和洋女子大学|学部・学科|看護学部|研究室・ゼミ一覧

研究室・ゼミ一覧

看護学科

新井 敏子

新井 敏子 研究室
がんは死に直面する病気ではなくなってきています。治療の選択、疾患や治療による弊害、がんを持って生きる患者さんどのように支えていくかを考えます。同時に、患者さんのご家族も看護の対象として捉えていきます。

石津 みゑ子

石津 みゑ子 研究室
臨床看護師の職業的アイデンティティが、どんな時にゆらぎ離職意図を持つのか、また、感染予防とリスク認知など臨床看護師がどのような立ち位置で看護実践を行っているのかに関する研究をしています。

井上 智栄子

井上 智栄子 研究室

上松 恵子

上松 恵子 研究室
子どもを一人の人として尊重し、さまざまな健康レベルの子どもが社会で健やかに成長・発達できるように、看護に求められる役割や課題について、子どもと家族を踏まえて考えていきましょう。

大谷 則子

大谷 則子 研究室
看護師の臨床判断や臨床の知について研究しています。看護師が、日常的にどのような臨床判断や臨床の知を用いて看護を実践し、専門職として患者さんの生命や生活をまもっているのか、考えています。

小笠原 祐子

小笠原 祐子 研究室
フットケアや様々な看護技術の検証をテーマとしています。「なぜ?」を明らかにする過程をとおして、看護の楽しさが感じられるよう願っています。

小川 明佳

小川 明佳 研究室
基礎看護学の研究室です。学生の基礎看護技術に関する研究や、女性のキャリア、看護ケアのマネジメント、組織におけるマネジメント等について取り組みます。

恩田 清美

恩田 清美 研究室
小児看護について、子どもだけでなく子どもを取り巻く人々・家族や社会の視点で考えていきます。また医療安全や医療政策からの視点で学びます。

金子 みち代

金子 みち代 研究室
本研究室では、高齢者における栄養摂取や生活習慣が耐糖能など生理機能におよぼす影響を研究しています。研究成果が健康寿命の延伸に資することを目標とします。また、若年女性における低栄養が、糖代謝などの生理機能におよぼす影響を調べています。

釜屋 洋子

釜屋 洋子 研究室
老年看護学では、加齢にともなう変化と高齢者の特徴を理解し、事例を使って看護過程を展開します。学んだ知識を臨地実習に生かせるよう頑張りましょう。

河村 秋

河村 秋 研究室
公衆衛生看護は多領域に渡りますが、母子関係(母子相互作用など)や子育て支援、児童虐待についての研究をしています。また、高齢者社会の現在、地域で住民同士が支え合わなければならない時代となっています。成人や高齢者を対象とした地区組織活動の支援についてもテーマとしています。

白鳥 孝子

白鳥 孝子 研究室
この研究室では、人が病や障害を抱えたとき、その人が自分の力を充分に発揮して健康の回復や安寧な死にむけて歩んでいけるための看護について研究していきます。

新谷 奈苗

新谷 奈苗 研究室
「働く人」をキーワードに、労働と健康の調和を支援する研究を行っています。労働者のストレス対策では、質問紙を用いた大規模調査と統計的分析を用いて課題を明らかにしています。また乳がん治療と就労との両立支援では、インタビュー調査から質的分析を行っています。近年はストレスの評価に、サーモグラフィで測定した体表面温度の解析も行っています。

鈴木 裕子

鈴木 裕子 研究室
健康寿命を目指し少子高齢社会へ対応するために地域における看護の役割はより広がっています。病院から在宅療養へ移行が進められ在宅看護は更に発展し在宅看護の分野に就職する看護師が増えます。在宅看護の基礎を固め、課題へ取組みながら可能性を模索していきます。そして地域包括ケアシステムの構築へ向けた方法の検討と人材育成に取り組んでいます。

竹内 久美子

竹内 久美子 研究室
看護サービス提供に関わる事象を研究テーマとして取り扱います。その中には、人員配置、人的資源管理、目標管理等、多くの要素が含まれます。学生の興味・関心に合わせて、トピックスを提供し、ディスカッションする予定です。

段ノ上 秀雄

段ノ上 秀雄 研究室
急性期やクリティカルのケアを軸とした、周手術期、集中治療下のケアなど、幅広いテーマに取り組みます。実習経験や興味を持ったトピックを切り口として、一連の研究プロセスを経験し、未来の看護に貢献できる研究能力を修得しましょう。

鶴渕 礼子

鶴渕 礼子 研究室
女性の健康と周産期について、科学的に広い視野で勉強していきましょう。

寺岡 征太郎

寺岡 征太郎 研究室
こころの健康問題をもつ人がその人らしく生活していくために必要な看護援助を、リカバリ(回復)の視点で探求していきます。また、看護師へのメンタルヘルス支援などもテーマにしています。

土井 一浩

土井 一浩 研究室
『「どっこいしょ!」の掛け声で立ち上がると、姿勢が安定する気がする』や『お腹の音を聴診器ではなく周波数で解析してみたらどうなる?』など、病院実習や看護技術の学習で出たふとした疑問を測定方法から解析・グラフ化まで一緒に考えていく研究室です。

刀根 洋子

刀根 洋子 研究室
母性看護学研究室は、女性の生涯健康についての研究や子育て支援、思春期や更年期のヘルスプロモーション活動に取り組みます。

中垣 紀子

中垣 紀子 研究室
小児看護学は、健康な子ども、病気をもった子ども、障がいをもった子ども、すべての子どもを対象としています。子どもたちが健全な日々を過ごし、成長できるような援助を考えます。

中澤 明美

中澤 明美 研究室
老年看護学では、高齢社会の現状と看護の対象である高齢者を理解することから始めます。さらに高齢者の生活の質の向上をめざした援助方法を身につけていきます。認知症ケア、高齢者虐待防止など超高齢社会の様々な課題について一緒に探究していきましょう。

永岡 裕康

永岡 裕康 研究室
情報を安全に保護しつつ、いかに活用するかを研究しています。ただ、学生の皆さんに対しては、研究の結果よりも、そこに至るプロセスを大切にしたいと考えています。

原田 光子

原田 光子 研究室
現在は高齢社会であり、在宅看護学はより重要です。病院から退院する場合どの職種に連携することでQOLが維持できるのでしょうか。ご自宅で病気を持ち生活する支援方法、また健康をより良い段階へ導く支援方法を模索していきます。

藤井 美穂子

藤井 美穂子 研究室
母性看護学は、家族看護の出発点です。疾患を中心とした学習ではなく、健康な女性を中心として時代とともに変化していく社会問題を捉え、どのような支援が必要なのか地域とつながりながら一緒に考えていきたいと思います。

丸上 輝剛

丸上 輝剛 研究室

宮内 清子

宮内 清子 研究室
周産期のみでなく女性の一生涯の健康支援を研究のテーマとしております。学生さんそれぞれが、一人の女性としての健康を自覚し、看護職として社会に貢献できるように支援したいと思います。

山下 菜穂子

山下 菜穂子 研究室

渡邉 知子

渡邉 知子 研究室
成人看護学は、対象とする人間と事象が最も多い領域の1つです。講義や演習、実習で疑問の答えを導き出し、看護実践につなげるため、少しずつ勉強していきましょう。教員は、学生一人一人の興味と個性を尊重し、看護で得られる知識を提供していきます。

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube