メニュー 閉じる

保護者の方向け就活情報

就職環境の現状

2018年9月、経団連は2021年4月入社以降の学生の採用活動に関するルールを廃止することを公表しました。
これまで定められていた解禁日がなくなり、今後は政府主導でルールが定められることになりましたが、
しばらくは「現状維持」とされています。
しかし、これまでの大企業向けの就活ルールがなくなることで、採用活動の自由化が進んだことは間違いがありません。
大企業も早期から採用活動に従事できるようになりました。
また労働市場の流動化も相まって新卒一括採用以外にも中途採用や通年採用に力を入れる企業も増えてきました。
和洋女子大学では、このような環境の変化にも対応できるサポート体制を整えておりますが、
保護者の方も現在の就職状況を把握し活動内容を理解した上で、
お子さまの身近な相談相手となってあげてください。

保護者の方ならではのサポートが必要です

めまぐるしく変化する就職状況の中で戸惑うお子さまには、保護者の理解と支援が必要です。
もちろん、過度な干渉をする必要はありませんが、お子さまが社会人として自立できるよう協力しましょう。現在のストレスの多い就職活動では、精神的な支援、最も身近な社会人の先輩としてのアドバイスがお子さまから求められています。
自らの人生を振り返り、「なぜ働くのか」「仕事とは何か」を伝えてください。お子さま自身が気づいていない長所や社会人としての視点からみた魅力も、成長を見守ってきた保護者の方ならアドバイスできるはずです。

家庭での就活サポート

初めての経験に戸惑い、なかなか思い通りに進まない就職活動。
長く厳しい就職活動に、お子さんには大きな負担がかかっているかもしれません。
だからこそ、家庭での環境づくりがとても大切です。

やる気を引き出すOKキーワード、言ってはいけないNGワード

就職活動の時期は、何気ない一言に傷ついたり勇気づけられたりするものです。
保護者の皆さんは、お子さんにはどんな言葉をかけてあげるべきでしょうか。

これはOK

子どもの良いところを見つけて褒めて、自分の良さに気づかせる。折れそうなほど弱った心には、自信を与えることは何よりも大切なこと。社会人としての経験を話したり、つねにポジティブで、
思いやりのある言葉を投げかけてあげましょう。

これはNG

ネガティブで、不安に思わせる内容、やる気を失わせるような言葉は絶対NG! 保護者の考えを一方的に押しつけたり、誰かと比較したり、プレッシャーを与えたり、逆に甘えの気持ちを引き起こすような一言も避けるように心がけましょう。

就職活動Q&A

就職活動を始める前に

保護者はどんな心構えで接すれば良いのでしょう。

やさしく見守り、思いやりある態度で接してあげください。
就職セミナーや試験に同行したり内定辞退の連絡を代わりにしたりなど、保護者の行き過ぎた干渉は避けるべきですが、「そんな会社はダメだ」「お前には向いていない」など古い価値観を一方的に押しつけたり、「好きなようにしなさい」など突き放した態度も禁物。お子さんにとって最も身近な社会人として、人生の先輩として、常にやさしく見守り、思いやりある態度で接してあげてください。

就職活動についてもっと詳しく知るには、どんなものから情報を得れば良いですか?

書籍やインターネットで情報は得られます。ただし、アドバイスの際には、「社会人の先輩として」の情報を。
就職活動はお子さん自身が行うもの。細かいノウハウについてはお子さんが情報を得ればそれで十分でしょう。むしろ保護者を頼らず、自分で情報を得るようにアドバイスしてください。保護者の皆さんは、お子さんが迷い、悩んでいることをいち早く察知してしっかりサポートしてあげること。情報を仕入れるなら、「就職する意味」「社会に出る責任」「働く楽しさ」「仕事とは何か」「その道のプロとは」…など、社会人の先輩としての見地からアドバイスしてあげられる本などを読んでおかれると役に立つかもしれません。

就職活動が始まってから

面接で落ち続けている子どもに、どんな対応をすればよいでしょうか?

スムーズに内定(内々定)をもらえるのはほんの一握りの学生。前向きな気持ちを持たせるように努力してください。
就職活動で学生がエントリーする企業の数は、平均で80社以上にのぼり、内定がもらえるまでに10社以上面接すると言われています。スムーズに内定(内々定)をもらえるのはほんの一握りの学生。ほとんどの学生は何社もトライしているのです。ご家庭では、志望動機や入社意欲、アピール力が弱くないかをもう一度確認したり、保護者の仕事観を伝えたり、模擬面接を行ってみたりしながら、お子さんには常に前向きな気持ちを持たせるよう努力してください。

就職活動後半戦では

希望する企業から内定がもらえません。 来年受け直すという選択肢はありますか?

既卒の壁はかなり厚いと考えておくべきです。
新卒であるということも、就職の条件の一つと言っても過言ではありません。内定を取れなかった人が翌年新卒者と同様に応募しても、ほとんどの場合門前払い。中途採用枠を求めても、企業は正社員としての職歴を求めているため、採用される道はほとんど閉ざされていると言っても良いでしょう。お子さんがそのままフリーターを続けるという悪循環に陥らないためにも、必ず新卒のタイミングを逃さず正社員として就職するようにアドバイスしてあげてください。

和洋女子大学の就職サポート体制

和洋女子大学の就職支援においては、
「進路支援センター」が中心となり、きめ細やかなサポートを行っています。
学生一人ひとりに心を込めて向き合い、
それぞれの志望や適正をきちんと把握した上で、企業あるいは進路のマッチングを行う、
本学ならではの”少人数制によるていねいな指導”
その効果により、高い就職率につながっています。

01

一人ひとりと向き合ったサポート

「学科担当カウンセラー」

02

社会人としての意識や実践力を高める

「就職基本講座」

03

自己アピールと多彩な進路選択を支援

「資格対策講座・公務員対策講座」

04

進路の方向性を見出す貴重な体験を支援

「インターンシップ」

進路支援センターが開催する講座一覧

1年次

希望者対象
  • 各種資格講座(秘書・販売士・ファイナンシャルプランナー・簿記)
  • 公務員試験対策講座

2年次

全員対象  希望者対象
  • 就職活動準備講座
  • 就職活動プレセミナー         
  • 各種資格講座(秘書・販売士・ファイナンシャルプランナー・簿記)
  • 公務員試験対策講座

3年次

全員対象 希望者対象
  • 就職説明会
  • 就職基本講座(年間全10回)
  • 幼稚園・保育園就職対策集中講座
  • インターンシップガイダンス
  • 個人面談
  • OGを囲む会
  • 内定者報告会
  • 業界セミナー
  • 航空業界セミナー
  • スーツの着こなし&メイク講座
  • 就職活動個別指導
  • 学内企業研究会(2月)
  • 学内会社説明会(3月)
  • インターンシップ
  • インターンシッププレ研修
  • 自己分析フォローアップ講座
  • 公務員試験対策講座
  • 各種資格講座
    (秘書・販売士・ファイナンシャルプランナー・簿記)
  • SPI対策講座
  • グループディスカッション練習会
  • 模擬面接演習会
  • じぶん磨き講座

4年次

全員対象
  • 個別相談対応
  • ワークフィット講座
  • 学内企業説明会・面接会