和洋女子大学|学部・学科|日本文学文化学科|学科ブログ

学科インフォメーション

日本文学文化学科

名前: nihonbungaku 作成日: 2014/02/06 16:49
日文ブログ

投稿者: nihonbungaku 投稿日: 2018/11/16 12:42

福島県の須賀川市芭蕉記念館で開催されている、相楽等躬生誕380周年企画展「須賀川俳諧の祖―その名は等躬」では、今年、新たに市指定有形文化財指定された「芭蕉・曽良・等躬三子三筆詩箋」、「相楽等躬直筆短冊」をはじめ、須賀川俳諧の流れをくむ俳人らの関連作品や資料が展示されています。この「芭蕉・曽良・等躬三子三筆詩箋」は、等躬の家に滞在中の芭蕉と弟子の曽良、そして等躬の3人の句が直筆で書かれていて、数年前に発見された歴史的にも貴重な作品。その鑑定を日本文学文化学科の佐藤勝明教授が行いました

佐藤教授は、「研究者が、誰一人、疑わなかった。一目、写真を見るだけでも、これは芭蕉の『真筆』に間違いないだろうと。私も実物を見て、そのことを確信しましたし、それは曽良・等躬のものも同じです」とコメントしています。

福島テレビでの放送の様子はこちらから

相楽等躬生誕380周年企画展「須賀川俳諧の祖―その名は等躬」
会期:11月1日(木)~12月8日(土)

投稿者: nihonbungaku 投稿日: 2018/11/09 18:10
――――追記―――――
無事終了いたしました!ご来場いただきました皆さま、ありがとうございました!
学生による報告記事はこちらから。
ぜひご覧ください!
―――――――――――

文化芸術専攻の学生有志が、インターナショナルアートイベント デザインフェスタに出展します!




11月11(日) 11:00~19:00
東京ビッグサイト 西ホール
E-72,73,74 ブース


・授業紹介
 文化芸術の授業を学生がピックアップ!実際に受けた授業を学生視点でご紹介します!
・学生活動紹介
 産学連携等の学生の活躍をご紹介します!
・オリジナルグッズ販売
 ポストカード、しおり、ハンドメイドアクセサリーなどを中心に、個性豊かなオリジナルグッズを販売します!
・ポートフォリオ展示
 大学に入学してからの作品をまとめたポートフォリオです。ご自由にご覧ください!

などなど、他にも様々ご用意してお待ちしております。文化芸術専攻についてなど、気になることはお気軽に何でも聞いてください!

皆様のご来場をお待ちしております。

文化芸術専攻の学びについてはこちら
文化芸術専攻Twitter
投稿者: nihonbungaku 投稿日: 2018/11/05 14:23
日本文学文化学科 書道専攻の湯澤聡教授が、改組 新 第5回 日本美術展覧会・第5科「書」の部門において 「特選」を受賞しました。

「日展」は日本を代表する総合美術展覧会(「日本画」「洋画」「彫刻」「工芸」「書」)であり、特に第5科「書」の 部門は応募点数8,543点の中での入選数は1,041点と入選率は約1割強という厳しい展覧会です。 「特選」はその中で10名にのみ与えられる、栄誉ある賞と言えます。

改組 新 第5回「日展」の会期は下記の通りです。是非ご覧下さい。

≪会期≫平成30年11月2日(金)~11月25日(日)
      〔休館日〕毎週火曜日
      〔観覧時間〕午前10時~午後6時(入場は午後5時30分まで)

≪会場≫ 国立新美術館
      東京都港区六本木7-22-2

日展についての詳細はこちらから
投稿者: nihonbungaku 投稿日: 2018/10/24 16:56
和洋女子大学日本文学文化学科 書道専攻の井上清徳教授(号:清雅)が、改組 新 第5回 日本美術展覧会・第5科「書」の部門において 「日展会員賞」を受賞しました。
「日展」は日本を代表する総合美術展覧会(「日本画」「洋画」「彫刻」「工芸」「書」)であり、特に第5科「書」の 部門は応募点数8,543点の中での入選数は1,041点と入選率は約1割強という厳しい展覧会です。 日展会員は特選を2回受賞した後、日展審査員を経て会員となります。「日展会員賞」はその会員の中から高い評価を得た1人にのみ与えられる大変名誉ある賞です。

◎鑑査、審査、陳列及び会員賞について(以下公益社団法人 日展規則より抜粋)
 第2章 鑑査、審査、陳列及び授賞の種類
 …第5 条 次の各号の一に該当する者の各専攻技術による作品については、鑑査を経ることを要しないものとする。
  (1) 公益社団法人日展の会員
  (2) 公益社団法人日展の顧問
  (3) 公益社団法人日展の準会員
  (4) 前年度の展覧会における特選受賞者
 …第10 条 第5 条第1 号の規定に該当するこの法人の会員の陳列された作品については、選考のうえ、日展会員賞を授与することができる。…以下略

改組 新 第5回「日展」の会期は下記の通りです。是非ご覧下さい。

≪会期≫平成30年11月2日(金)~11月25日(日)
      〔休館日〕毎週火曜日
      〔観覧時間〕午前10時~午後6時(入場は午後5時30分まで)

≪会場≫ 国立新美術館
      東京都港区六本木7-22-2

日展についての詳細はこちらから
投稿者: nihonbungaku 投稿日: 2018/10/24 16:49
現 日本文学文化学科 書道専攻の卒業生4名が「改組 新 第5回 日展 5科(書)」部門において入選を果たしました。
入選された方は以下のとおりです。
 
椎名 桃華(香)さん 〈入選5回目〉
(平成4年度 国文学科卒業)

塚原 楊華(美幸)さん 〈入選4回目〉
(平成2年度 国文学科卒業)

伊能 柳華(千恵)さん 〈入選4回目〉
(平成11年度 国文学科卒業)

加藤 杉華(えりな)さん 〈初入選〉
(平成23年度 日本文学・文化学類 文化総合芸術専修 書道コース卒業)

作品は、国立新美術館(六本木)にて、平成30年11月2(金)~11月25日(日)の期間、展示されます。どうぞご覧ください。
日展についての詳細はこちらから
投稿者: nihonbungaku 投稿日: 2018/10/20 13:32

《平成30年度 第16回 和洋女子大学競書大会》を下記の要領で作品を募集いたしました。
本大会に多大なご理解、ご協力をいただき誠にありがとうございました。
ここに、第16回 和洋女子大学競書大会の結果<団体賞・文部科学大臣賞・読売新聞社賞・毎日新聞社賞・学長賞・後援団体奨励賞(全国書美術振興会奨励賞・全日本書道連盟奨励賞・全日本書写書道教育研究会奨励賞)・審査員奨励賞>のご報告と展示・表彰式のご案内をいたします。

         記
  
募集資格: 小学生・中学生・高校生
部  門: 毛筆の部(半切・半紙)
      硬筆の部
作品受付: 平成30年9月21日(金)~9月28日(金)

審査結果はこちらから

表彰式・展示

表彰式: 和洋女子大学 西館1-4
      平成30年11月17日(土)14:00~
展 示: 和洋女子大学 文化資料館(東館17階)/書道室1・2(東館8階)
      平成30年11月17日(土)~18日(日)10:00~16:00

授与は、団体賞・文部科学大臣賞・読売新聞社賞・毎日新聞社賞・学長賞・後援団体奨励賞(全国書美術振興会奨励賞・全日本書道連盟奨励賞・全日本書写書道教育研究会奨励賞)・審査員奨励賞ご受賞の方々です。
 展示は、文部科学大臣賞・読売新聞社賞・毎日新聞社賞・学長賞・ 後援団体奨励賞(全日本書美術振興会奨励賞・全日本書道連盟奨励賞・全日本書写書道教育研究会奨励賞)・審査員奨励賞・特選受賞作品です。 また、金・銀・銅賞・佳作を受賞された作品は、出品団体ごとに閲覧できます。
※会場はどなたでもご自由にご覧いただけます。

今後とも、本大会におきましてご指導ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

【お問い合せ先】(月・火・土 10時~17時)
和洋女子大学 競書大会事務局 TEL:047-371-1376

投稿者: nihonbungaku 投稿日: 2018/10/10 15:38

日本文学・文化学類 文化総合芸術専修 文化芸術コース(現:日本文学文化学科 文化芸術専攻)※の卒業生が「さくらのバトルコスチュームデザインコンテスト」でグランプリを受賞しました。グランプリ作品のタイトルは「ほうき星」。卒業生の方はペンネーム「秋穂」さんでエントリーされています。グランプリのデザインは実物を製作して、10月26日(金)から六本木ヒルズ 森アーツセンターギャラリー(森タワー52階)で開催される『カードキャプターさくら展 -魔法にかけられた美術館-』に展示されます。
(※2018年4月より、和洋女子大学は学群・学類から学部・学科に名称変更しました)

<「カードキャプターさくら」とは?>
1996年6月号から2000年8月号にかけて月刊少女まんが誌「なかよし」にて連載された作品。単行本の他、イラスト集やクロウカードセットなどの関連書籍も多く、1998年から2000年にかけてNHKでアニメ化もされ、数多くの関連グッズも発売されている。
公式サイトはこちらから


投稿者: nihonbungaku 投稿日: 2018/10/09 14:17
日本文学文化学科 文化芸術専攻が主催する、わようマンガビエンナーレ「さかもと未明 マンガ賞」の「一般の部(中学生以上)」と「小学生の部」の2部門の入賞作品をご紹介します。

■一般の部

 大 賞 『生まれ変わっても』 伊藤あすか(日本文学文化学類 文化芸術専修4年生)※
 優秀賞 『おやすみ東京』 小池菜波(日本文学文化学類 文化芸術専修4年生)※
 佳 作 『ベジタブルブラザーズ』 松田奈緒美(一般)
 佳 作 『捨てた猫に拾わされた』 京谷真帆(日本文学文化学類 文化芸術専修3年生)※
 佳 作 『トミカ』 牧野紗也(日本文学文化学類 文化芸術専修2年生)※
 佳 作 『ここで会ったが百年目』 元氏あやね(日本文学文化学科1年生)

 (※2018年4月より、和洋女子大学は学群・学類から学部・学科に名称変更しました)

■小学生の部

 大 賞 『いつもにぎやかエナとナオ』五十嵐絵菜(小学6年生)
投稿者: nihonbungaku 投稿日: 2018/10/01 16:25

今年度も書道専修()3・4年生の必修科目である書道特殊演習A・Bが9月3日(月)から5日にかけて佐倉セミナーハウスにて実施されました。
2018年4月より、和洋女子大学は学群・学類から学部・学科に名称変更しました)

書道専修3年生は古典学習から創作へのステップとして「倣書」について学習していきます。


↑授業の様子

書道専修4年生は古典に準拠した創作作品の創作を行います。この作品は卒業論文のテーマに合わせた作品の制作となり、卒業展覧会におけるメイン作品となります。


↑書道専修4年石井里実さんの作品選定風景
4尺×8尺(106㎝×228㎝)の紙を使用し、造像記風の大字を書き上げます。


↑書道専修4年生間宮姫香さんの作品選定風景
2尺×8尺(53㎝×228㎝)の紙を使用し、五言絶句を徐三庚風に書き上げます。

↑授業の様子

書道専攻の学びはこちら
投稿者: nihonbungaku 投稿日: 2018/08/30 15:40
8月26日、イオンタウンユーカリが丘の「イオンタウンホールB」にて、日本文学文化学科 文化芸術専攻が主催する、わようマンガビエンナーレ「さかもと未明 マンガ賞」の表彰式を行いました。今回のマンガ賞の作品募集では「一般の部(中学生以上)」と「小学生の部」の2部門を設定、応募総数は54点でした。本学の学生も多数、応募しました。

 
【写真】「一般の部」で大賞を受賞した、本学の日本文学文化学類 文化芸術専修4年 伊藤あすかさん

<受賞者氏名一覧>
■一般の部
 大 賞 伊藤あすか(日本文学文化学類 文化芸術専修4年生)
 優秀賞 小池菜波(日本文学文化学類 文化芸術専修4年生)
 佳 作 松田奈緒美(一般)
 佳 作 京谷真帆(日本文学文化学類 文化芸術専修3年生)
 佳 作 牧野紗也(日本文学文化学類 文化芸術専修2年生)
 佳 作 元氏あやね(日本文学文化学科1年生)

 (2018年4月より、和洋女子大学は学群・学類から学部・学科に名称変更しました)

■小学生の部
 大 賞 五十嵐絵菜(小学6年生)


当日は、讀賣新聞と市川ケーブルテレビ J:COMの取材がありました。表彰式の後には、さかもと未明氏より、作品の講評やこれからマンガ作家をめざす人へのアドバイスなども行なわれました。

日本文学文化学科 文化芸術専攻の学びについてはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 >>

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube