和洋女子大学|学部・学科|心理学科|心理学専攻|4年間の学び

4年間の学び

心理学科受験を検討している皆さんへ~4年間のカリキュラム展開図~

1年次:心理学に親しみ、ベースとなる知識を身につける

「心理学新入生セミナー」や「心理学概論Ⅰ・Ⅱ」「臨床心理学概論」「心理学統計法」などの科目を通じて心理学に親しみ、専門知識のベースとなる考え方を学びます。また、社会・集団・家族心理学(社会・集団)、司法・犯罪心理学、ストレス心理学、メディア心理学も学びながら、大学全体で開講されている多彩な共通科目を学ぶことで、人の心を取り巻く文化や社会、自然環境を知りましょう。そして、語学やパソコンのスキルを身につけるのもこの時期です。

2年次:演習や実習で心理学を体感する

専門課程への導入として、「心理学基礎演習A・B」や「心理統計処理演習」など、体験を重視した演習・実習科目に取り組みます。さらに「学習・言語心理学」「教育・学校心理学(教育)」などの専門講義科目も学びます。

3年次:心理学の具体的な技法を体得する

心理学の方法論を実際に体得する「心理学実験」に取り組みます。事後指導の時間も設定し、学生一人ひとりを丁寧に指導します。「心理学演習Ⅰ・Ⅱ」では興味あるテーマについての発表やディスカッションを行い、心理学への理解を深めます。さらに、「障害者・障害児心理学」「心理学研究法」などの専門科目を学びます。また、公認心理師を目指す方は、「臨床心理演習(心理演習)」「臨床心理実習Ⅰ(心理実習)」などの科目で、臨床心理学に関する実践的な技法を体得します。

4年次:学びの総まとめと「卒業研究」

3年次までに培われた基礎知識と技能をもとに、興味や関心に応じた卒業研究に取り組み、大学での学びの総まとめを行います。さらに深く学びたい人、大学院進学をめざす人に向けた「心理学問題演習Ⅱ」などの専門性の高い授業も選択できます。

将来像

企業の人事部門や営業部門などのコミュニケーション能力が重要視される仕事や、消費者心理のデータ分析を必要とするマーケティング部門などで、心理学科で学んだ専門知識を活かして活躍できます。また、医療、教育、福祉等の分野でカウンセラーとして働くための土台を作ります。

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube