和洋女子大学|学部・学科|こども発達学科|学科ブログ

学科インフォメーション

こども発達学科

11 11

投稿者: kodomo
2020/11/11 9:44

こども発達学科の上村明助教が指導教員を担当する「こども発達学ゼミⅠ」は、3年次の後期を対象とする授業です。この授業は、身近な興味・関心事からゼミ活動を企画・運営し、一連の活動を通して、スポーツや健康に関する知識や理解を深めていきます。また、解釈の多様性、文献や資料の読み取り、討論するための方法について実践形式で学んでいきます。

10月16日の授業では、ダブルダッチを題材に「教材研究:運動遊びのプログラミング」に必要な考え方(運動発達とレディネス)について、体験を通して学びました。

 
【写真】ダブルダッチの練習の様子

運動発達や獲得する技能の順に、1本の縄遊びからはじめ、長縄跳びの基本(かぶりなわ、むかえなわ)、そして縄を2本に増やしダブルダッチに挑戦しました。少しずつ段階をあげて遊びを展開することで、最後には難関とされるダブルダッチも形にすることができました。

<上村助教からのコメント>
新たな運動技能を獲得するためには、【レディネス:前提条件】が重要です。運動発達を理解し【レディネス:前提条件】を意識したプログラミングを行えば、子どもはもちろん大人であっても、スムーズに新たな運動技能を獲得することができます。

今回のゼミでは、全員が初めてダブルダッチに挑戦し、体験を通してレディネスの重要性について学びました。はじめる前は「今回の授業だけで出来るようになる気がしない…」と言っていた7名ですが、子どもの運動発達の順に合わせて縄遊びを展開し、丁寧にレディネスを確認していくことで、開始60分後には全員がダブルダッチの技能を獲得しました。
今回の体験を保育実践に活かして欲しいと願っています。

こども発達学科の学びはこちらから

Tags:

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube