和洋女子大学|トピックス一覧

トピックス一覧 

Topics:一般・地域の方

2018/07/10

「年金セミナー」を開催しました

7月5日・6日、家政学部共通科目「生活経営学(含生活経済学)」(担当:家政福祉学科 佐藤宏子教授)において、年金セミナーを開催しました。講師は市川年金事務所厚生年金徴収課の菅谷由佳氏・同お客様相談室年金相談担当の山崎友実氏(5日)、同国民年金課の田村宏之氏・同総務課の村山直樹氏(6日)です。


写真:科目担当の佐藤教授

1時間のセミナーでは、まず社会保障の観点から国民年金・厚生年金について説明がありました。そして20歳から加入義務がある国民年金について、老齢年金のほか障害年金など計3種類あることや、学生納付特例制度などを、桃太郎を題材にした分かりやすい映像を用いて解説しました。

約180名の履修生(5日・6日合計)からは、「もうすぐ20歳になるので、『国民年金』に加入する仕組みを知ることができて良かった」、「年金は老後の時だけ役立つものだと思っていたので、今回年金制度について詳しく知ることができてよかったです」、「桃太郎の動画やイラストがとても分かりやすかったです。今回、色々な年金のことについて知れて勉強になりました」、「支払う分が将来貰える額より多いのではないかと不安だったが、定期的にチェックしているときき安心した」などの感想が寄せられました。
 
写真:5日のセミナーの様子

 
写真:6日のセミナーの様子

6日のセミナーは、受講者の大半が19歳でした。「これから20歳になるので、将来の自分や上の世代の人のためにきちんと年金保険料を払おうと思いました」、「20歳になった時に学生の私たちは学生納付特例制度があることを知って安心しました」、「今まで年金は老後のためのものとしか認識していませんでしたが、今回のセミナーで3種類の給付があることを知ることができました」などの感想が寄せられ、20歳になる前に年金制度に関する正確な知識を得る貴重なセミナーとなりました。


家政福祉学科の学びはこちらをご覧ください。
 

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ