和洋女子大学|大学案内|理念・目的・方針|教育研究上の目的

教育研究上の目的

大学(学部・学科の目的)

人文学部

人文科学・社会科学の分野の学問の成果を教授することを通じて、知力・教養を高める努力を怠らず、文化の創造、人類の発展に寄与する有能な女性を育成することを目的とする。

国際学科

国際学科では、国際感覚を持った高いコミュニケーション能力を持って活躍する人材の育成を目的とする。英語文化コミュニケーション専攻では、異文化を理解し、英語を通して自己の考えを積極的に発信することができる国際的なコミュニケーション能力を備えた女性の育成を、国際社会専攻では社会科学の視点からグローバル化する国際社会の仕組みや動向について洞察力を備えた女性の育成を目的とする。

日本文学文化学科

日本文学文化学科では、日本の文学と文化に関心をもつ女性の育成を目的とする。日本文学専攻では日本文学に関する知識と読解力を、日本語表現専攻では日本語に関する知識と表現力を、書道専攻では書に関する知識と創作力を、文化芸術専攻では文化や芸術に関する知識と制作力を身に付け、豊かな教養を備えた女性を育成することを目的とする。

心理学科

心理学科では、「心」の科学的な解明に向けて、理論と実践(体験)の両面から学ぶ。その上で、現代社会の抱える問題に向き合い、心の問題解決に取り組むことができる、「人の心を支える知識と技術を持った女性」の育成を目的とする。

こども発達学科

こども発達学科では、保育学・教育学を基礎として子どもと子どもを取り巻く問題について学び、豊かな人間性と高度な専門性、学び続ける主体性を持った保育・幼児教育の担い手の養成を目的とする。

家政学部

家政学の分野の知識や技術を教授することを通じて、倫理的感覚や知識・技術の応用能力を獲得し、もって文化の発展と福祉の増進に寄与する有能な女性を育成することを目的とする。

服飾造形学科

服飾造形学科では、衣に関わる専門知識と技術の有機的連携を学び、豊かな教養を文化的および科学的な側面から醸成し、人に優しく誇りを持って広く社会で活躍できる女性を育成することを目的とする。

健康栄養学科

健康栄養学科では、管理栄養士として必要な、健康と食・栄養に関わる高度な専門知識と技術、およびその実践力を備え、人々の生活と健康を支援する、人間性の豊かな女性を育成することを目的とする。

家政福祉学科

家政福祉学科では、多様な人々が共に暮らしやすい社会を作るため、衣・食・住・家族といった家政学の知識と技術を習得するとともに、人の自立支援をめざす社会福祉学の知識と技術とを併せて習得し、社会で活躍できる女性を育成することを目的とする。

大学(平成25年度入学までの学群・学類の目的)

人文学群

人文科学・社会科学の分野の学問の成果を教授することを通じて、知力・教養を高める努力を怠らず、文化の創造、人類の発展に寄与する有能な女性を育成することを目的とする。

英語・英文学類

異なる文化に属する人とつながることのできる英語コミュニケーション能力という技術および、英語圏の文学・文化に関する知識と理解を通して身につけた豊かな心を持って、人を支え、行動することのできる女性を育成することを目的とする。

日本文学・文化学類

日本文学専修においては日本文学及び日本語表現を専門的見地から学び、文化総合芸術専修においては表象文化や書道・美術等芸術理論の学びと創作活動の実践を通し、豊かな教養人を育成することを目的とする。

心理・社会学類

人間の心理や発達過程の考察、乳幼児の発達支援に関する考察、今日の国際社会に関する幅広い考察を2つの専修それぞれにおいて進め、人間と社会に関する深い理解を育み、それぞれの専門分野において活躍する人材を育成することを目的とする。

家政学群

家政学の分野の知識や技術を教授することを通じて、倫理的感覚や知識・技術の応用能力を獲得し、もって文化の発展と福祉の増進に寄与する有能な女性を育成することを目的とする。

服飾造形学類

衣に関する科学との有機的連携の下にものづくりを進め、豊かな感性と高度な技術を備え、人に優しく自らに誇りを持った女性を育成することを目的とする。

健康栄養学類

管理栄養士に必要な健康と食や栄養にかかわる高度な専門知識と技術およびその実践力を備え、人々の生活と健康を支援する人間性豊かな女性を育成することを目的とする。

生活環境学類

人間と社会、自然を総合的にとらえる専門的な知識と技術の習得を通じて、真に豊かな暮らしやすい社会の創造に寄与する能力を持った女性を育成することを目的とする。


大学院(研究科・専攻の目的)

人文科学研究科

人文科学の分野において、専攻分野における研究能力を高め、高度の専門性を要する職業等に必要な能力を養うことを目的とする。

英語文学専攻

英語コミュニケーション能力を一層高めるとともに、英語圏の言語・文学・文化に関する専門的知識をさらに深めることにより、教育職・研究職・高度な専門職における有為な人材を育成することを目的とする。

日本文学専攻

日本文学及び日本語に関する分野において、先端的な研究を行うための卓越した研究能力又は高度の専門性を要する職業等に必要な能力を養うことを目的とする。

総合生活研究科

博士前期課程

人々が心地良い生活を営むために「栄養・食品」「生活・福祉」「服飾科学」の三分野の知識と技術を、応用する能力を身につける。そのためにこれらの三分野における課題を解決する方法論を習得することを目的とする。

博士後期課程

「栄養・食品」「生活・福祉」「服飾科学」の三分野における課題を解決する方法論を現実の社会に存在する課題に適用して、効果的に課題解決ができる力を養成することを目的とする。

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube