メニュー 閉じる

教職教育支援センター

教員をめざす皆さんへ

教職教育支援センターでは、教員をめざす学生に、教員免許取得の為の「教職課程」に関する支援と、
教職に就くことを希望する学生にキャリア支援を行います。
本センターでは、学生支援を行うために北館2階に「教職サポート室」を開設しました。
教職サポート室では、相談員の先生が教職に関する相談や教員採用試験に関するアドバイスを行います。
また、教科書や教職に関する冊子の閲覧も可能です。
教員をめざす皆さんが、和洋生らしい豊かな心と確かな技術を兼ね備えた教員になれるように、
様々な形でバックアップしています。

教職サポート室の主な支援内容

  1. 教職課程の履修に関すること
  2. 介護等体験に関すること
  3. 教育実習に関すること
  4. 教員免許状申請に関すること
  5. 教職実力アップセミナーの実施
  6. 教員採用試験対策講座の実施
  7. 専門相談員による個別相談の実施 
  8. 勉強会の実施 
  9. 教員採用試験に関わる情報提供
  10. 教員採用試験の過去問、指導要領、各種教科書の閲覧

<教職サポート室の開設時間>
[平日] 9:00~17:00(11:10~12:10除く)
[土曜] 9:00~14:00 [日曜・祝日] 閉室

ABOUT OUR UNIVERSITY'S TEACHER TRAINING

本学の教員養成について

和洋女子大学のめざす教師像や学年ごとの学修目標や指針

和洋らしい、そしてあなたらしい教員をめざして

1897(明治30)年、創立者である堀越千代が、東京の麹町区飯田町(現、千代田区富士見)に「和洋裁縫女学院」を設立したのが、和洋女子大学のはじまりです。当時、近代化に向けて邁進していた日本において、手に職をもち自立して生きていける近代的な女性の育成が求められていたのです。開学以来1世紀以上にわたり、社会で活躍できる「自立した女性」を育ててきた本学は、「和魂洋才」「明朗和順」という教育理念を受け継ぎながら、人を支える「心」と「技術」を大切にしてきました。 そして、本学はこのような長い歴史の中で、1906(明治36)年の裁縫教員試験受験者のための日曜科の設置、1911(明治 44)年の高等裁縫養成科の設置といったように、一貫して教育者の養成に携わってきたという特徴があります。単に自分だけが自立するのではなく、身をもって生き方の範を示しながら次世代の若者を育てるという、何よりも大切な社会に貢献できる職業人の育成に力を注ぎ、多数の教員を輩出してきたのです。 戦前の高等女学校「裁縫」教員の養成は、戦後の中学校・高等学校教諭免許状取得可能な教職課程に引き継がれ、現在「家庭」のみならず各学科での専門的な学修をもとにして「国語」「書道」「英語」の教員免許状を 取得することができます。また、今日では社会のニーズに応じた「栄養教諭」「幼稚園教諭」の養成も行っています。教員への夢を抱いて本学に入学する学生も少なくなく、毎年コンスタントに教職の道へ進んでいます。

教員養成のためのポリシー

本学は、「和洋」という名称によく表れているように、日本女性固有の教養と実技を尊重し、大胆に時代の先端をいく技術・技能を積極的に取り入れる気風と意欲に満ちた「自立した女性」の育成の中で、教員養成を行ってきた伝統がある。すなわち「和魂洋才」「明朗和順」の精神をもち得た人間性の育成とともに、「洋才」に込められた意味、つまり教科のバックボーンとなるさまざまな学問の知識・技術・技能をしっかりと身に付けた教員の養成を目指している。 そして、グローバル化、情報化、少子・高齢化といった急速な社会変化に直面した時代において、具体的な教員養成の目標に、次のような【本学が求める教員像】を挙げ、下記に示すそれぞれの資質・能力を身につけることを目指す。

本学が求める教員像
01教育に対する熱意と使命感をもつ教員

児童生徒に対する愛情や教育者としての責任感が強く、子どもへの指導・支援を惜しまず、子どもと共に成長しようとすることができる。

02高い専門性と実践的指導力のある教員

専門的知識・技術を駆使し、変化に即した判断力をもって、学習指導・学級経営をはじめとする校務全体の運営にあたるとともに、絶えずその向上に努力することができる。

03豊かな人間性と思いやりのある教員

相手や場面に応じた適切な言動をふまえ、円滑な人間関係が築ける柔軟な発想や思考をもち協働してことにあたるとともに、生命あるものを慈しみ畏敬の念をもつことができる。

04社会人として優れた識見をもつ教員

幅広い教養を身に付け、社会人として適切な言動をとることができるとともに、高い倫理観と規範意識をもって職責を 果たし、社会に貢献することができる。

教職課程における学修目標および指針

1年次

【学修目標および指針】
前学期に「教職入門」を履修し、教職の意義や教員の役割、職務内容等を理解する。後期に「教育原理(中・高)」、「教育心理学」を履修し、教育に関する基礎・基本と共に子どもや子どもを取り巻く世界を理解する。

教職の土台となる広い視野と教養を習得するために、共通総合科目に開設されている科目を履修する。教員免許法施行規則に定められている日本国憲法、体育、外国語コミュニケーション、情報機器の操作に対応する科目を履修することで、教職課程を計画的に学修していくための基礎を固める。教職の土台となる広い視野と教養を習得する。

2年次

【学修目標および指針】
「教育行政学」、「特別支援教育論」、「教育課程論」の教育の基礎的理解に関する科目の履修を修了する。そして、「道徳教育の指導法」、「教育の方法と技術」、「教育におけるICT活用」、「生徒・進路指導論」および各教科の教育論といった学校現場を踏まえた科目を学ぶ。将来、教職に就くことを意識しながら、学校や生徒を取り巻く今日的な課題を総合的に捉える。また、教職への適性と教員への就業意欲・学修を一層促進できるよう、「教職セミナー」を履修する。学校教育に関する基本および、生徒や授業の指導法に関わる基本事項を理解するなど教職に必要な基礎的能力を身につける

3年次

【学修目標および指針】
「総合的な学習の指導法」、「特別活動の指導法」、「教育相談」や各教科の教育法といった4年次での教育実習を意識した実践的な科目を学ぶ。これらの科目では、学習指導案の作成や模擬授業なども行う。併せて各学科の専門科目を選択履修し、各教科の教育法の授業と関連付けていくことが求められるため、教科に関する専門知識及び教科指導に関する方法技術を学び、教職に必要な応用活用的能力を身につける。また、「介護等体験」では特別支援学校と社会福祉施設における介護等体験に参加する。教育に関する知識や技術を実践の中で確認する。

4年次

【学修目標および指針】
 
教育実習関連科目である「教育実習事前事後指導」と「教育実習」を履修する。中学校または高等学校における3週間の教育実習は、理論と実践を統合した学習となる。教育実習は大変貴重な機会のため、教材研究はもちろん、教員としての心構えを整える十分な準備をする。さらに事後の振り返りを行い、将来教員になるための自己課題を見つける。そして、教職に就くか否かの最終決断をし、教員採用試験に臨むのです。 また、後期開設の「教職実践演習(中・高)」では、教育実習での学習を基にして、教員としての自分の能力・適性・課題について確認する。自己と向き合い、教職課程の総まとめを行う。

教職に就くための態度や心構えを整え、理論と実践を統合して教職を捉えるとともに教職に必要な総合的能力を身につける。
※文章中の科目は、2022年度入学生のカリキュラムに依拠しました。

教職課程教員養成マトリックス

教職課程教員養成マトリックスはこちらをご覧ください。

ACCEPTABLE TEACHING LICENSES

取得可能な教員免許状

取得可能な教員免許状は下記の通りとなります

学部 学科・専攻 教科 取得可能免許状
    人文学部
 
日本文学文化学科 日本文学専攻
日本文学文化学科 書道専攻
国語 中学校教諭一種免許状
高等学校教諭一種免許状
書道 高等学校教諭一種免許状

こども発達学科
            
幼稚園教諭 幼稚園教諭一種免許状
    国際学部 英語コミュニケーション学科 英語 中学校教諭一種免許状
高等学校教諭一種免許状
  家政学部 服飾造形学科 家庭 中学校教諭一種免許状         
高等学校教諭一種免許状
健康栄養学科 栄養教諭 栄養教諭一種免許状

家政福祉学科  家政福祉コース
家政福祉学科  児童福祉コース

家庭             中学校教諭一種免許状          
高等学校教諭一種免許状

TEACHING CURRICULUM

教職課程のカリキュラム

4年間の教職課程のカリキュラムです。

学年 科目名 担当教員
1年生 教職入門 柴内 靖
教育原理(中・高) 菱田 隆昭
教育心理学 田口 久美子
2年生 教育行政学 矢藤 誠慈郎
松本 暢平
特別支援教育論 野村 勝彦
英語科教育論Ⅰ 藤吉 大介
英語科教育論 II 拝田 清
国語科教育論I 大塚 千紗子
国語科教育論II
家庭科教育論I  柴田 優子
家庭科教育論II  柴田 優子/久保 桂子
道徳教育の指導法  柴内 靖
教育の方法と技術  野村 勝彦
並木 通男
生徒・進路指導論 田口 久美子
柴内 靖
生徒指導論 柴内 靖
教育課程論 菱田 隆昭
 
 3年生
英語科教育法Ⅰ 藤吉 大介
英語科教育法Ⅱ 拝田 清
国語科教育法Ⅰ 大塚 千紗子
国語科教育法Ⅱ
書道科教育法Ⅰ 𠮷山 さやか
書道科教育法Ⅱ
家庭科教育法Ⅰ
柴田 優子/久保 桂子
 
家庭科教育法Ⅱ
総合的な学習の時間の指導法 千葉 昇
道徳、特別活動及び総合的な学習の時間の指導法 柴内 靖/ 千葉 昇/ 森 富子
特別活動の指導法 柴内 靖
大野 尊史
教育相談 髙梨 一彦 
酒井 久実代
4年生 教育実習 菱田 隆昭/柴内 靖/田口 久美子
教育実習事前事後指導 菱田 隆昭/柴内 靖/田口 久美子
栄養教育実習 布川 美穂
教職実践演習(中・高) 田口 久美子/菱田 隆昭
教職実践演習(栄養教諭) 布川 美穂

※2022年度の科目表示になっています。
科目の詳細は、シラバスをご確認ください。

ABOUT THE TEACHERS AND COUNSELORS IN CHARGE

担当教員・相談員について

充実のバックアップ体制

(1)委員会等の名称について

①教職教育支援センター委員会について 
委員会等の構成員は、教職教育支援センター委員長1名、教職専門科目担当教員2名、教科教育法担当教員または免許教科開設学科代表7名 
委員会等の運営方法は毎月第2火曜日に定例委員会を開催する。 

②教職教育支援センター教員会議について
委員会等の構成員は、教職教育支援センター委員長1名、教職専門科目担当教員2名、担当課長1名 
委員会等の運営方法は毎月第3火曜日に定例会議を開催する。 

③各会議の計画について
4月:年間計画確認
5月:教育実習直前打合せ
6月:教育実習訪問指導の支援
7月:教育実習事後検討
10月:後期実習の打合せと前期実習の総括
11月:教育実習報告会の準備
12月:翌年の年間計画策定
1月:教職課程全般にわたる検討
2月:教育実習全体総括

(2)教科担当の先生の一覧

教職課程支援セクション担当の教員は下記の通りになります。

2022.4.1現在
 教職課程支援セクション   教職課程   菱田 隆昭(教職教育支援センター長) 
 田口 久美子
 柴内 靖
 英語科  拝田 清
 国語科  大塚 千紗子
 書道科  吉山 さやか
 家庭科  桑原 里実
 金指 有里佳
 幼稚園  田島 大輔
 栄養  布川 美穂

教職専門の相談員が教育実習の事前・事後の助言や、教員採用試験に対するサポートを行います。
学生たちが安心して学べる体制を整えています。

(3)相談員の先生について

前期・後期の毎週月・火・水・金曜日に相談員の先生が常駐、教員採用試験対策も実施!

相談員の先生方

前・後期
月曜日・火曜日
大野 尊史 先生

前・後期
水曜日
髙梨 哲生 先生 

前・後期
金曜日
 阿久津 勝利 先生

ANNUAL SCHEDULE FOR TEACHING CURRICULUM

教職課程年間スケジュール

免許取得までの4年間がわかる 

令和4年度の教職課程年間スケジュールは現在調整中です。しばらくお待ちください。 

TEACHING SKILLS IMPROVEMENT SEMINAR

教職実力アップセミナー

和洋女子大学のオリジナル教職支援イベント

令和4年度の教職実力アップセミナーは、千葉県教育委員会や卒業生の現役教員と連携を取りながら、以下の日程で進めていきます。
令和4年度の教職実力アップセミナー等はこちらをご覧ください。

LICENSURE STATUS OF GRADUATES AND TEACHER EMPLOYMENT

卒業生の免許取得状況と教員就職

先輩たちの実績

卒業者の教員免許状の取得状況

平成29年度は168名が免許状を受領しました。
平成29年度の免許状取得者数はこちらをご覧ください。 

平成30年度は166名が免許状を受領しました。
平成30年度の免許状取得者数はこちらをご覧ください。

令和元年度は196名が免許状を受領しました。
令和元年度の免許状取得者数はこちらをご覧ください。

令和2年度は195名が免許状を受領しました。
令和2年度の免許状取得者数はこちらをご覧ください。

令和3年度は192名が免許状を受領しました。
令和3年度の免許状取得者数はこちらをご覧ください。

卒業者の教員への就職状況

平成29年度は正規教員として20名、常勤講師として8名、非常勤講師として2名が採用となりました。
平成29年度の就職状況はこちらをご覧ください。 

平成30年度は正規教員として31名、常勤講師として5名、非常勤講師として5名が採用となりました。
平成30年度の就職状況はこちらをご覧ください。

令和元年度は正規教員として40名、常勤講師として12名、非常勤講師として3名が採用となりました。
令和元年度の就職状況はこちらをご覧ください。

令和2年度は正規教員として40名、常勤講師として10名、非常勤講師として7名が採用となりました。
令和2年度の就職状況はこちらをご覧ください。 

令和3年度は正規教員として31名、常勤講師として20名、非常勤講師として3名が採用となりました。
令和3年度の就職状況はこちらをご覧ください。

日程

2021(令和3)年12月25日(土):必修領域6時間
2021(令和3)年12月26日(日):選択必修領域6時間
2021(令和3)年12月27日(月):選択領域6時間
 
※講習はすべて対面式で行います。
※新型コロナウイルス感染症の状況によっては、開催を中止する場合があるため、
開催可否については、11月30日(火)に本学ホームページにてお知らせすることになっていましたが、
予定通り開催いたします。

また荒天や交通機関の乱れにより、予定通りの時間割で講習が行われない場合があります。極力、当日の時間を変更して開講をすることを検討いたします。講習期間の12月25日(土)~12月27日(月)にやむを得ず講習を開講できなかった場合は、予備日を12月28日(火)に設定しております。予備日となった場合、会場は別途連絡いたします。
(※開講状況等の決定事項については、適時ホームページでご確認ください。)

申込受付期間の延長

2021(令和3)年8月16日(月)10:00 ~ 9月30日(木)24:00までとお伝えしておりましたが、11月5日(金)24:00まで延長いたします。

※申込みは先着順となります。講習定員が満席になりましたら、募集は終了となります。申込みはパソコンより行っていただきます。

受講対象者

※本学では履修証明書を令和4年2月初旬に受講申込書の連絡先に記載のあるご住所へ送付いたします。これより前の発送はできませんので、令和4年1月中に更新申請が必要な方は、本学の講座を受講できません。令和4年2月初旬に履修証明書のお受け取りで更新が間に合う方が対象となります。予めご承知おきのうえ、お申し込みください。

(1)平成21年3月31日以前に初めて授与された免許状(旧免許状)を有する、幼稚園・小学校・中学校・高等学校の現教育職員等(男女問わず)で、下記の生年月日(修了確認期限)に該当する方。また令和4年2月初旬に履修証明書のお受け取りで更新が間に合う方。

WE ASKED OUR SENIORS
~FOUR YEARS OF STUDY FOR CERTIFICATION

先輩たちに聞いてみました
~資格取得をめざす4年間の学び~

夢を叶えた先輩たちの生の声

幼稚園教諭・保育士をめざす先輩の場合

もっと見る
VOICE

向上心を持って課題や実習に取り組むことで、より深く、実践的に学ぶことができた4年間でした。

心理・社会学科 人間発達学専攻 こども発達支援コース4年(取材時)

齋田 愛美 さん

千葉県 私立日出学園高等学校出身

幼稚園教諭と保育士の2つの資格を卒業と同時に取得できることと、「子ども一人ひとりの顔を見て弾けるように」というピアノの個別指導に魅力を感じて、和洋に入学しました。こども発達支援コースは、ピアノや造形などの実技の授業がとても充実していると思います。リトミックや歌、ゲームなどはもちろん、歌やダンスを考え、小道具や衣装まで手作りしたオペレッタは貴重な経験の1つ。学んだのは、実践ですぐに役立つことばかりでした。色々な材料や道具が揃った造形実習室は、教室が空いていれば、いつでも気軽に利用できるので、保育園・幼稚園実習のための教材作りや就職活動に向けての教材研究にも活用しました。先生との距離が近く、なんでも気軽に相談できたおかげで実習の大変な時も乗り越えられたと思います。卒業後は先生方から学んだことを大切に、子どもたちの気持ちに寄り添うことができる、あたたかい保育者になりたいと思っています。

資格取得までの道のり

大学1〜2年次

子どもの心理や発達、保育の専門知識を学びます。事例をもとに対応方法を検討したり、指導案( 保育の計画)を立てる練習も始まります。2 年次の6月に幼稚園、2月に保育所での実習を経験します。

大学3年次

保育技術の向上のための授業が増えます。2 月に幼稚園、9 月に児童福祉施設で実習。状況に応じた声かけや対応を先輩保育者から学び、手遊びやゲームなどを担当する「部分実習」も経験します。

大学4年次

6月に保育所、または児童福祉施設での実習に参加。これまでの学んだ知識と技術を整理し、実際に保育者として現場に立つための準備として、1日の保育を担当する「責任実習」を行います。

大学4年次 11月頃

資格登録手続きがスタート

「家庭科教諭」をめざす先輩の場合

もっと見る
VOICE

課題やレポートがたくさん出るので、授業の空き時間などを利用して効率よく取り組むのがコツ。

生活環境学科 生活環境学専攻 生活科学コース3年(取材時)

大澤 未来 さん

青森県立八戸東高等学校出身

不登校になってしまった友人が身近にいたこともあり、10代の頃からいじめによる自殺などの問題に関心を持っていました。自分自身、人間関係に悩んでいた時に担任の先生に相談に乗っていただき、気持ちが楽になったという経験もあり、生徒の成長に直接関わることができる教員という仕事に魅力を感じるようになりました。和洋に進学を決めた理由は、家政系の大学として歴史があること、そして衣食住の分野だけでなく環境や福祉についても学べる生活環境学科があったからです。入学前は「教師とは完璧でなければならない」と思っていましたが、布施谷先生から「すべてを完璧にやろうと思わなくてもいい」という言葉をかけていただき、「未熟な自分でも教師をめざしていいんだ」と思えるようになりました。わかりやすく、楽しい授業をすることで、生徒たちに「また明日も学校に来たい」と思ってもらえるようになりたいと思っています。

資格取得までの道のり

大学1〜2年次

1年次には教職入門を履修。2年次から教育原理や教育心理学、生徒・進路指導論など、教職課程の授業が本格的にスタート。課外授業として実施される「教員試験対策講座」にも出席し、知識を深めていました。

大学3年次

教育関連科目を履修する他、中学校教員免許の取得に必要な介護等体験を実施。特別支援学校で2日間、デイサービスセンターで5日間の実習を行いました。

大学4年次 5〜6月頃

教育実習は出身中学校で3週間行いました。授業の準備や生徒対応などで忙しかったですが、充実した毎日でした。

大学4年次 11月頃

資格登録手続きがスタート

TEACHER'S LICENSE RENEWAL COURSE

教員免許状更新講習

教員免許状更新講習受講希望の皆さんへ

教員免許更新制の解消についてのお知らせ

令和4年5月18日に「教育公務員特例法及び教育職員免許法の一部を改正する法律」が
公布されたことにより、「教員免許更新制」が解消され、教員免許状に有効期限がなくなることと
なりました。

つきましては、千葉県教育委員会より以下のようなお知らせがありました。
詳細を添付いたします。

本学での免許更新講習ですが、昨年度をもちまして終了いたします。
多くの方にご参加いただきお礼申し上げます。
どうもありがとうございました。
また、講習の講師を務めていただいた方々に感謝申し上げます。

今後、本学では多くの教員の方々や教育関係者に有用な研修・講座等を検討していきたいと
考えております。
今後ともよろしくお願いいたします。

教員免許更新制の発展的解消について_.pdf

2021(令和3)年度 教員免許状更新講習の申込み終了について

2021(令和3)年度 教員免許状更新講習の申込みは終了いたしました。
お申込みをいただき、ありがとうございました。

2021(令和3)年度 教員免許状更新講習のご案内

2021(令和3)年度の教員免許状更新講習につきまして、講習日程、お申し込み期間、開設講習一覧等をお知らせいたします。

教員免許更新制に関する文部科学省の通知

■文部科学省教育人材政策課教員免許企画室より、2021年8月23日(月)付けで以下の通知がありました。

さて、本日、中央教育審議会「令和の日本型学校教育」を担う教師の在り方特別部会教員免許更新制小委員会(第5回)が行われ、下記審議まとめ(案)が示されました。
https://www.mext.go.jp/kaigisiryo/2020/1422489_00019.html

なお、法改正が行われるまでの現行制度の存続について、小委員会後に行われた記者会見にて、萩生田大臣が下記のように発言いたしました。
 
【大臣発言】
中央教育審議会が最終的な結論を得た上で、関連する法改正が行われるまでは、現行の教員免許更新制は存続することになります。このため、免許状の有効期間が到来する先生が、更新講習を修了し、更新手続を行わない場合は、免許状が失効することになりかねません。審議まとめの案では、免許状更新講習の受講も研修履歴の記録及び管理の範囲に含め、人事配置や校務分掌の決定などに積極的に活用していくことも考えられるとされていることも踏まえ、各先生におかれては、必要な受講・手続に遺漏なきよう対応していただくようお願いいたします。
 以上、ご確認くださいますようよろしくお願いいたします。

■文部科学省教育人材政策課教員免許企画室より、2021年9月28日(火)付けで以下の通知がありました。

さて、昨日、中央教育審議会「令和の日本型学校教育」を担う教師の在り方特別部会(第4 回)・教員免許更新制小委員会(第6 回)合同会議が行われ、審議まとめ(案)については、前回の委員のご意見を受け、修正されておりますので、会議資料についてお知らせします。
 
https://www.mext.go.jp/kaigisiryo/2021/1422489_00008.html
 
また、このことを受け、本日行われた記者会見にて、萩生田大臣が下記のように発言いたしましたので、併せてお知らせいたします。
 
【大臣発言】
「教師の個別最適な学び」の促進が求められていることも踏まえ、免許状更新講習について、必修・選択必修・選択という領域を来年度から撤廃し、教師本人のニーズに合った受講を可能とする省令改正に取り組んでまいります。
現在、中央教育審議会には、「令和の日本型学校教育」を担う教師の養成・採用・研修等の在り方に関する包括的諮問を受けた審議をお願いしています。多様な教職員集団を構成する魅力ある教師の養成・確保に向け、中央教育審議会の議論を踏まえつつ、しっかり検討を進めてまいります。

以上、ご確認くださいますようよろしくお願いいたします。

日程

2021(令和3)年12月25日(土):必修領域6時間
2021(令和3)年12月26日(日):選択必修領域6時間
2021(令和3)年12月27日(月):選択領域6時間
 
※講習はすべて対面式で行います。
※新型コロナウイルス感染症の状況によっては、開催を中止する場合があるため、
開催可否については、11月30日(火)に本学ホームページにてお知らせすることになっていましたが、
予定通り開催いたします。

また荒天や交通機関の乱れにより、予定通りの時間割で講習が行われない場合があります。極力、当日の時間を変更して開講をすることを検討いたします。講習期間の12月25日(土)~12月27日(月)にやむを得ず講習を開講できなかった場合は、予備日を12月28日(火)に設定しております。予備日となった場合、会場は別途連絡いたします。
(※開講状況等の決定事項については、適時ホームページでご確認ください。)

申込受付期間の延長

2021(令和3)年8月16日(月)10:00~9月30日(木)24:00までとお伝えしておりましたが、11月5日(金)24:00まで延長いたします。

※申込みは先着順となります。講習定員が満席になりましたら、募集は終了となります。申込みはパソコンより行っていただきます。

受講対象者

※本学では履修証明書を令和4年2月初旬に受講申込書の連絡先に記載のあるご住所へ送付いたします。これより前の発送はできませんので、令和4年1月中に更新申請が必要な方は、本学の講座を受講できません。令和4年2月初旬に履修証明書のお受け取りで更新が間に合う方が対象となります。予めご承知おきのうえ、お申し込みください。

(1)平成21年3月31日以前に初めて授与された免許状(旧免許状)を有する、幼稚園・小学校・中学校・高等学校の現教育職員等(男女問わず)で、下記の生年月日(修了確認期限)に該当する方。また令和4年2月初旬に履修証明書のお受け取りで更新が間に合う方。

2023(令和5)年3月31日が修了確認期限の方(旧免許状所持者)
 生年月日  修了確認期限
昭和32年4月2日~昭和33年4月1日
昭和42年4月2日~昭和43年4月1日
昭和52年4月2日~昭和53年4月1日
 令和5年3月31日

(2)平成21年4月1日以降に初めて授与された免許状(新免許状)を有する、幼稚園・小学校・中学校・高等学校の現教育職員等(男女問わず)で、有効期間の満了日の2年2か月前から2か月前までに講習を受講、修了し、更新の申請をしなくてはならない方。また令和4年2月初旬に履修証明書のお受け取りで更新が間に合う方。

※詳細は文部科学省ホームページまたは、勤務する学校が所在する各都道府県の教育委員会(免許管理者)等にて、確認をお願い申し上げます。

【文部科学省ホームページ】
教員免許更新制
免許状の有効期間(修了確認期限)
免許状更新講習の受講対象者

講習について

※講習はすべて対面式で行います。新型コロナウイルスに関しては十分な感染防止対策を講じたうえで教員免許状更新講習を実施してまいります。受講生の皆様におかれましても感染防止対策へのご協力をお願いいたします。

開講日 領域 講習名 主な受講対象者 受講料 受講人数

12月25日(土)

【必修】各6時間

教育の動向と子どもの理解 小・中・高・特支 教諭 6,000円 50名
幼児教育の動向と子どもの理解 幼 教諭 6,000円 20名

12月26日(日)

【選択必修】各6時間

学校教育の今日的課題 小・中・高・特支 教諭 6,000円 25名
教育の情報化及び情報教育 小・中・高・特支 教諭 8,000円
(USBマイク付ヘッドホン代2,000円含む)
25名
幼児教育の今日的課題 幼 教諭 6,000円 20名

12月27日(月)

【選択】各6時間

「なぜ」に答える英語の音声指導 小・中・高 英語科教諭 6,000円 20名
国語教育活性化のための視点 小・中・高 国語科教諭 6,000円 20名
簡単! 着物リメイクでストールベスト制作 小・中・高 家庭科教諭 8,000円
(材料費2,000円を含む)
25名
わくわくレクリエーション 幼・小・中・高 教諭

6,500円
(教材費500円を含む)

25名
発達に困難のある子どもたちの心理と教育 幼・小・中・高 特支教諭 6,000円 25名

(表記例)幼:幼稚園教諭、小:小学校教諭、中:中学校教諭、高:高等学校教諭、特支:特別支援学校教諭
講習内容の詳細はこちらからご確認ください。

養護教諭・栄養教諭は、本学開講の【選択領域】の受講対象者にはなりません。
※本学では講習期間の3日間で30時間以上の講習を受講することはできませんので、他大学や他機関で残りの時間を受講する必要があります。
※本学の講習については、こちらのように受講することができます。

申込み方法

お申し込みはこちらの【申込方法(詳細)】【申込時の注意事項】をご確認の上、下記の教員免許状更新講習システムを利用し、パソコンよりお申し込みください。

【教員免許状更新講習システム】
※毎日午前3:00から6:00まではシステムメンテナンスのため利用できませんので、ご注意ください。

  • 講習の申し込みは、Web(インターネット)環境が整っているPCをご利用ください。
  • 講習が満席の場合「キャンセル待ち」で登録していただくこともできますが、受講を確約できるものではありませんので、ご承知おきください。キャンセルが発生した講座につき、順次ご案内します。本学事務局から電話やメールでご連絡しますが、キャンセルが発生した翌日17時までにご連絡が取れない場合には、次の順番待ちの方にご案内させていただきます。
  • 受講申込から講習認定までの流れはこちらをご覧ください。

よくあるお問合せ

よくあるお問合せはこちらをご確認ください。

会場

和洋女子大学
〒272-8533
千葉県市川市国府台2-3-1
詳細はこちらをご確認ください。

※本学には駐車場がございませんので、お越しの際は公共交通機関等をご利用いただきたく、お願い申し上げます。
※駐輪場(自転車のみ)は利用可能です。

教員免許状更新講習に関するお問合せは、下記までお願いいたします。

お問合せ先

〒272-8533
千葉県市川市国府台 2-3-1

047-371-2170(直通)

047-371-1130

kousinsien@wayo.ac.jp

和洋女子大学 教育支援課
教職教育支援センター 教員免許状更新講習係

【 お問合せ可能時間 】
平日10:00~16:00(平日11:10~12:10及び土日祝を除く)
※上記時間以外のお問合せは、メールでお願いいたします。

ABOUT CENTER PUBLICATIONS

センター刊行物について

教職に関する刊行物

教職課程の最新情報をお届けします!

PDFで閲覧できるようにしましたので、ぜひご覧下さい。(教職課程ニュース、教職教育支援センター リーフレットについては全て閲覧できますが、年報は目次のみとなります)

教職課程ニュース

教職関係の授業や実力アップセミナー、教員採用試験対策講座の実施報告や教員のコラム等を紹介します。

教職課程ニュース 第9号
教職課程ニュース 第10号

和洋女子大学教職教育支援センター年報

教職教育支援センターの年間活動内容、免許状取得者数等のデータ、教育実習・施設実習の体験談等をまとめています。

和洋女子大学教職教育支援センター年報 第8号

教職教育支援センター  リーフレット

教職教育支援センター のリーフレットを新たに作成いたしました。こちらをご覧ください。