和洋女子大学|学部・学科|こども発達学科|学科ブログ

学科インフォメーション

こども発達学科

名前: kodomo 作成日: 2014/02/07 14:19
こども発達学科のブログ

投稿者: kodomo 投稿日: 2022/05/30 13:06

こども発達学科では、6月に2年生が実施する初めての幼稚園実習に向けた準備を進めています。一方、4年生は幼稚園をはじめとする4回の実習を終了し、6月には最後の保育所実習を迎えます。
先日、「実習経験の大先輩」である4年生の学生が2年生の実習指導の授業にゲストとして参加し、「皆がすごく緊張する気持ちはわかるよ!」と自身の2年前を振り返りながら、様々な話をしてくれました。


【写真】実習の参考になるよう、保育着とスーツ姿で2年生の前に立つ4年生の学生

  
【写真】グループごとに4年生の学生を囲んで質問の時間

2年生は、実習中の工夫からおすすめの鞄まで、4年生の学生が話す実習経験者ならではの視点からのアドバイスに熱心に聞き入っていました。何もかもが初めての2年生。絵本の読み聞かせ・紙芝居の演じ方などを、学生同士で見せ合ったり、鏡に向き合って練習を重ねています。 同時期に実習へ行く学生同士、子ども役や先生役を交替で演じながらアドバイスをし合い、練習をしてきました。


【写真】絵本の読み聞かせを練習する2年生の学生たち


【写真】学生同士でアドバイスをしながら、紙芝居の読み方も工夫します


【写真】プレイルーム(※)での練習風景
※オープンキャンパスの施設ツアーで見学することができます。

1年次からの保育の学びの積み重ねを経て、今回、6月の実習に臨むのは、いよいよ実習本番を迎える2年生と、保育現場に出る前の最後の実習となる4年生です。どちらの学年も保育の現場で多くのことを学んできます。さらに、この実習で学んできたことが、こども発達学科の同級生や次の後輩たちに共有されていくことでしょう。


こども発達学科では、6月12日(日)に 来場型オープンキャンパス を予定しています。
興味のある方は、ぜひご来場ください。お待ちしています! 詳細はこちらから

こども発達学科の学びについてはこちらから
こども発達学科のチバテレ制作による学科紹介動画はこちらから

入試相談・学校見学は随時受付中です! 詳細についてはこちらから

投稿者: kodomo 投稿日: 2022/05/20 11:19
5月9日、しっかりと感染症防止対策をしながら、こども発達学科のオープンキャンパスを開催しました。
保育・幼児教育の分野に興味を持つたくさんの高校生と保護者の方が参加されました。

在学生による「学生生活について聞こう!」のコーナー

学科説明の後には、参加者からの様々な質問に在学生のオープンキャンパススタッフが答えるイベントを行いました。
参加者から「ピアノが心配ですが、大丈夫でしょうか?」「和洋女子大学をめざした理由は何ですか?」「こども発達学科の雰囲気はどうですか?」など、大学のことや入学後の様子についての質問がたくさん寄せられ、スタッフの在学生は質問に対して一人ひとり丁寧に答えていました。
初めて参加した在学生は、質問への回答を終えて「緊張しました。でも皆さんが熱心に聞いてくれたので、話しやすかったです」と、こっそり教えてくれました。


【写真】在学生による「学生生活について聞こう!」の様子

在学生と施設を見学する「キャンパスツアー」

参加者と一緒に大学の施設見学を行います。こども発達学科の在学生も案内係として活躍しました。


【写真】これからキャンパスツアーが始まりますよ!

在学生とのトークコーナー

高校生と保護者の方から、「大学生活はどうですか?」「人間関係は良いですか?」「サークルやバイトはどのようなものがありますか?」など、こども発達学科での学生生活について個別相談を受けました。


【写真】在学生とのトークコーナーの様子

在学生の「保育制作」紹介のコーナー

参加者は、在学生が授業の中で作成した様々な制作物を見たり、その場で先生や在学生に質問したりしていました。


【写真】在学生による制作物を紹介

高校生の皆さんからの感想

オープンキャンパスに参加された高校生の皆さんから、たくさんの感想をいただきました。
「学科の説明を聞いて、和洋女子大学のこども発達学科に入学したい気持ちになりました」「在校生の話がとても役立つ情報でした」「先生や学生さんがとても親切で、良い大学だと思いました」「受験に向けて準備を頑張ろうと思えるオープンキャンパスでした」「施設が綺麗で、学びたい環境だと思いました」といった嬉しい内容の感想をアンケートに書いてくださいました。
ご参加いただいた皆さま、和洋女子大学に来ていただき、本当にありがとうございました♪
また、いつでも、こども発達学科のキャンパスライフを体験しに来てくださいね!


【写真】参加者からいただいた嬉しい内容の感想がたくさん!

次回は、6月12日(日)に 来場型オープンキャンパス を予定しています。
こども発達学科に興味のある方は、ぜひご来場ください。お待ちしています! 詳細はこちらから

こども発達学科の学びについてはこちらから
こども発達学科のチバテレ制作による学科紹介動画はこちらから

入試相談・学校見学は随時受付中です! 詳細についてはこちらから

投稿者: kodomo 投稿日: 2022/04/26 14:02
こども発達学科の金井智恵子准教授ゼミと田島大輔助教ゼミの4年生が「みつばちクラブ」を実施しました。今回は、コロナウイルスの影響のため、リモートによる開催となりました。ぜひ、下のURLにアクセスしてくださいね!

開催の様子はYouTubeで公開中です。
 




【写真】みつばちクラブのメンバーによる手遊び「まあるいたまご」。たまごの中から、一体何が出てくるのかな?


【写真】みつばちクラブのメンバーによる手遊び「おべんとう・サンドイッチ」。おべんとうやサンドイッチの中には、美味しそうなものがたくさん入っていますね。「おうちでもやってみてね!」

詳しくはみつばちクラブのFacebookをご覧ください。
Facebookはこちらから

※教育振興支援助成
和洋女子大学では、2011(平成23)年度より、学生教育の質向上や学習方法の改善に向けた組織的な取り組みや、個人の取り組みに対し、「教育振興支援助成」制度を設けました。より良い教育活動が行われるための教育手法の開発・改善や実践的な活動(実際の授業等への応用)により、大学の教育力の向上を図ることを目的としています。

こども発達学科の学びについてはこちらから
こども発達学科のチバテレ制作による学科紹介動画はこちらから

和洋女子大学の 来場型オープンキャンパス についてはこちらから!
投稿者: kodomo 投稿日: 2022/04/13 9:49
こども発達学科上村明准教授の共著『部活動指導員ガイドブック[応用編]』(藤後悦子・大橋恵・井梅由美子編著、ミネルヴァ書房、2022年)が刊行されました。その読みどころを、上村准教授に解説してもらいました。



****
この書籍は、学校教育法の一部改正により2017年4月1日から施行された『部活動指導員制度』に対応するためのガイドブックです。今回、私は、「第5章 思春期の身体」を執筆しました。思春期の脳と身体の発達について解説し、子どもの健康を守る視点から、部活動指導員の適切な関わりと傷害・疾病の予防方法について提案しています。

現在、日本の部活動は、大きな転換期に差し掛かっています。部活動指導員制度は、日本の教員の勤務時間がOECD加盟国で最長となっていることや部活動の顧問(教員)が専門性や経験が乏しいまま引き受けている状況を背景に、子どもたちの豊かな活動をしっかりと保証しながら教員の負担を軽減していく手段として導入されました。部活動指導員は、部活動のコーチ等として、顧問(教員等)と連携・協力しながら専門的に技術的指導を行うことができる新たな制度です。

これからの部活動を支える部活動指導員向けに、学校教育における部活動の位置づけや子どもの発達、チームのまとめ方、気になる子どもへの配慮、けがの応急処置、こころの不調への対応など、適切な指導方法について、図表やイラストを交えて紹介しています。

文化系や運動系部活に関係なく、ユース世代を教える指導者、小学校・中学校・高等学校の教員をめざす学生、教員にお勧めしたいガイドブックです。

こども発達学科の学びについてはこちらから
こども発達学科のチバテレ制作による学科紹介動画はこちらから

入試相談・学校見学は随時受付中です! 詳細についてはこちらから
投稿者: kodomo 投稿日: 2022/04/06 9:41
3月28日、こども発達学科の体験授業『子どもの発達から保育教材について考えよう!』が開催されました。保育・幼児教育への進路を考えている高校生(新2・3年生)23名が参加しました。

第1部の講義(理論編)は、大神優子教授から「子どもの発達」について動画を用いながら解説があり、言葉の習得や子どもが感じていること、大人の子どもへの言葉かけ等について学びました。

 
【写真】大神優子教授による「子どもの発達(講義編)」の授業の様子

第2部の演習(実践編)では、小山朝子准教授と在学生から「保育教材」についての紹介があり、教員によるパネルシアター「ぽんたのじどうはんばいき」の実演を通して、保育教材について理解を深めました。


【写真】新4年生による保育教材の紹介

 
【写真】小山朝子准教授による「保育教材の世界(実践編)」の授業の様子 

第3部では、参加者からの質問に在学生(新4年生)と上村明准教授が答えてくれました。「ピアノが不安」「実習では、どんなところにやりがいを感じますか?」「学科の雰囲気は?」といった入学後の様子についての質問が寄せられ、在学生と教員が質問に丁寧に答えてくれました。


【写真】在学生と上村明准教授による「在学生について在学生に聞こう!」の様子

参加した高校生からは、「体験授業を通して、理論と実践ともに子どもの考えや感じたことに寄り添うことの大切さが理解できました。」、「学生が作成したエプロンシアターやスケッチブックシアターなど、素敵だなと思いました。」、「先生が実演してくださった物語がとても面白かった」、「在学生の姿を見て、たった4年でこんなにも先生らしく成長できることを知り、私もこんなふうになりたい、大学に行って勉強したいと感じました。」、「在学生の話がとても参考になりました。」「あたたかい雰囲気で楽しく学ぶことができました。」といった感想を参加者から聞くことができました。



全プログラムを受講した参加者には、和洋女子大学 岸田宏司学長名で発行された受講修了証が渡されました。

次回は、5月8日(日)10:00〜11:30に来場型オープンキャンパスを予定しています。こども発達学科に興味のある方は、ぜひご来場ください。お待ちしています♪ 詳細はこちらから

こども発達学科の学びについてはこちらから
こども発達学科のチバテレ制作による学科紹介動画はこちらから

入試相談・学校見学は随時受付中です! 詳細についてはこちらから
投稿者: kodomo 投稿日: 2022/04/04 14:09
4月4日、和洋女子大学構内の和洋学園講堂にて、令和4年度 和洋女子大学・和洋女子大学大学院 入学式を挙行しました。式典終了後、各学科の教室に分かれ、オリエンテーションを行いました。



 
【写真】学科別オリエンテーションの様子

こども発達学科のオリエンテーションでは、教員からのメッセージが新入生に送られました。

新入生の皆さん、並びに保護者の皆様、ご入学おめでとうございます。
 
こども発達学科の学びについてはこちらから
こども発達学科のチバテレ制作による学科紹介動画はこちらから

入試相談・学校見学は随時受付中です! 詳細についてはこちらから
投稿者: kodomo 投稿日: 2022/03/25 17:03
人文学部では、グローバル化、高齢化、人工知能の技術革新など、変化が激しい社会において多様性を尊重できる寛容さを身につけた自立した女性を育てます。人文学部には、日本文学文化学科・心理学科・こども発達学科の3つの学科があります。各学科の学びや進路について、シリーズでHPに紹介しています。皆さんが大学で学びたいことや将来の進路を考えるための、参考にしてください。

シリーズ表現教育

「人間の表現力や表現活動を育てる教育」として「表現教育」の充実に取り組んでいます。表現教育は、「自分の考えを言葉や作品で表現して伝えること」、「自分や他者の気持ちを理解して表現すること」、「子どもの自由な表現を大切にすること」 にむすびつきます。そして、表現をつうじて多様な人々とつながり、社会における共存や協働 にも貢献するといえます。このような学びをとおして、他者と関わりながら自分を表現する力を身に着けることができます。

日本文学文化学科

 
日本文学文化学科 日本文学専攻の取り組みはこちらから
日本文学文化学科 書道専攻の取り組みはこちらから
日本文学文化学科 文化芸術専攻の取り組みはこちらから

心理学科 

心理学科の取り組みはこちらから

子ども発達学科

 
こども発達学科の取り組みはこちらから

シリーズ「免許・資格」と進路

各学科の特色ある「免許・資格」の取得をとおして、相手の育ちに寄り添いながら、その自立を支援するための心と技術を身につけることができます。学生一人ひとりの育ちに寄り添い、「免許・資格」の取得と各学科の専門的な学び、そして卒業後の進路とのつながりを充実させています。



日本文学文化学科 日本文学専攻の特色はこちらから
日本文学文化学科 書道専攻の特色はこちらから
日本文学文化学科 文化芸術専攻の特色はこちらから
心理学科の特色はこちらから
こども発達学科の特色はこちらから
 
投稿者: kodomo 投稿日: 2022/03/22 10:35
こども発達学科では、3月11日(金)に3年生向けの就職ガイダンス『就職報告会』開催しました。


【写真】就職報告会の様子

就職報告会では、それぞれ公務員(保育士・保育教諭)、私立保育所・幼稚園、施設保育士(乳児院)、一般企業に進路が決まった4年生8名が登壇しました。

 
【写真左右】登壇した8名の4年生 


【写真】メモを取りながら真剣に話を聞く3年生 

4年生担任の上村明准教授と3年生担任の金井智恵子准教授の司会進行により進められ、4年生は、後輩に向けて「就職を意識し始めた時期や気持ちの変化」「今の進路を考えたきっかけ」「採用試験の勉強方法や対策」「就職活動対策」など、自身の経験をもとに具体的なアドバイスとエールを送りました。3年生は、先輩の話にメモをとりながら真剣に耳を傾け、終了後も教室に残り各先輩と連絡先を交換する等、先輩と積極的に交流する姿がみられました。

それぞれが、希望の進路に進めるよう、こども発達学科の先輩・卒業生・教職員一同応援しています!

こども発達学科の学びについてはこちらから
こども発達学科のチバテレ制作による学科紹介動画はこちらから

春のオープンキャンパスウィーク 予約受付中! 詳細はこちらから

投稿者: kodomo 投稿日: 2022/03/14 18:52
3月13日(日)・19日(土)の2日間に亘って開催される、札幌市主催の「保育士就職支援セミナー」に、こども発達学科の小山朝子准教授が講師として登壇します(オンライン開催)。対象は札幌市在住・在勤の方で、これから保育士として働き始める方、ブランクがある方、保育の仕事に興味や不安がある方、保育士をめざしている方など。保育士の仕事の不安解消やスキルアップにつながるセミナーです。


(クリックするとPDFが開きます)

こども発達学科の学びについてはこちらから
こども発達学科のチバテレ制作による学科紹介動画はこちらから

只今、春の体験プログラムの申し込みを受付中!
こども発達学科では、3月28日(月)に「こどもの発達から保育教材について考えよう!」と題して、子どもの発達について理解を深め、保育教材の選び方や使い方について体験を通して考える体験授業を用意しています。理論編と実践編で理解を深めます。将来、幼稚園教諭や保育士をめざしている高校生の皆さんん、ぜひ参加していただきたいプログラムです。
詳細はこちらから
投稿者: kodomo 投稿日: 2022/02/18 10:59
こども発達学科では、学生一人ひとりが希望する進路に進めるよう、教職員や卒業生が一丸となってサポートをしています。大学院への進学を希望する学生は、あまり多くはありませんが、大学院の情報を集め、担任や教職員と進路相談を重ねながら進路を考えていきます。受験にあたっては、学科教員のサポートを得ながら、英語の勉強だけでなく、面接や研究計画書の対策を行います。

2021年度の11期生(2018年度入学生:現4年生)においては、卒業予定者62名中2名が国立大学の大学院への進学を希望し、第一志望の大学院から合格をいただくことができましたので紹介します。

進学を希望した学生の大学院合格率  100%(2/2名)

合格した大学院(2022年2月15日現在)

(国立大学法人)千葉大学大学院 教育学研究科
(国立大学法人)上越教育大学大学院 学校教育研究科

※上越教育大学大学院は、2021年度から本学と協定を結びました。そのため成績や大学生活等一定の基準を満たした場合には、学長推薦(学内選考)により筆記試験が免除され、入学試験を受けられるようになりました。

卒業後、大学院で高度な知識と実践力を身に付け、Society5.0時代に生きる子どもに向けた、保育・教育の中心的な人材として活躍することを期待しています。

こども発達学科の学びについてはこちらから
こども発達学科のチバテレ制作による学科紹介動画はこちらから

入試相談・学校見学は随時受付中です! 詳細についてはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 >>

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube