和洋女子大学|学部・学科|心理学科|心理学専攻|めざせる資格&進路

めざせる資格・免許

めざせる資格



※「任用資格」とは、特定の職種に勤めて有効となるものです。

心理学科で目指せる資格は、心理学に関する資格として「公認心理師」「認定心理士」「ピアヘルパー」、人間の育ちにかかわる資格として「児童指導員(任用資格)」、その他の資格として「司書」「博物館学芸員」「社会福祉主事」があります。
「公認心理師」は、卒業に必要な科目のうち該当科目を履修して本学科を卒業した上で、複数年の実務経験、または大学院での2年間の養成課程を経ることで、受験資格を得ることができます。「認定心理士」と「ピアヘルパー」は、卒業に必要な科目のうち該当科目を履修していくことで取得することができます。「ピアヘルパー」は、所定の3科目(「カウンセリングの基礎」「カウンセリングの実際」「青年心理学」)を修得し、日本教育カウンセラー協会の筆記試験に合格することで、在学中でも取得可能です。
その他の「司書」「博物館学芸員」「社会福祉主事」は、卒業に必要な科目以外の資格科目を履修することでめざすことができます。
 
「公認心理師」に関する科目について、本学での履修者数には制限がかかる場合があります。また、本学に心理学を学ぶ大学院はありませんが、「公認心理師」や「臨床心理士」を目指す学生のために、進学に向けて英語や専門科目に関する授業を開講しています。


進路



大学で心理学を学ぶことで想定される進路には、大きく3つあるといえます。1つめは、「心理学の専門職」になる進路です。この進路には、公務員の心理職(家庭裁判所調査官、法務教官、児童心理司など)、カウンセラー、研究職・大学教員が想定されます。公務員の心理職は公務員試験に合格する必要がありますし、カウンセラー、研究職・大学教員として働こうとする場合には、大学院へ進学することが一般的です。
2つめは、「心理学で学んだことを活かして働く」という進路です。心理学で学ぶ「心理統計法」などの知識や技能を活かして調査会社に勤務する卒業生や、人とかかわることのできる仕事を志して児童指導員として福祉施設で働いている卒業生もいます。
3つめは、「働きながら心理学で学んだことを活かす」という進路で、心理学科でもこの進路を選ぶ学生が最も多いです。一般企業での企画やマーケティング、営業・サービス業、さらには職場や家庭の人間関係など、心理学で学んだことが役に立つたくさんの場面があります。
このように、心理学科で学んだ心の理解や視点を活かすことのできる道は多様です。入学時には「やりたいことがわからない」「はっきりした目標がない」という学生も、4年間の学びのなかで少しずつ自分の道をみつけていきます。そのように迷いながら、模索しながら大学で学んでいく道のりを心理学科では大切にします。

さらに詳しい情報は「取得可能な資格・免許一覧」で紹介しています。

先輩たちの就職活動レポートも紹介しています。



受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube