和洋女子大学|学部・学科|こども発達学科|こども発達学専攻|将来像~卒業生の活躍

将来像~卒業生の活躍

和洋で学んで成長していった先輩たちの、社会で活躍する姿をご紹介します。

青戸福祉保育園 保育士

佐藤 菜摘さん

現 こども発達学科

2016 年3月卒業



実際の保育の現場のイメージができて、子ども目線で楽しめる授業が豊富でした
造形表現の授業で作った手遊びや折り紙をまとめたノートは、いまでも見返して日々の保育に取り入れています。また、乳児についての授業で、オムツの替え方や包帯の巻き方などを教わったことも、実践でとても役立っています。

和洋では、自分たちで台本や衣装を作って劇を発表する授業やカプラ遊び・劇団の方たちとの体験授業など、自分が子ども目線で楽しめる授業がたくさんあり、4年間の学びの中で子どもたちの気持ちを知ることができたように思っています。

日々、子どもの気持ちに寄り添いながら、どんなに小さな発見や想いでも一緒に喜んだり、楽しんだりできる保育士になりたいと思っています。

       

公立幼稚園 勤務
齋田 愛美さん
人文学群 心理・社会学類 人間発達学専修 こども発達支援コース
2013年3月卒業

幼稚園教諭として子供たちの成長を感じながら、 充実した毎日を送っています

幼稚園教諭になりたいという夢があり、幼稚園教諭の免許を取得できる大学を探していました。また、近年は保育士のニーズも多いので、同時に保育士免許もとりたいと思い、2つの資格がとれる和洋女子大学を選びました。在学中にたくさんの実習を経て、実際に現場に立てたことはとても貴重な経験だったと、今、改めて思います。振り返ると、本当に大変な4年間でしたが、実習での経験が少しずつ、自分の自信に繋がっていきました。授業では、劇団や講師の先生に来て頂いて、様々な分野の講義を聞くことができたり、歌やダンスを考え、小道具や衣装まで手作りしたオペレッタなども貴重な経験だったと思います。また、ピアノの台数も多く、造形室やプレイルームなど、たくさんの施設があり、それらを空いている時間には気軽に使えたこと、施設や設備が充実していたことも、とても良かったと感じています。

就職活動の際には、面談で自分の希望を先生にじっくり話を聞いて頂きました。私立を希望する場合には、一人ひとりにあった園を先生方が紹介してくださいます。音楽も造形も面接も、先生方が全面的にサポートしてくださるので、安心して就職活動に望むことができたと思っています。入学前には、大学は高校とは違い、人間関係は「広く浅い」というイメージを持っていました。でも実際はその真逆! 和洋女子大学は規模が小さいからこそ、人と人との距離が近いです! 先生方や友人との距離が近いところが和洋の一番ステキなところだと思います。免許取得にあたっては、大変なこともありましたが、温かい友人たちや先生方の強い支えがあったからこそ、乗り越えることができたと思っています。

現在は公立幼稚園で働いています。行事も多く、課題に追われることもありますが、子供たちの成長を感じながら、充実した毎日を送っています。

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube