和洋女子大学|学部・学科|看護学部|研究室・ゼミ一覧

研究室・ゼミ一覧

看護学科

麻生 保子 研究室
様々な年代、背景を持つ地域の方々、専門職業人への生涯学習について検討し、知識や行動、心理的側面がポジティブな方向に改善したかを考えます。また、これらの生涯学習が対象者ご自身や家族、地域全体に与える波及効果について考えることも研究テーマとしています。

天谷 尚子 研究室
在宅看取りや看護師の死生観教育について、研究をしています。地域包括ケアシステムの実現に向けて、看取りの場も病院から在宅へ移行しつつあります。質の高い終末期看護の提供には、看護師の成熟した死生観が不可欠です。まずは、自分自身の死生観について一緒に語り合いませんか。

石川 紀子 研究室
小児看護学では、お子さんの病気や障がいの有無にかかわらず、子ども達が健やかに成長・発達していくための環境や支援について、教育・研究を行っています。

上松 恵子

上松 恵子 研究室
子どもを一人の人として尊重し、さまざまな健康レベルの子どもが社会で健やかに成長・発達できるように、看護に求められる役割や課題について、子どもと家族を踏まえて考えていきましょう。

大久保 麻矢 研究室
女性の健康を維持するためには、個人へのアプローチとともに女性が生活する環境を整えることも重要です。私たち看護職者は、その両側から支援できる専門職です。まずは、自分の身近な問題や疑問に着目し、一緒に深めていきましょう。

大谷 則子

大谷 則子 研究室
看護師の臨床判断や臨床の知について研究しています。看護師が、日常的にどのような臨床判断や臨床の知を用いて看護を実践し、専門職として患者さんの生命や生活をまもっているのか、考えています。

小笠原 祐子

小笠原 祐子 研究室
フットケアや様々な看護技術の検証をテーマとしています。「なぜ?」を明らかにする過程をとおして、看護の楽しさが感じられるよう願っています。

小川 明佳

小川 明佳 研究室
基礎看護学の研究室です。学生の基礎看護技術に関する研究や、女性のキャリア、看護ケアのマネジメント、組織におけるマネジメント等について取り組みます。

筧 亮子

筧 亮子 研究室
こころの病は、決して特別な病気ではなく、わたしたち誰もがかかる可能性のある身近な病気です。こころの病を抱えながらも、その人らしく生き生きと生活していくことができるような支援を考えていきます。また、自然災害や交通事故、暴力などのような強い恐怖・苦痛を伴うできごと(トラウマ体験)を経験した人に対する心理社会的ケアについても取り組んでいます。

加藤 星花 研究室

金子 眞理子  研究室
精神心理面の治療やケアを必要とする人々やケア提供者を含め、予防の段階からメンタルヘルス支援やストレスマネジメントに関する研究を行っています。 人を理解し精神心理面のアセスメントと最善のケアを行うための知識と技術、態度を探求していきます。

釜屋 洋子

釜屋 洋子 研究室
老年看護学では、加齢にともなう変化と高齢者の特徴を理解し、事例を使って看護過程を展開します。学んだ知識を臨地実習に生かせるよう頑張りましょう。

河村 秋

河村 秋 研究室
公衆衛生看護は出生前から高齢期まで幅広い方々を対象とします。本研究室では、母子関係(母子相互作用など)や子育て支援などについての研究をしています。また、高齢化社会の現在、地域で住民同士が支え合わなければならない時代となっています。成人や高齢者を対象とした地区組織活動の支援についてもテーマとしています。

熊田 奈津紀 研究室
がんの患者さんへの看護、緩和ケア、終末期ケアをテーマに取り組みます。がん患者さんが最期まで自分らしく生きるために、看護職としてどの様な支援ができるか一緒に考えていきましょう。

白鳥 孝子

白鳥 孝子 研究室
この研究室では、人が病や障害を抱えたとき、その人が自分の力を充分に発揮して健康の回復や安寧な死にむけて歩んでいけるための看護について研究していきます。

新谷 奈苗

新谷 奈苗 研究室
「働く人」をキーワードに、労働と健康の調和を支援する研究を行っています。労働者のストレス対策では、質問紙を用いた大規模調査と統計的分析を用いて課題を明らかにしています。また乳がん治療と就労との両立支援では、インタビュー調査から質的分析を行っています。近年はストレスの評価に、サーモグラフィで測定した体表面温度の解析も行っています。

竹内 久美子

竹内 久美子 研究室
看護サービス提供に関わる事象を研究テーマとして取り扱います。その中には、人員配置、人的資源管理、目標管理等、多くの要素が含まれます。学生の興味・関心に合わせて、トピックスを提供し、ディスカッションする予定です。

段ノ上 秀雄

段ノ上 秀雄 研究室
急性期やクリティカルのケアを軸とした、周手術期、集中治療下のケアなど、幅広いテーマに取り組みます。実習経験や興味を持ったトピックを切り口として、一連の研究プロセスを経験し、未来の看護に貢献できる研究能力を修得しましょう。

豊川 智之 研究室
本研究室では、人の健康について、データを疫学や保健統計学を用いて分析する手法を学びます。論文抄読を通じてエビデンスを読み解き、新たな情報を発信できる公衆衛生学的な視点と技術と意欲を持った看護師・保健師を目指しましょう。

中澤 明美

中澤 明美 研究室
老年看護学では、高齢社会の現状と看護の対象である高齢者を理解することから始めます。さらに高齢者の生活の質の向上をめざした援助方法を身につけていきます。認知症ケア、高齢者虐待防止など超高齢社会の様々な課題について一緒に探究していきましょう。

永岡 裕康

永岡 裕康 研究室
情報を安全に保護しつつ、いかに活用するかを研究しています。ただ、学生の皆さんに対しては、研究の結果よりも、そこに至るプロセスを大切にしたいと考えています。

永嶺 仁美 研究室
より健康な成人期から健康診断の活用や好ましい生活習慣行動の実践は、将来の疾病予防に繋がります。青年期から成人若年期を対象としたヘルスプロモーション行動や、糖尿病等生活習慣病の重症化予防に関する研究を行います。

平山 香代子 研究室
人々は社会の中で生活を営み、一度きりの人生を歩んでいます。たとえ一時的に病気を患ったとしても、慢性的に障害を抱えたとしても、質の高い療養生活を支援する方法を一緒に考えていきましょう。

藤井 美穂子

藤井 美穂子 研究室
母性看護学は、家族看護の出発点です。疾患を中心とした学習ではなく、健康な女性を中心として時代とともに変化していく社会問題を捉え、どのような支援が必要なのか地域とつながりながら一緒に考えていきたいと思います。

丸上 輝剛

丸上 輝剛 研究室
地域住民の安全と健康づくりのため、情報工学技術を用いたシステムの開発などを行っています。医療保健分野における問題を、看護の知識や技術だけではなく、情報技術、モバイル技術などを組み合わせて解決を目指すことをテーマとしています。

宮内 清子

宮内 清子 研究室
周産期のみでなく女性の一生涯の健康支援を研究のテーマとしております。学生さんそれぞれが、一人の女性としての健康を自覚し、看護職として社会に貢献できるように支援したいと思います。

宮内研究室の公式サイトはこちらから

山下 菜穂子

山下 菜穂子 研究室
認知症ケアや高齢者虐待防止について研究しています.高齢者の方やご家族が笑顔でその人らしい人生をおくるための看護の役割について考えています.高齢者の方々を支えるための多職種連携の重要性についても関心を持っています。

吉水 清 研究室
災害大国日本、様々な災害を経験し、多くの経験に基づく対応能力が培われています。東京オリンピック・パラリンピックの開催が迫る中、テロリズムなど多くの健康危機がわたしたちの身近に迫ってことを意識していますか。現在、パンデミック状態である新型コロナウイルス感染症の危機管理に関しても、みなさんとともに考える機会ができればと思います。

渡邉 久美 研究室

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube