メニュー 閉じる

教員紹介

教員詳細

服飾造形学科

伊藤 瑞香

(いとう みずか)

職名 准教授
大学所属 服飾造形学科
主な担当科目 和服裁縫I-1、和装、服装史

研究室・ゼミ紹介

和服を縫製技術・コーディネート・着装と多方面から学びます。縫製面では身体を採寸し体型・体格に合ったものを製作し、より着やすい着物をめざします。ゼミでは、訪問着・振袖・花嫁の打掛など4年間の集大成として取り組みます。

「基本の浴衣から製作していきます。和服の製作を通してものづくりを楽しみましょう。」

詳細情報

経歴(最終学歴・主な職歴) 共立女子大学大学院家政学研究科博士前期課程修了
和洋女子大学非常勤講師 城西国際大学非常勤講師
専門分野 被服構成学 服装史
現在の研究課題 大学における和裁教育の基礎研究
研究業績(主要3点)
  • 川路聖謨文書」から見る幕末の服飾 服飾文化学会誌 2003
  • 和服構成における着装容姿についての考察 和洋女子大学紀要 2009
  • 和服の着崩れにおける素材の影響とそのメカニズムについて 和洋女子大学紀要 2012
社会的活動 日本家政学会会員 服飾文化学会会員・理事 繊維学会会員
趣味 茶道、ガーデニング
研究者情報システム http://kenkyu-web.wayo.ac.jp/Profiles/5/0000484/profile.html
その他