和洋女子大学|トピックス一覧

トピックス一覧 


Topics:キャンパスライフ

2020/09/29

【寮生インタビューvol.6】患者さんに信頼してもらえる看護師になりたい

千葉県市川市に位置する和洋女子大学には、千葉県内はもとより県外からも多くの学生が通っています。自宅から通っている学生、一人暮らしの学生、寮で生活する学生、様々なライフスタイルがありますが、ここでは寮生のインタビューを紹介します。

「患者さんに信頼してもらえる看護師になりたい」

西村 友里さん
看護学部 看護学科3年
宮崎県立宮崎西高等学校出身

■寮生活はどのような感じですか? 寮生活の良さを教えてください
寮に入った当初はとても不安でしたが、寮で友達ができると毎日がとても楽しくなりました。寮では、同じ学科だけでなく、さまざまな学科の人がいるので、いろいろな学科の人と仲良くなれます。最近はコロナの影響で食事は各自部屋で摂っていますが、以前は食堂でみんなとお喋りしながら食べることも、毎日の楽しみでした。また、私は看護学部なので実習が沢山あるのですが、実習中はとても疲れて帰るので、ご飯が出るのはとても助かっています。また、帰ると寮母さんが 「お帰り」と出迎えてくれるので、とてもホッとします。

■和洋女子大学への進学を決めた理由を教えてください
和洋女子大学に看護学部ができると知って、大学のことや看護学部について調べたところ、校舎も出来たばかりで綺麗で、最新のシミュレーション機械を使って演習授業が受けられるというところに惹かれて、和洋を選びました。私たち3年生が1期生になります。

■和洋女子大学の良いところ・好きなところ・おススメポイントは?
看護学部はできたばかりのため、校舎がとても綺麗で、最新のシミュレーション機械を使用した授業が受けられます。また、南館の食堂も今年、リニューアルされて綺麗になったのでおススメです。

■これまでに受けた授業で「面白かった」「為になった」と思う授業は何ですか?
私が為になったと思っている講義は、看護学科の専門科目の『病態と治療』。「内科系」「外科系」「産婦人科・小児疾患」「精神・神経疾患」のジャンルに分かれていて、1~2年生の2年間で履修する必修科目です。毎回の授業で、病院から先生が来てくださり、どのような病気が多いかや、それに対してどのような治療を行っているかを教えてくださいました。日頃から診療をしている医師の講義はとても為になりました。

■いま、頑張って取り組んでいることはありますか?
アルバイトと勉強の両立です。生活費は親に頼っていますが、趣味などに使うお金は重度訪問介護施設でのアルバイトでまかなうようにしています。看護学部は覚えることが多く、授業以外での勉強量もかなり多いため、時間を効率よく使って両立してできるように頑張っています。お金を得る以外に、アルバイト自体にも学ぶことが多いので、自分のためになっていると思います。

■将来の目標や夢を教えてください
将来は、看護師か保健師になりたいと思っています。産業で保健師として働くためには、看護師としての経験が必要だと思うので、まずは患者さんに信頼してもらえる看護師になりたいと思っています。

和洋女子大学の学生寮の詳細についてはこちらから

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ