和洋女子大学|和洋女子大学での学び方

和洋女子大学での学び方

学びのポイント

めざすのは、「女性の多様な生き方に応えられる教育システム」の実現。

POINT1 共通総合科目を強化し、
グローバルな人材を育成。

社会や経済のグローバル化に伴い、現代のビジネスシーンでは「人とつながることで新しい価値を生み出す力」が求められています。和洋女子大学では、専門教育や資格取得支援に力を入れるとともに、それらの土台となる教養教育( 共通総合科目)をこれまで以上に充実。国境を越え、幅広い世代と豊かなコミュニケーションを交わすことができる人間的かつ知的な魅力を備えた、真に社会で必要とされる人材の輩出をめざします。

POINT2 自分の働き方や生き方を
考える、キャリア教育。

就職活動を経て、企業に就職することだけがキャリアではありません。和洋女子大学が実施しているのは、就職・結婚・出産・育児などの人生の節目を見据えて「生涯にわたるキャリア」に対するビジョンを持つためのキャリア教育。仕事と生活の調和をめざす「ワークライフバランス」を意識しながら、自分の生き方、働き方を考えるためのキャリア教育の授業を1・2 年次から実施し、学生たちのキャリア意識を高めていきます。

POINT3 双方向型授業、グループ学習、
アクティブに学ぶ新スタイル。

学生からも発言・発信できる「対話型」「双方向型」の授業や、グループで意見交換や討論、プレゼンテーションなどを行う「グループワーク型」の授業を大幅に増やします。自ら考え実行する力、結果を検証する力など、一方的に講義を聴いているだけでは身につかない能力を養成します。

POINT4 さまざまな場所に、
学びのスペースを設置。

授業以外でも気軽に教員からの指導が受けられるよう、また学生が予習・復習などの自主学習を行えるよう、学内のさまざまな場所に学びのフリースペースを設置。オープンPCエリアやメディアセンターへ学生がアクセスしやすくすることで、学びの幅はさらに広がります。

学びのシステム

学びのシステム

教養教育

総合的な判断力と豊かな人間性の育成をめざす
幅広い教養を育むための多彩な教養科目を設置しています。

専門教育

学びのスタイルが選べる、柔軟性の高いカリキュラム
国際学類と日本文学文化学類では、2年次に進級する時に専修を決めることができるシステムを採用しています。

副専攻制度

他学類の科目を体系的に履修できる
自分が所属する学類以外の科目を、第2の専門として体系的に履修できる制度です。

単位互換制度

和洋にはない分野も学んでみたい
そんな学生のみなさんの知的好奇心に応えるのが、単位互換制度です。

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube