和洋女子大学|学部・学科|日本文学文化学科|日本文学文化学科:トピックス

日本文学文化学科:トピックス

2014/12/20

日本文学文化学会 講演会 を開催いたしました。

今年度の日本文学文化学会講演会は、春成秀爾氏(国立歴史民俗博物館名誉教授)を講師にお迎えして11月25日に開催致しました。

演題は『箸墓古墳と女王卑弥呼』で、炭素14年代による築造年代などの検討から箸墓古墳を卑弥呼の墓と捉え、この箸墓古墳と吉備地域との関係性から被葬者の卑弥呼の出自を吉備と推測し、箸墓や吉備で出土する弧帯文を吉備勢力の祖先の龍を表すものと論じられました。卑弥呼像に対する新しい視点であり、たいへん興味深いご講演でした。

講演会に引き続き、18階ラウンジにて懇親会を開催いたしました。
春成先生を囲み、ケーキやお茶をいただきながら、採集直後に発掘場所の記録をとっておくことの重要さ、日本列島における大型動物の絶滅の原因についてお話を伺うことができ、参加した学生達も熱心に耳をかたむけていました。


受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube