和洋女子大学|大学院|総合生活研究科|総合生活専攻 博士前期課程

総合生活専攻 博士前期課程

21世紀は持続可能な社会、男女共同参画社会を実現する過程にあって、心身の状態、性別、年齢などを問わず、多様な人々が健康で心地良い生活を享受できるようにすることが重要な課題となっています。

総合生活研究科では、現代における生活課題を総合的にとらえ、博士前期課程においては「栄養・食品」「生活・福祉」「服飾科学」の3分野から、基礎的研究課題、あるいは地域との連携による実践的課題を設定し、追究しています。そのために、研究者として、また専門的職業に従事するために必要な研究能力とその基礎となる豊かな学識、そして実践的応用力を養成することを目的としています。所定の科目の履修により、専攻教職免許状(家庭)の取得ができます。また、管理栄養士が、臨床の場で医師、看護師と同じ立場で患者に最良の医療を提供する、NSTやクリニカル・パス研修を用意しています。

授業科目・講義内容

授業科目に関しては、専攻構成教員の専門を生かしながら、「総合生活専攻」に関わるテーマ設定を依頼しています。また、授業開講時間数は極力15時間(週)開講を目指しています。学会等で休講せざる得ない場合は、原則として補講を実施することとし、補講が困難な場合、課題レポート提出により適切に補う事を心がけています。前期課程の学生には、極力1年次において修士論文作成に関連する(研究方法並びに問題解決のための考え方等)科目を中心に受講する様指導しています。また、授業の開講時間帯を極力夕方(4時限目以降)とし、社会人対応にも配慮しています。

学修の成果に係る評価及び卒業又は修了の認定に当たっての基準等

 博士前期課程(修士課程)に於いては、少なくとも2年次において研究成果を学会等で公表し、極力多くの専門家等からの意見聴取する事を推奨しています。また、7月中旬には、「中間発表会」(公開)を開催し、研究の進捗状況ならびに進め方に関して、より多くの教員からの意見を聴き、修士論文作成に反映させることを指導しています(履修ガイド中の「学位論文審査手続き等要領」に記載している)。審査員は3名ですが、外部審査員を1名以上加える事が可能です。修士号としては、修士(家政学)が授与されます。

【取得学位】  修士(家政学)
 

学位論文に係る評価にあたっての基準

 博士前期課程では「学修成果に係る評価及び卒業又は修了の認定に当たっての基準等」に記載の通り、修士論文をまとめる前に「中間発表会」を行います。「中間発表会」では論文提出予定者が、発表(質疑応答含む)を行い、審査委員以外の方々からもご意見をいただきます。その上で、課程修了予定の1月末日を締切として、修士論文を受理します。提出された修士論文については「学位論文審査手続き等要領」に従い、以下のとおり論文審査委員会の設置等を行います。

以下、「総合生活研究科学位論文審査手続き等要領」より抜粋。

7 論文審査委員会の設置等について

和洋女子大学学位規程第8条に基づき、研究科教授会は学位論文1編ごとに審査委員会を設置する。
(1)前期課程の審査委員会は原則として、主査1名、副査2名以上で構成される。また、後期課程の審査委員会は論文受理が可とした論文に対し、原則として、主査1名、副査4名以上で構成される。
(2)学位論文の審査委員会に、研究科教授会の議を経て、外部委員を加えることができる。ただし、後期課程の場合は、原則として1名以上は外部委員(本研究科以外の専門分野の学識経験者)とする。
(3)審査委員会等に関しては、前項3-(2)に基づいて行う。
(4)審査委員に本研究科所属の教員以外の者を依頼する場合には、研究科長が委嘱を行うものとする。
(5)審査委員会主査は、研究科所属の教員とし、原則として審査委員会の互選により選出する。

審査委員会は下記のような審査基準に則り、修士論文審査を行い「修士論文審査報告書」を研究科長に提出します。

以下、「総合生活研究科学位論文審査手続き等要領」より抜粋。
 
8 学位論文審査基準
(1)前期課程の学位論文は、下記の点を考慮しながら、総合的に審査するものとする。
1 生活科学を基盤とし、関連分野と連携した総合科学として、高度な専門性が示されていること
2 主体的に研究を遂行し、指導教員との議論を通じ適切な研究方法を選択し、課題解決がされていること
3 学術研究が従うべき研究倫理に基づき、研究が公正かつ適正に実施されていること。

「修士論文審査会(公開)」では論文提出者が、発表(質疑応答含む)を行い、審査委員以外の方々からもご評価・意見をいただき、論文が適切であることを確認します。その後、研究科教授会にて合否の審議を行うこととしています。

以下、「総合生活研究科学位論文審査手続き等要領」より抜粋。
 
10 論文審査及び最終試験の実施(前期課程)
(1)前期課程における論文審査及び最終試験は、「修士論文審査会」後に開催される研究科教授会において、論文毎に審査委員会主査から行われる論文審査結果報告に基づき、審議を行う事で最終試験に代えるものとする。
(2)「修士論文審査会」では、論文並びに業績一覧等を回覧する。発表資料等は大学院担当教員並びに関係者に配付するものとする。
(3)研究科教授会での審査の結果、論文等の修正が必要な場合は、審査委員会の責任において行うものとし、結果を研究科長に報告する。

博士前期課程 修士論文テーマ例

  • 市川市国府台-軍都から学術文化都市への生活空間変容-
  • 新規に開発された腎不全総合治療食品(RKF-1)の常食飼育下の慢性腎不全ラットに対する実験的治療効果-腎障害進展抑制機序-
  • 小児の健康状態と食生活の関連および食教育に関する研究
  • 歯科での栄養指導の導入を目的とした矯正治療における装置装着が食事に与える影響の検討
  • 野菜摂取および野菜の機能性と健康に関する研究
  • 江戸後期から現代における着物の再現およびそれを用いた着崩れと着装精度の検証
  • 果実に散布されるピレスロイド系農薬の残留に関する研究
  • 東京都特別区における低家賃住宅の実態と活用の可能性
  • 自立高齢者と入院高齢者における栄養アセスメントの縦断的比較研究
  • 透析(HD)患者に対する栄養食事指導などが骨量低下抑制効果になり得るか
  • 上海在宅高齢者の食生活および口腔状態と健康状態の関連性に関する研究
  • 建築におけるジェンダー ―中国・上海市の女性建築技術者の実態―
  • スポーツ選手および指導者への栄養サポートに関する研究

取得できる免許状

  • 中学校教諭専修免許状(家庭)
  • 高等学校教諭専修免許状(家庭)

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube