和洋女子大学|学部・学科|日本文学文化学科|日本文学文化学科:トピックス

日本文学文化学科:トピックス

2014/07/01

平成26年度 日本文学文化学会 研究発表会 を開催しました

今年度の日本文学文化学会研究発表会では、4月より本学の専任となられた木村尚志助教の研究発表が行われました。
題目は「宗尊親王への順徳院の影響」で、朝廷と幕府の間で様々な経験をした歌人宗尊親王の歌の、やはり幕府と対立し悲劇的な運命をたどった大叔父・順徳院の和歌からの影響について、実際の作品に即して表現内容と技法・語彙などさまざまな面から詳しく分析され、心と形式(型)が「稽古」という営みを通して現成するという「歌」論が展開され、学生時代から謡曲に打ち込まれている木村助教ならではの発表でした。
多数の一般来聴者もあって、会は盛況の内に終了しました。


受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube