能力や資質に関する考え方を、各学科ごとにご紹介します。

詳細はこちらから

大学院 アドミッション・ポリシー

和洋女子大学大学院への入学を希望する皆さんに対して求める、能力や資質に関する考え方を、各専攻ごとにご紹介します。

詳細はこちらから

資料請求

2024年度の資料「大学案内 "WAYO GIRL"」や「入試ガイド」「総合型選抜ガイド」等の資料請求を受付中です。
資料をご希望の方は、下記の「資料請求はこちら」ボタンをクリックして請求してください。

入試全般に関するお問合せ

入試全般に関するお問合せは下記の「入試お問合せフォーム」よりお問合せください。


お問合せ先

和洋女子大学 入試・広報センター

047-371-1127

【受付時間】
平日 9:00~17:00 土曜 9:00~14:00
※日曜・祝日、大学の行事日、夏期および年末年始の休業期間は、事務取扱はありません。

入試結果

全入試の結果を一覧で公開(pdf)

2024年度 入学納入金

2024年度の入学納入金の明細は以下の通りです。

諸会費(後援会費・校友会費)および同窓会入会金については、各団体より委任を受け、代理徴収しています。

後援会費:和洋学園後援会は、和洋学園の教育方針に基づいてその教育事業を後援し、向上発展を助成する事を目的としています。主に、奨学金、サークル・就職活動の支援、学生の諸活動の支援などに活用しています。

校友会費:校友会費は、学生生活の充実を目的とした学内の大学祭やサークル活動の支援に使用しています。

高等教育修学支援新制度について

和洋女子大学は、文部科学省から高等教育の修学支援新制度の支援対象校として認定を受けました。以下に、関係に係る申請書を掲載します。

高等教育修学支援新制度についての詳細はこちらから

お問合せ

和洋女子大学 学生課
TEL:047-371-1123

入試過去問題活用宣言

和洋女子大学は「入試過去問題活用宣言」に参加しています。

和洋女子大学は、「入試過去問題活用宣言」に参加しており、必要と認める範囲で「宣言参加大学」及び「提供大学」の入試過去問題あるいは類似問題を使用して出題することがあります。ただし、必ず使用するとは限りません。
入試過去問題を使用する際は、そのまま使用することも、一部改変することもあります。
また、使用した場合は、全入試終了後、和洋女子大学のホームページ上でお知らせいたします。

「入試過去問題活用宣言」についての詳細は次のURLにてご確認ください。
http://www.nyushikakomon.jp/

2023年度入試 過去問題利用状況

2023年度入学試験について、過去問題の利用はありません。

出張講義

和洋女子大学では、高校生の進路決定や学問分野理解のため、大学の講義を高校で開講する「出張講義」を通年で行っています。
申込をご希望の方は、申込書に必要事項を記入の上、FAXをご送付ください。入試・広報センターより折り返し、ご連絡します。
出張講義について、詳しくは、入試・広報センターまで、お問合せください。

出張講義の申込書ダウンロードはこちらから

2023年度版 出張講義一覧

学部名をクリックすると、該当の講義一覧へジャンプします。

人文学部

学科 分野 タイトル 講義内容
日本文学文化学科 日本文学 『奥の細道』のおもしろさを味わう 文学作品は、言葉によってある思いを形象しようとした、先人の努力の結晶です。『奥の細道』を例にとり、皆で創造的な読みを行いましょう。
古典詩歌の技法を使ってみよう 和歌・俳諧等に多用される修辞法、とくに枕詞や掛詞の機能に着目し、その原理や各作者の工夫を学びながら、それを活用して皆で作品作りに挑戦しましょう。
国語と大学での学び

国語の先生になるためには、大学でどのように学んだらよいのでしょうか? 近代文学の作品を題材として一緒に考えてみましょう。

古典を学ぶ意義について考えてみよう 「探究」学習の一展開として、私たちはなぜ古典を学ぶのか、という課題について話し合い、一緒に考えてみましょう。
日本上代文学とは? 現在の様々なカルチャーの中には、上代文学や日本神話の影響を受けている作品があります。身近な作品を題材に、「翻案」「引用」「モチーフ」という視点から読み解いてみましょう。
文学を研究するとは 芥川龍之介『羅生門』などを例に、文学作品や作家を〈研究〉することの面白さや奥深さにふれてみましょう。
旅する近代文学 皆さんにとって身近な土地を描いた紀行文を出発点に、近代日本の作家たちにおいて旅の体験と作品の創造がどのように関係しあっているかを考えます。
日本文学
(日本語学)
文の分かりやすさを考える 「昨日先生に聞いた参考書を買ってきた」・・・さて、参考書を買ったのはいつ? 文の構造・仕組み(文法)を分析しながら、文の分かりやすさについて考えます。係り受けクイズ、文の組み替えパズルなどを通して、実践的に言葉への意識を高めます。
コーパスを使って日本語の実態に迫る 「考える」と「検討する」はどう違う?「たまご」「タマゴ」「卵」「玉子」は? 日本語は、とても多様性のある言語です。手段、場面、メディア、地域、年代、時代など、さまざまな条件で使われる語彙、表記、発音に違いがあります。「コーパス」という言葉のデータベースを使って、その実態に迫ってみましょう。
書道 漢字の成立と各書体の書法 漢字の成り立ちについて知り、また漢字の書体について、楷書をはじめとする、行、草、篆、隷といった各書体について実際に書いてみたいと思います。
漢字の成立と行書の書法 漢字の書体の変遷と行書の成り立ちを知り、行書の書法について学びましょう。実際に行書を書いてみたいと思います。
かな文字の成立とかなの書法 私たちが日常使用しているひらがなという文字について知り、実際にひらがなを書いてみることで日本人の感性に触れてみたいと思います。
文化芸術 絵画のなかに入ってみよう:空間と身振りを読み解く レオナルド・ダ・ヴィンチ≪最後の晩餐≫やベラスケス≪ラス・メニーナス≫など、よく知られた絵画作品を題材に、絵画のなかの空間がどう構成されているか、人物の身振りや位置が何を意味するかを読み解いていきます。最後に皆で「活人画」(絵画を生身の人間で再現すること)をつくります。
オフィーリアの変遷:女性イメージを読み解く シェークスピアの戯曲『ハムレット』に登場する「悲劇のヒロイン」オフィーリア像の変遷(絵画、広告、二次創作など)から、時代毎の女性のあり方や、作品間の相互関係を読み解きます。
博物館の役割と学芸員の仕事 博物館の存在意義と、そこで働く学芸員の職務内容について一緒に考えてみましょう。
美術実技 油彩画・古典技法・CG(2D、3D)に関して、創作実技の指導を行います。
心理学科 心理学 愛と憎しみの生涯発達心理学 「愛するとはどういうことか」「愛と束縛」「愛と憎しみ」「愛と自己犠牲」など、みなさんと一緒に考えてみましょう。
身近な話題から心理学を体験しよう 好きな色と私たちのこころとの関係、ものの見え方とこころの関係、マンガの読み取りとその表現の理解を体験してもらい、その背景の理論的な説明から人のこころの不思議に迫ります。
臨床心理学 ストレスとの向き合い方 ストレスへの気づき方とその対処法について、体験型のワークを取り入れながら、実践的に学んでいきます。私たちの身近なストレスについて、一緒に考えていきましょう。
振り返りノートを書いてみよう 最近の自分を振り返り、気になることについて、また自分にとって良かったことについて、自分がどのように感じているかを確かめながらノートに書いていきます。フォーカシングという方法を使って、今の自分への気づきを高めていきましょう。
考えが変われば気持ちも変わる? -認知行動療法の技法- 心理療法のアプローチの1つである「認知行動療法」は、医療機関などでの患者さんへの治療のみならず、健康な方のストレスマネジメントにも幅広く活用されています。その技法の1つとして、ストレスに密接にかかわる「認知(考え方)」に働きかける技法をご紹介します。
心理学
発達心理学
大学生活の心理学 「大学はどんなところ?」「大学生は普段何をしているの?」そのような大学生活の疑問を心理学の視点から解説します。さらに、大学で学ぶ心理学の概要も紹介します。大学生活について、一緒に考えてみましょう。
心理学
社会心理学
情報を伝えることのむずかしさ 「自分はきちんと伝えたつもりなのに、相手には正確に伝わっていなかった」ことや、「冗談で言ったつもりだったのに、相手には冗談として伝わらなかった」ことなどはありませんか。人に情報を伝えることは簡単なようで、とても難しいことです。体験ワーク等を通して、考えてみましょう。
心理学
臨床心理学
心そして心理学とは 「心理学とは?」、「心理学は将来役に立つの?」、「学ぶことで何が身につくのか?」について簡単なワークや具体例を紹介しながら学んでいきます。入試でも問われる「心理学を学ぶことの意味」を一緒に見つけていきましょう。
こども発達学科 保育学 子どもが好きってどういうこと? -保育者が子どもをみるまなざしについて- 参加型の形式です。子どもが好きだということを掘り下げて考えていきます。そこから保育者は、こどもにどのようなまなざしを向けているのかを考えます。
0・1・2歳児の子どもの育ちと保育者のかかわり 参加型の形式です。0・1・2歳児の子どもが健やかな育ちを支えるための保育者のかかわりについて、具体的な生活や遊びの場面を通して考えましょう。
子どもの世界を知ることで見えてくる保育の世界 参加型の形式です。子どもはただ遊んでいるわけではありません。子どもの姿や自分自身の子ども時代の振り返りを基に、子どもの世界を体験してみましょう。実際の遊びの場面から、子どもの感じている世界を体験し、保育の世界の一端を覗いてみましょう。
地域福祉学 子どもと子育てを支える地域づくり 私たちはみんな地域の住民として生活しています。しかし、地域の人々のつながりや交流がますます希薄になっている昨今です。子どもを中心においた地域のつながりの再生の可能性を探ってみましょう。
保育学
幼児教育学
保育のせかい 子どものせかい -保育者をこころざす人のために- 幼稚園教諭・保育士・保育教諭という職業について知り、子どもの生活と遊びを支える保育者の役割について考えましょう。
教育学 乳幼児の学びを支援する保育者のしごと 乳幼児は、「お勉強」ではなく「遊び」から多くのことを学んでいます。子どもの遊びが豊かな「学び」となるために、保育者がどのようにかかわったらよいかについて、実際の例から考えていきましょう。
発達心理学 子どもを見る視点:実際の保育現場から 幼稚園・保育所での子どもの姿は、発達に関する知識があると違って見えてきます。映像や写真を使って、実際に体験してみましょう。
臨床発達心理学 発達障害とは? 近年、発達が気になるお子さんや発達障害のお子さんが増えています。発達障害のお子さんの特徴と対応について一緒に考えてみましょう。
スポーツ心理学 運動と遊びの科学 -鬼ごっこはなぜ面白いのか?- 乳・幼児期の運動と遊びの重要性について解説します。さらに、鬼ごっこを例に、遊びの構造と面白さの条件について考えてみましょう。
音楽教育学 音から読み取る子どもの思い 子どもの音表現は、周囲の働きかけによって、どんどん広がりをもっていきます。一人ひとりの子どもの思いに気づき、音表現を支えるポイントについて一緒に考えましょう。
美術教育学 子どもの絵を読み取る 子ども絵の鑑賞のポイントを解説します。描画発達に関する知識を基に、子どもの頃の絵を見なおしてみませんか。乳幼児ならではの表現に込められた思いについて考えてみましょう。

国際学部

学科 分野 タイトル 講義内容
英語コミュニケーション学科 英語、文化 時間の言い表し方(How to say the time in English) After teaching the vocabulary and grammar needed, the students will play a game in groups of 4 to practice the English that they learned.
(必要な語彙と文法を学んだあと、生徒は学んだ英語を使って4人グループでゲームをする。)
アメリカ合衆国の祝日・感謝祭 (Thanksgiving Day) とは? この授業では、アメリカ合衆国の最も大きな祝日の一つ、感謝祭(Thanksgiving Day)から、アメリカの文化や歴史を学んでいきます。感謝祭が、イギリスから持ち込まれた伝統行事から、どのようにアメリカならではの祝日に発展していったのか、紐解きます。
英語の丁寧表現 お願いする時、pleaseをつけるだけでは十分ではありません。英語で丁寧にお願いする表現を学習します。
音声学 英語の発音に自信がつく英語音声学入門 難しいお話は最小限にして、母語の知識を利用して、楽しみながら英語らしい発音につなげていきます。
英語、言語学 アメリカだけじゃない世界の英語 中高で学ぶ英語は日本ではアメリカ英語が中心ですが、他にも多くの国が英語を公用語として使用しています。世界の英語に触れてみましょう。
日米文化 草間彌生とアメリカ 「なぜ彼女は水玉模様ばかりをたくさん描くのでしょうか?」草間彌生のアメリカでの芸術活動を紹介しながら、水玉と社会のかかわりについてお話します。
アメリカ文学、文化 アメリカ文学と摩天楼 19世紀末にアメリカ合衆国のシカゴで生まれた摩天楼は、その後アメリカの重要なシンボルとなりました。なぜ、どのようにして、高層ビルがアメリカという国家を象徴してきたのかを、文学作品のなかに登場する摩天楼を通して考えてみましょう。
英語教育 自分らしい英語学習を見つけよう 英語を身につけるのに大切なのは文法? 単語? それだけではありません。英語学習における自分を知る力、そして想像する力の大切さについてお話します。
国際学科 国際社会学 パスタとグローバル化 イタリアを代表する食、パスタ。歴史をひもとくと、現在の私たちが知っているものとはだいぶ違っていたようです。パスタの歴史を手がかりに、国をこえたモノの交流が活発化するグローバル化について理解しましょう。
国際経済学 海外旅行とビッグマック価格と経済 ビッグマック価格指数、為替レート、各国の一人当たりGNI等の最新指標を用いて、各国の物価の違いや購買力から見た価格の読み取り方を学びましょう。海外旅行に行ったときに各国の経済について考えられるようになります。
観光学 観光地「東京・Tokyo・东京」をまなざす 日本を代表する観光地「東京・Tokyo・东京」には国内外から多くの観光客が訪れます。しかし、観光客が東京・Tokyo・东京に求めることは、果たして一緒でしょうか。また東京に向けられるイメージや眼差しにはどのような違いがあるでしょうか。ガイドブックや音楽から色々なトウキョウを旅してみましょう。
英語、文化 流暢さを向上させる方法(How to improve your fluency) ディスカッションの基本技術を楽しみながら学びます。
(Enjoy the basics of discussion skills)
東アジア
地域研究
中国と日本の文化と社会の異同 比較を通して、中国と日本の文化と社会の異同について考えます。住居を中心とした日常的な衣食住、家族についての考え方やその仕組み、恥の意識などの比較を通して、それぞれの社会の仕組みを支えている文化の異同について分析します。
東アジア
地域研究
東南アジアの文化と社会 「東南アジアってどこ?」バリ島もタイもアンコールワットもシンガポールも東南アジアです。実は多くの日本人が訪れ、日本企業も進出している、私たちに身近な東南アジア。その地理、歴史、そして多様な文化と社会の成り立ちを写真や図表を使って解説します。
文化人類学 現代社会と異文化 現代社会において、異文化ははるか海の彼方にある一方で、私たちの身の回りにも異文化がみられます。身の周りの異文化は、普段の生活では見落としがちですが、確かに存在しています。多種多様な異文化について、考えていきましょう。

家政学部

学科 分野 タイトル 講義内容
服飾造形学科 衣生活学 ファッションの移り変わり 「ファッションやヘアメイクは何のために存在するのか?」からスタートし、映画などを通してファッションの移り変わりや役割を解説します。
ファッション業界を学ぼう ファッション業界の仕事と言えば、具体的に何を思い浮かべますか? 世界的に有名なデザイナー、身近な販売スタッフ…。他にもたくさんの職業があります。仕事内容や、やりがいなど具体的に解説していきます。
アパレル業界のICT化について アパレル業界では、ICT化によりアパレルCAD・CAMが導入されています。また、人体計測においては、1Dのメジャー計測の他に、3Dスキャナが用いられるようになりました。これらの現状や、開発したアプリケーションについて解説します。
衣生活学
生活科学
暮らしの中の繊維製品を学ぼう! 様々な繊維製品に囲まれて生活していますが、それらの繊維製品は用途に応じて仕上げや機械的な加工がなされています。また、生活環境が変わっていく中で消費者の要求に応じて行われてきた機能加工など衣服について学びましょう。
睡眠と健康 ~生活の工夫でぐっすり眠ろう!~ 私達が毎日とっている「眠り」。眠りはびっくりするほど身体と心の健康に影響を及ぼします。良い眠りは、学力を伸ばす力にもなります。眠りの力、寝具等、生活の中の工夫でぐっすり眠る方法を学びましょう。
衣生活学
衣環境学
衣服と健康 ~夏と冬をのりきる衣服の工夫~ 暑い時は何を着たら涼しい? 寒い時は何を着たら暖かい? 蒸し暑い夏、寒い冬を快適に過ごすには、環境にあわせた衣服の選び方、着方がポイントになります。夏と冬をのりきる、衣服の工夫について解説します。
衣生活学
和服構成
浴衣にチャレンジしよう 夏の暑い時期に涼しさを誘う浴衣の模様の解説をし、実際に浴衣の着装の仕方や、基本的な半幅帯の結び方を行っていきます。収納のための浴衣のたたみ方についても触れます。
ファッションビジネス ファッション業界のバリューチェーンを学ぼう! ファッション業界の仕事や業界内の違いを理解してもらう為に、業界の事例を紹介しながら、バリューチェーンのフレームにあてはめて解説していきます。実際、素材の調達から店頭に並ぶまでのバリューチェーンも作成してもらいながら、授業を進めていきます。
食品学 食品学の中の茶の世界 生活に安らぎの時間を与えてくれる茶には、たくさんの種類があります。茶ができるまでの過程や茶に含まれる成分について、食品学の視点から解説していきます。さまざまな茶を探訪してみましょう。
健康栄養学科 栄養教育 学校給食がもたらす深い学び 学校給食は「生きた教材」と言われており、栄養教諭等は日々給食とつなげた食育を実施しています。なぜいつも牛乳がついているのだろう? などの問いを持ち、給食がどのように作られているのかを知ることから、自身の食について考えます。
食育の実践/
望ましい食生活とは
健康に生活していくためには、どのような食事をすればよいのか、自分でできることをみつける方法を解説します。わかったことを実行し、継続していくことの大切さを考えます。
臨床栄養学
小児保健学
児童生徒の個別指導(栄養食事指導)と管理栄養士の役割 児童生徒の個別指導(栄養食事指導)の重要性が増してきています。そこで、子どもの生活習慣病対策における管理栄養士の役割について解説します。
小児科学
臨床血液学
貧血と食事 思春期に発症しやすい貧血について、その種類、原因、治療法特に食事との関連について解説します。また、貧血と間違えられやすい起立性調節障害についても普段の生活で注意すべきことを含め解説します。
臨床栄養
小児科学
スポーツ医学
小児期からの生活習慣病予防
ジュニア期のスポーツ栄養
小児生活習慣病外来担当医の立場から、子どもの生活習慣病予防対策について解説します。スポーツドクターの立場から、ジュニア期のスポーツ栄養について解説します。
食事学 健康的な食事の実現 主食・主菜・副菜の揃った食事は、日本人の健康的な食事の持続にとても大切です。食事の計画・指導・評価は管理栄養士の専門の1つです。毎日の自分の食事の見直しから、管理栄養士の仕事を考えていきます。
応用栄養学 心がけたい食べ方のコツ 健康長寿でいるためには、毎日の食生活を見直して、良い食習慣を身に着けることが大切です。そのためには、どのようなことに注意すべきか、また、日本食がヘルシーと言われる理由についても解説します。
公衆栄養学 ひとの食事について調べてみよう 管理栄養士は、対象者の身体状況や食事摂取状況等に応じた栄養指導を行うことが求められます。そこで栄養指導を行う前に、まず対象者がどのような食事状況であるかを把握することが必要となります。ひとの食事の調べ方やそれに必要なスキルについて解説します。
食品衛生学 食中毒について 食中毒病因物質は微生物性食中毒(細菌・ウイルスなど)、化学物質(農薬など)、植物性自然毒(ばれいしょ芽毒など)、動物性自然毒(ふぐ毒など)、その他(クリプトスポリジウムなど)があります。身の回りにある多くの病因物質について解説します。
生化学 欠食ダイエットはなぜリバウンドする? 食事を抜くことは、手っ取り早くやせる方法の一つです。しかし、食事を戻すと体重は戻り、以前よりもやせにくくなるのはなぜ? 摂食カロリーと消費カロリーのバランスを代謝側面から一緒に考えましょう。
給食経営
管理論
美味しい給食ができるまで 学校や事業所、病院などの給食施設において、美味しくバランスのとれた食事を計画し提供できるようになるには、どんなことを身につける必要があるのかについて考えます。
バランスの良い食事とは 献立を考える時、どんなことに配慮する必要があるでしょうか? 盛り付け、塩分、食材の組み合わせなど栄養以外についてのバランスも重要な項目です。給食はどんな工夫がされているのかを考えながら、健康を保持するための食事について考えてみましょう。
給食提供における衛生管理について 給食は美味しいだけではなく、衛生的で安全な給食を提供することが求められます。食中毒などを防ぐために気を付けるポイントなどを学んでいきましょう。
食品学 乳・乳製品と私たちの健康 給食で牛乳がついてくるって、どうしてなんだろう。最初から食べられるためにつくられる数少ない食品であるミルクとヒトの関係について勉強してみましょう。
応用菌学 乳酸菌ってなんだろう? 微生物分類学では「乳酸菌」という名称はありません。乳酸菌は私たちの食生活と密接に関わっている微生物であるためです。身の回りにある乳酸菌に関わりの深い発酵食品について一緒に学んでみましょう。
基礎栄養学 食塩について 食塩は私たちの身体にとって重要な役割を果たしています。しかし、摂取が過剰になると生活習慣病などの原因にもなります。自分や周りの人の食生活を見直すきっかけにしましょう。
スポーツ栄養学 運動選手の食事と栄養 運動選手のコンディション管理やパフォーマンス向上には食事が大きく影響しています。運動選手にとって食事がなぜ重要なのか、実際の食事の写真などを用いて解説します。
応用栄養学
臨床栄養学
時間栄養学/
食べ物と病気の関係

早寝、早起き、朝ご飯の大切さを体の仕組みと体のリズムの面から考えます。食べ物と病気の関係を知り、より良い食生活からの病気の予防について考えます。

家政福祉学科 社会福祉学 社会福祉について 社会福祉とは何でしょうか? こうたずねられてうまく答えられる人はとても少ないでしょう。それもそのはず、社会福祉とは何かを学問的に検討すると、複雑で、簡単ではないのです。この講義では、社会福祉というものについて解説します。
ソーシャルワーカーの仕事を知ろう ソーシャルワーカーという仕事を知っていますか。人々のゆたかな暮らしを応援する社会福祉の専門職です。福祉施設や病院、学校など様々なフィールドで活躍するソーシャルワーカーの仕事とその魅力についてお話します。
障害者の支援を考える 障害者の実際の生活等を映像でみることで、障害者を取り巻く環境を考え、障害者にどのような支援があったらよいのかを一緒に考えます。
保育学 子どもの遊びと保育 子どもは遊びと生活を通して色々なことを学んでいきます。季節の絵本、紙芝居、パネルシアター、手遊び、パペット、制作遊び…子どもが好きな遊びを通して保育を体験してみましょう。
保育における絵本・紙芝居の世界 保育現場において、子どもが絵本や紙芝居等の教材を通して、どのような世界を味わっているか解説します。また、これらの教材が子どもの育ちにとってどのような影響があるかについて考えていきます。
調理学
保育学
離乳期の子どもが楽しく食べるために 子どもが安心して楽しく食べることができるようにするためには、どのような配慮が必要でしょうか? 離乳期の子どもに焦点を当てて解説します。
調理学 お料理上手への近道! おいしさの秘密を知ろう! どうすればパンはふっくらと膨らむのかな? 肉汁たっぷりのおいしいハンバーグを作るにはどうしたらいいのかな? 食べ物の「おいしさ」にはその理由があり、それを知ることがお料理上手への近道です。いつもとちょっと視点を変えて料理を眺めてみましょう。
被服構成学 衣生活を科学する 毎日、何気なく着ている衣服を一緒にじっくり観察し、サイズ選びや着脱や着装時の動きやすさ、着心地について解説します。
家族関係学 「家族」って誰のこと? 家族はとても身近な存在であり、私たちは家族についてよく知っているような気がしています。いったい家族とは何でしょう? 一緒にあらためて確認してみましょう。
住居学 生活空間を知ろう 住まいで行う生活行為には、どのくらいのスペースが必要でしょうか。自分の身体寸法と生活行為に必要なスペースを学び、住まいの空間について一緒に考えてみましょう。
舞踊学 こどもと踊りの文化 -こころとからだでつながる世界- こどもたちは、ノンバーバル・コミュニケーションである「踊り」「ダンス」を通して、何を体験するのでしょう? 世界の多彩な舞踊文化を「こども」の視点でとらえることで、共生社会について考えます。
家族心理学 家族の発達と親子関係の心理 子どもの年齢によって親子の関係は変化し、子どもは次第に親から自立して大人になっていきます。この講義では個人と家族の発達、親子関係の変化について心理学の理論から考えていきます。
子ども家庭福祉 様々な子育て支援を学ぼう 子育て支援が行われる場は、保育園や幼稚園だけではありません。児童館や子育て支援センターの他、訪問保育など、支援の場は、施設の外にも広がりつつあります。様々な子育て支援の内容と制度を学ぶことで、保育士や社会福祉士の活躍の場の広がりと奥行きを感じ取ることができるでしょう。

看護学部

学科 分野 タイトル 講義内容
看護学科 産業看護学 働く人の健康を守る産業看護職という仕事 働く人をケガや病気から守る産業看護職という仕事の魅力を、実際にあった事例を挙げながら、わかりやすく紹介します。
看護管理 日本の看護師育成のしくみ
〜生涯学び続ける看護師〜
日本の看護師になるまでの育成のしくみやその背景となる法律について説明します。あわせて、看護師となってから専門職として知識と技術を携えて、生涯学び続けていく看護師の道を紹介します。
精神看護学 こころの健康とストレス 「こころが健康」であるとは、どのような状態でしょうか。ストレスは私たちのこころと身体にどのような影響を与えているでしょうか。こころの健康とストレスについて考えていきます。
看護・専門基礎 溢れる健康情報に流されないために知っておきたい疫学的な見方 健康に良い、あるいはリスクがあるという情報に触れた時に、疫学の知識が役立つことがあります。マイナーだけど実生活に役立つ学問・疫学について紹介します。
広域看護学 赤ちゃんとお父さんお母さんの関係性はどのように作られるのか 乳幼児と養育者(お父さん、お母さん)とは、言葉がしゃべれなくても、その視線、動作などのやり取りでお互いの関係を深めていくことができます。親子の遊びの様子、食事の場面を観察することで、親子のやり取りの仕方、関係性が見えてきます。
地域・在宅看護学 地域で働く訪問看護師の仕事 地域で働く訪問看護師は在宅医療の担い手です。訪問看護師の実際や地域で暮らす療養者への支援について紹介していきます。
長寿を支える日本の看護 日本は世界の中でもトップクラスの長寿国です。ご高齢の方や障害のある方もみんな一緒に地域でより良く生活するために、どのような事ができるでしょうか? 一緒に考えましょう。
成人看護学 心臓病になったらどうしますか? ~心臓と生活~ 心臓は全身に血液を送る機能を持っていて、人間が生きていく上でとても重要な臓器です。心臓の病気が生活に与える影響と心臓病の看護についてお話します。
がんとともに生きる ~がんになっても普通の生活を~ 日本人の2人に1人が「がん」になるといわれています。「がん」という病気を正しく知って、がんの患者さんがより良く生きる社会を実現するために、私たちに何ができるのか一緒に考えてみましょう。
若年期から始める糖尿病などの生活習慣病予防 日本人のインスリンを分泌する能力は欧米人に比べて低く、肥満ではなくても糖尿病になりやすいという特徴があります。早い段階から始められる生活習慣病予防を意識したバランスの良い食事や適切な運動習慣についてお話します。
ともに語ろう、「生きる」とは 私たちは普段「生きる」ことについてあまり考えないかもしれません。救命救急センターで、長らく看護師として「生きる」ことや「死ぬ」ことと向き合ってきた経験を紹介しながら、ともに生きることについてみんなで考えたいと思います。
老年看護学 最新の認知症ケア理論「ユマニチュード」の紹介 認知症ってなんでしょう? 認知症の人に対してどのように接していけばいいのでしょうか。認知症ケアで注目されている「ユマニチュード」というケア理論について映像とともにお話します。
母性看護学 看護職として海外で働く ~SDGs達成に向け看護職ができること~ 青年海外協力隊の助産師隊員としてバングラデシュで活動した経験をもとにお話をします。SDGs達成に向け看護職ができることを一緒に考えてみましょう。
母性看護学・助産 看護師、保健師、助産師とはどのような職業? 看護師、保健師、助産師はどのような職業なのか、違いや特徴を中心に看護の仕事について詳しくお話します。
いのちの大切さを伝える
助産師さんのいのちの授業
人はどこから来て、どこへ向かっていくのでしょうか? わたしたちは、一人ひとり、およそ400万分の1の卵子と、3億分の1から選ばれた精子が結びついた、たった0.13mmの受精卵からはじまり、奇跡を重ねて成長した貴重な存在です。いのちの生まれる現場で長く働いてきた助産師がお話をします。いのちについて一緒に考えてみませんか。
基礎看護学 フットケア -足から元気になろう- フットケアと聞いてどのようなことを思い浮かべますか? 足が元気であるためには適切なケアが必要です。フットケアにより足を元気に、そして足の元気を身体の元気につなげましょう。
小児看護学 子どもの安全を守るためにできること ~起こりやすい事故と対処法~ 子どもに起こりやすい事故を説明し、もしもの時の対処法のポイントをお話します。子どもの安全を守るためにできることを一緒に考えましょう。
公衆衛生看護学 保健師の仕事 保健師の仕事について、産業、学校、行政、それぞれの特徴などについてわかりやすく紹介します。
災害における看護職のかかわり 災害時に看護職が担う活動について紹介します。被災地域および医療機関における傷病者の処置、こころのケアなど、看護職は自分自身の安全を確保しながら医療・保健活動に携わります。

和洋女子大学 高大連携支援室

和洋女子大学の高大連携支援室についてご紹介します。

和洋女子大学 高大連携支援室について

2021年4月より、和洋女子大学 高大連携支援室を設置しました。

ご挨拶

変化の激しい時代において、将来を担う若者の「新たな価値を創造していく力」を育成することが社会全体に求められています。特に、中等教育と高等教育が円滑な接続を図りながら、協働・連携して進めることが重要になっています。そのため、和洋女子大学では高校と大学の教員が相互理解を深め、連携・協働して教育の充実・発展を図るため、高大連携支援室が組織されました。現在、高校での教員経験のある6名のアドミッションオフィサーで構成しています。
本学では、大学教員と高校の管理職や教員が一堂に会し、講演会や意見交換等を行う「高大接続教育推進協議会」を年2回開催しています。また、高校生の「探究活動」の一助として、大学での探究活動を体験できる講座「高校生対象の体験プログラム」を3月と8月に全学科で実施するなど、大学が一丸となって高大接続教育に取り組んでいます。
高大連携支援室は高校からの大学窓口として、高大連携や高大接続教育に関すること、出張講義、高校での教育活動への支援等を様々な業務を担っています。高校では新学習指導要領が始まり「総合的な探究の時間」が必修化され、大学との連携がますます重要になると思います。どのような内容でも、お気軽に高大連携支援室にご相談ください。 

入試センター長 三木千恵子

スタッフ紹介

和洋女子大学との高大連携の相談窓口スタッフです。担当者まで、ご連絡ください。

【お問合せ】 
高大連携支援室
TEL:047-371-1249
FAX:047-371-2175
E-mail:koudairenkei(a)wayo.ac.jp

※メールアドレス(a)の部分を@に変更してください

 

和洋女子大学の高大連携事業 一覧

  1. 高大連携 科目等履修生・聴講生(現在7校と協定)
    (津田沼高校・国府台高校・日出学園高校・都立小岩高校・都立忍岡高校・和洋国府台女子高校・和洋九段女子高校)
  2. 出張講義
  3. 千葉女子高校との高大連携(家政教育)2019.5月~
  4. 八千代高校との高大連携(探究学習)2021.4月~
  5. 高校生向け体験講座
    集まれ家庭科大好き女子高校生(家政福祉学科)2019.6月~
  6. 高大接続教育懇談会(2019.12月)
  7. 高大接続教育推進協議会(2021.7月~)
  8. 高大連携事業協力校グループ(2021年~)
  9. 高校生体験プログラム(2022.3月~)
    全学科で実施(2023.3月~)
  10. 高大接続教育推進協議会 協力校グループ研修会(2022.3月~)
  11. 1日 Wayo Girl(2022.3月~)

高大連携支援室News

2023年度

和洋女子大学を核とする高大連携事業・高大接続教育に関する協定を締結

昨年末から今年にかけ、新たに高大連携に関する協定の合意を得た16校(千葉県立高校14校、東京都立高校1校、私立高校1校。締結内容変更1校を含む)と、協定締結式を行いました。
詳細はこちらから

和洋女子大学 高大接続教育推進協議会「協力校グループ研修会」を開催しました

11月17日、和洋女子大学にて、協力校グループ研修会を開催しました。20校23人の高校の先生(校長・副校長・教頭・教諭・実習助手)が参加し、高校と大学の教員とで探究授業における「プレゼンテーションの指導と評価」をテーマに研修を行いました。
詳細はこちらから

和洋女子大学 高大接続教育推進協議会を開催しました

6月30日、和洋女子大学にて、高大接続教育推進協議会を開催しました。21校の高校の管理職(校長・副校長・教頭)の方々が参加し、高校と大学の教員とで「総合的な探究の時間」について意見交換を行いました。
詳細はこちらから

2022年度

和洋女子大学 高大接続推進協議会 「第2回 協力校グループ研修会」を開催

12月16日、和洋女子大学にて、高大連携事業「第2回 協力校グループ研修会」を開催しました。16校の高校が参加し、高校の教員と大学の教員が「自己の在り方生き方を模索することへの支援」をテーマに研修を行いました。
詳細はこちらから

高大接続教育推進協議会を開催

6月10日、和洋女子大学が高大接続教育を推進していくためのパートナー校である高大接続教育協力校グループ19校のうち14校(参加校一覧参照)の参加により、高大接続教育推進協議会を開催しました。
詳細はこちらから

過去のNewsはこちらから(クリックしてご覧ください)

2021年度

和洋女子大学 高大接続推進協議会「協力校グループ研修会」を開催

3月10日、和洋女子大学にて、高大連携事業「協力校グループ研修会」を開催しました。10校の高校が参加し、高校の教員と大学の教員が「高大連携による探究型学習の可能性を考える」をテーマに研修を行いました。
詳細はこちらから

東京都立小岩高等学校と高大連携事業協力校の協定を締結

8月16日、東京都立小岩高等学校と高大連携事業に関する協定調印式を行いました。この協定により、和洋女子大学と小岩高等学校は、教育や研究分野での高大連携、学生と高校生の交流活動に積極的に取り組みます。

16校の高等学校と高大接続教育推進協議会を開催

7月2日、「新たな価値を創造していく力を育てるための高大接続改革」の一環として、千葉県と東京都の近隣の高等学校16校(参加校一覧参照)と高大接続教育推進協議会を開催しました。これは、本学と地域の高校が連携することで、新たな高大連携や高大接続教育をともに創り上げて行くための取り組みです。

千葉県立八千代高等学校と高大連携事業協定を締結

4月26日、千葉県立八千代高等学校と高大連携事業に関する協定調印式を行いました。この協定により、和洋女子大学と八千代高等学校は、教育や研究分野での高大連携、学生と高校生の交流活動に積極的に取り組みます。

 

イベント情報

2022年度

2月21日、東京都立忍岡高等学校と千葉県立千葉北高等学校の生徒を対象に高大連携事業「One Day Wayo Girl」を実施しました

2月21日、和洋女子大学にて、東京都立忍岡高等学校と千葉県立千葉北高等学校の生徒を対象に、高大連携事業「One Day Wayo Girl」を実施しました
開催報告記事はこちらから

12月20日、千葉県立八千代高等学校の生徒たちが高大連携プログラムに参加しました

12月20日、千葉県立八千代高等学校の1年生を対象に和洋女子大学にて高大連携プログラムを実施しました。
開催報告記事はこちらから

11月1日、千葉県立千葉女子高等学校 家政科の生徒たちが高大連携プログラムに参加しました

11月1日、千葉県立千葉女子高等学校の家政科1・2年生を対象に和洋女子大学にて高大連携プログラムを実施しました。
開催報告記事はこちらから

過去のイベント情報はこちらから(クリックしてご覧ください)

2021年度

3月16日、千葉県立実籾高等学校1年生を対象に高大連携事業「One Day Wayo Girl for Mimomi」を行いました

3月16日、和洋女子大学にて、千葉県立実籾高等学校の1年生を対象にして、高大連携事業「One Day Wayo Girl for Mimomi」を行いました。
開催報告記事はこちらから

12月24日、千葉県立千葉女子高等学校の生徒が高大連携プログラムに参加しました

12月24日、千葉県立千葉女子高等学校の生徒を対象に和洋女子大学にて高大連携プログラムを実施しました。
開催報告記事はこちらから

12月20日、千葉県立八千代高等学校の生徒が高大連携プログラムに参加しました

12月20日、千葉県立八千代高等学校の生徒を対象に和洋女子大学にて高大連携プログラムを実施しました。
開催報告記事はこちらから

11月24日、東京都立江戸川高等学校で出張講義を実施しました

11月24日、東京都立江戸川高等学校で出張講義を実施しました。
開催報告記事はこちらから

5月16日、こども発達学科の「体験授業」を実施しました

5月16日、和洋女子大学にて、こども発達学科の在学生と一緒に、こども発達学科の授業を受けることができる「体験授業」を実施しました。