和洋女子大学|大学案内|学長挨拶

学長挨拶

学長 岸田宏司

関西大学大学院社会学研究科博士課程前期課程修了、専門「老年学」
市川市社会福祉審議会副会長
市川市社会福祉審議会障害者専門部会長
(株)ニッセイ基礎研究所上席主任研究員を経て、和洋女子大学家政学部生活環境学科教授、2012 年4月より和洋女子大学学長就任

自立して輝く女性になるために

和洋女子大学は東京千代田区富士見に創設された和洋裁縫女学院を母体としています。創設者である堀越千代先生は日本の女子教育の遅れを憂い、明治30年に女子学校の設立に立ち上がります。その時の堀越先生の思いは同窓会報、「論説講話」に記されています。 「日本が列強諸外国に劣らない国となるには、未来を担うこどもの教育が肝要であり、延いては、最初にこどもに教育する女性の教育が日本の近代化に不可欠であると判断し、女学校の立ち上げを決意した」。また、「国文、漢文の学びを通し心の素を養い、茶華道、礼法を修め、心身を整え、さらには数学、化学を学び、物事の合理的成り立ちを理解し、風評や情に流されない「思考力」を身につけ、そして、女子の「自営の心」を養い、「品性を高める」ことが大事だ」と結ばれています。 和洋女子大学はこの堀越先生の建学の精神は受け継ぎ、「深い知識に裏付けられた自立心を養い、幅広い教養で人としての品格を磨く」ことを教育目標としています。21 世紀に入り、都市インフラや情報通信技術が整い、人々の繋がりは国境や人種を軽々と越えて融合し、新しい価値や文化を生み出す社会に変貌しました。こうした時代においても、堀越先生が女子生徒に求めた「物事も極める目を養うこと」、「様々な文化背景を持つ人と理解し合える教養を持つこと」は普遍です。 和洋女子大学は、ここに集うすべての者が自立する力を備え、人としての品格を持って行動できるように導くことをその使命とし、多様な社会の中核となって社会を牽引する女性を育てることを教育目標としています。

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube