和洋女子大学|学部・学科|心理学科|学科ブログ

学科インフォメーション

心理学科

名前: shinrigaku 作成日: 2014/02/07 14:14
心理学類のブログ

投稿者: shinrigaku 投稿日: 2018/11/21 12:58
11月24日(土)はオープンキャンパス! 今回のテーマは「本番まであと少し!入試準備をしよう」です。今年度最後のオープンキャンパスとなります。心理学科では、学科説明会をはじめ、心理テストや心理学実験の体験、個別相談や在学生とのフリートークなどのプログラムを用意して、高校生の皆さんをお待ちしています。「心理学ってどんなことを学ぶの?」「人の心を理解するってどういうこと?」「心理学を学んで、将来どんな職業に就けるの?」等々、心理学に興味のある皆さんの疑問にこたえます。





写真は24日のオープンキャンパススタッフの在学生たちです。一生懸命、準備に勤しんでいます。どうぞ、お気軽に声をかけてください。

前回のオープンキャンパスの様子はこちらから
心理学科の学びについてはこちらから
 
投稿者: shinrigaku 投稿日: 2018/10/30 13:13
■専門・研究分野 ジェンダーやセクシュアリティなど、性と心の健康の関係を専門としています。特に、最近ではLGBTやセクシュアル・マイノリティなど性的に少数派である方々の心理について関心があり、研究を行なっています。 普段生活していると、「男の人って~~だよね」、「もっと女の子らしくしなさい」なんて言葉を聞く機会はよくあると思います。私たちの心の中にはこうした「男らしさ」「女らしさ」といった考えが染みついていて、自分でも意識していないところでそんな「男らしさ」「女らしさ」が私たちの考えや行動に影響をしています。しかし、男性全員、あるいは女性全員が理想とすべき「男らしさ」「女らしさ」というものはあるのでしょうか。場合によっては,自分には合わない「男らしさ」や「女らしさ」が私たちを苦しめることもあるかもしれません。それに、一口に性といっても「男」か「女」の2つだけに分けることはできませんし、「自分はどんな性だと思うか」「どんな性の相手を好きになるか」などいろいろな考え方があります。 そうした複雑な性と私たちの生活や心の健康の関係について一つ一つ明らかにしていくことで、私たちがより「自分らしい」生き方を模索していくきっかけになるとよいのではないかと考えています。 ■現在の道(学問分野)に進もうと決めたきっかけ 私はもともと研究の道を志していたわけではなく、心理カウンセラーとして悩んでいる人の支えになりたいと思っていました。しかしカウンセラーとしての訓練を受ける中で少しずつ研究にも関わるようになり、支援を行なうために丁寧に研究を行っていくことの大切さと、そして何より研究の楽しさを知りました。研究をするまではそれほど意識していなかったことでも、研究という形でかかわってみると本当に身近なところにいろいろな疑問が転がっていて、これまで「あたりまえ」だと思っていたことが「もしかしてあたりまえじゃないのかも」と思うようになりました。 まさか自分が研究の道に進み、なおかつ「性」をテーマにするとは高校生や大学生のころは全く思ってもいませんでしたが、まるで世界の見え方がこれまでとは変わってしまうような、そんな研究の楽しさにすっかりとりこになってしまいました。 ■学生たちへのメッセージ 上に書いた通り私も自分が研究者になるとは全く予 ... 詳細...
投稿者: shinrigaku 投稿日: 2018/10/18 13:01
心が傷ついたときの対処法 人から傷つくことを言われたとき、みなさんはどうしますか? 人に知られないようにわざと明るく振る舞ったり、できるだけ早く忘れようとして、勉強や部活に没頭したり、楽しいことを想像したり……。そうしているうちに忘れられるなら、傷は浅かったと言えるでしょう。ところが、いつまでも心の中に残ってしまい、忘れられないこともあります。そんなときは、体の傷を優しく手当するように、心の傷を優しく見てあげられるといいのですが……。   私たちは大事な友達に優しく声をかけることはできますが、自分の心を優しく見てあげることは案外苦手で、厳しく自分を責めてしまう人も少なくありません。たとえば、“そんなこと言われたぐらいで傷つくなんて情けない”とか“早く忘れて、勉強でもすればいいのに”といった調子で、自分を非難したり、励ましたりすることが多いようです。でもこのような叱咤激励(しったげきれい)では、心の傷を治すことはできません。 それではどうしたらいいのでしょうか?   カウンセリングの効果について研究したジェンドリン(Gendlin, E.T)は、自分の心が今どのような状態になっているのかを優しく見て、実感し、それを言葉やイメージで表すことができると、心の傷が治ることを見出しました。そして、この一連のプロセスをフォーカシング(Focusing)と名づけました。フォーカシングは成功したカウンセリングの中で生じるプロセスですが、それだけではなく、日常生活の中でも、友達に話を聴いてもらっているときや、日記を書いているときにも生じることがあります。私は心の健康に最も効果的な筆記の仕方について、研究しています(本研究は 科学研究費補助金 (基盤研究(C)研究代表者酒井久実代、課題番号15K04147 による助成を受けて実施しています)。   心の傷を癒すカウンセリング カウンセリングはうつ病などの精神疾患の治療技法として行われるだけでなく、心の傷を癒す技法でもあります。心の傷は誰もが日常生活で経験するものですが、適切な手当てをしないと、いつまでも心に残っていて、その人を前に進めなくさせてしまうことがあります。たとえば、20代、30代に“ひきこもり”になってしまった人のお話を聴くと、子どもの頃の親子関係や級友との関係の中での心の傷をずっと引きずっていることも少なくあり ... 詳細...
投稿者: shinrigaku 投稿日: 2018/09/21 17:03
9月23日(日)はオープンキャンパス! 今回のテーマは「推薦入試の準備をしよう」です。新学期も始まり入試シーズンもいよいよ始まりますね。心理学科では、学科説明会をはじめ、心理テストや心理学実験の体験、個別相談や在学生とのフリートークなどのプログラムを用意して、高校生の皆さんをお待ちしています。「心理学ってどんなことを学ぶの?」「人の心を理解するってどういうこと?」「心理学を学んで、将来どんな職業に就けるの?」等々、心理学に興味のある皆さんの疑問にこたえます。



写真は23日のオープンキャンパススタッフの在学生たちです。どうぞ、お気軽に声をかけてください。

前回のオープンキャンパスの様子はこちらから
心理学科の学びについてはこちらから
 
投稿者: shinrigaku 投稿日: 2018/09/21 16:44
8月25日、オープンキャンパスを開催しました。心理学科では、学科説明会や心理テスト・心理学実験の体験などの他、個別相談や在学生とのフリートーク行いました。


 
オープンキャンパススタッフの学生は黄緑色のTシャツを着用しています。どうぞ、お気軽に声をかけてください。

次回のオープンキャンパスは9月23日(日)に開催します。 
投稿者: shinrigaku 投稿日: 2018/07/26 13:19
7月29日(日)はオープンキャンパス!今回のテーマは「和洋女子大学のAO入試を知ろう!」です。いよいよ始まるAO入試の出願に向けて、心理学科では、学科説明会、体験授業、心理テストや心理学実験の体験の他、個別相談や在学生とのフリートークなどのプログラムを用意して、高校生の皆さんをお待ちしています。「心理学ってどんなことを学ぶの?」「人の心を理解するってどういうこと?」「心理学を学んで、将来どんな職業に就けるの?」等々、心理学に興味のある皆さんの疑問にこたえます。





オープンキャンパスの詳細はこちらから
投稿者: shinrigaku 投稿日: 2018/07/18 10:04
7月14日のオープンキャンパスでは、全学科で高校生・受験生向けに体験授業を行いました。心理学科では、2つの授業を開講。心理学科の池田幸恭准教授による「アニメや音楽から理解する青年心理」には、39名が参加しました。


【写真】授業の様子


【写真左右】オープンキャンパススタッフの在学生たち

心理学科で今回、開催した授業は以下です。

「心のメッセージを聴く『心の天気描画法』」(=「臨床心理演習(心理演習)」の授業の内容です)
「アニメや音楽から理解する青年心理」(=「青年心理学」の授業の内容です)

心理学科の学びについてはこちらから
 
投稿者: shinrigaku 投稿日: 2018/06/13 11:25
■専門・研究分野 専門分野は臨床心理学です。特にフォーカシング指向カウンセリングを実践し、研究しています。フォーカシング指向カウンセリングは、カウンセリングの創始者とも言われているロジャーズのクライエント中心療法を発展させた技法です。傾聴、共感的理解に加えて、状況についてのフェルトセンス(からだ(こころ)で感じられる意味を含んだ感覚)を言い表すことを重視します。フェルトセンスを言い表すことができると緊張の緩和や新たな気づきが生まれます。フェルトセンスの言語化はカウンセリングの中だけで生じるものではなく、日常生活でも体験することができます。演習や実習の授業で、学生の皆さんにも体験してほしいと思っています。現在の研究テーマは、日常生活でのフォーカシング的態度やフェルトセンスの筆記が精神的健康に及ぼす効果の検討です。 ■現在の道に進もうと思ったきっかけ カウンセラーになろうと思ったのは、小学校3年生の時の経験からです。私は教室に水筒を持ってきていて、蓋にシールが貼ってありましたが、それがなぜか無くなってしまいました。班にいたずらっ子のA君がいたので、私はA君が隠したと思い込み、A君を責めてしまいました。ところが、シールは床に落ちていたことが後からわかりました。その時に担任の先生が「A君が泣いていたぞ」と教えてくれました。あのA君が泣いてしまったことに、私はショックを受けました。その時、クラスに3つの目標が設定されていて、各自、選ぶようになっていました。私が最初に選んだ目標が何であったかは忘れてしまいましたが、そのことがあった直後に目標を変えて「人の気持ちがわかる子」にしました。たぶん、それがきっかけだと思います。 ■学生たちへのメッセージ カウンセリングは人の気持ちを理解しようとする行為です。皆さんは自分の気持ちを正確に理解してもらえたとき、どんな気持ちになりますか? 感動したり、涙が出てきたり、気づかなかったことに気づけたり、意味がわかったり、楽になったり……。私はそんな体験をしてきました。カウンセリングは「自分の気持ちを理解するもの」でもあります。カウンセリングはプロのカウンセラーだけのものではありません。皆さんの大切な人とのコミュニケーションの中で、カウンセリングのプロセスが生じることもあります。その理論や技法について学ぶことはきっと日常生活に ... 詳細...
投稿者: shinrigaku 投稿日: 2018/06/06 16:44
6月10日(日)はオープンキャンパス! 心理学科では、体験実習、心理テストや心理学実験の体験の他、個別相談や在学生とのフリートークなどのプログラムを用意して、高校生の皆さんをお待ちしています。「心理学ってどんなことを学ぶの?」「人の心を理解するってどういうこと?」「心理学を学んで、将来どんな職業に就けるの?」等々、心理学に興味のある皆さんの疑問にこたえます。



 オープンキャンパスの詳細はこちらから
心理学科の学びについてはこちらから
投稿者: shinrigaku 投稿日: 2018/05/18 17:08
5月20日(日)はオープンキャンパス! 心理学科では、学科説明会、心理テストや心理学実験の体験の他、個別相談や在学生とのフリートークなどのプログラムを用意して、高校生の皆さんをお待ちしています。「心理学ってどんなことを学ぶの?」「人の心を理解するってどういうこと?」「心理学を学んで、将来どんな職業に就けるの?」等々、心理学に興味のある皆さんの疑問にこたえます。


 
オープンキャンパスの詳細はこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 >>

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube