メニュー 閉じる

人文学部
日本文学文化学科
日本文学専攻

日本文化の担い手となるべく、
文学・言語・文化・芸術の豊かな
世界を探求する

国際化の時代を迎えた今こそ、自国の文学・言語や文化・芸術を深く理解することが求められます。
日本文学文化学科では、日本の文学や日本語の豊かな世界を見つめ、
美に対する感性を論理的に表現する知性を養い、分析し、思考し、創造する能力を磨きます。

動画で見る日本文学文化学科

日本文学文化学科の学科説明や施設紹介の動画はこちらからご覧頂けます。

日本文学文化学科の学び
日本文学専攻

文学を深く読み解き、
文学から日本を見つめる

上代から現代にいたる日本の文学作品を理解し、それぞれの時代に生きた日本人の思想や感性を学びます。さらに、講読や演習を通して作品の本質を見抜く力を身につけ、ことばのエキスパートとしての人材を育成します。

FOUR YEARS OF LEARNING

4年間の学び

日本文学文化学科 日本文学専攻の4年間のカリキュラムをご案内します。

1~2年次

専門的に学ぶための素地として日本の文学と文化を幅広く知る

初年次教育として、日本の文学や日本語の表現、文化・芸術や書道の基礎を広く学びます。同時に、3年次からの専攻の選択に向けて、興味・関心のある分野は何かを考え、自らの方向性を探ります。

3~4年次

関心・問題意識に応じた専攻を選択し、学ぶ

上代から現代にいたるさまざまな時代、ジャンルの文学作品を読解し、それぞれの時代に生きた人の感性や思想を学び、言語に対する鋭敏な感覚を養います。

将来像

国語科教諭、日本語教員、司書・学校図書館司書教諭、博物館学芸員などの他、一般企業やマスコミなどの進路をめざせます。

LEARNING POINT

学びのポイント

様々な時代の文学を幅広く学べる! 専攻の学びのポイントをご紹介。

様々な時代の文学を幅広く、深く学べる

『万葉集』に代表される上代の作品にはじまり『源氏物語』や『古今集』から松尾芭蕉、さらに夏目漱石、芥川龍之介に至る近代・現代の作品まで幅広い年代の文学を学ぶことができます。各時代にわたる作品を体系的に理解することが可能です。

関連領域を学んで日本文学への理解を深める

文学作品を理解する上で必要となる、関連領域についても学びます。「日本語学」「漢文学」「民俗学「」書誌学」に至るまで、幅広い知識を得られるカリキュラムを用意。作品をより多角的に読み解くことができるようになります。

社会で求められる「正しい日本語能力」を育む

日本語を正確に操る能力が社会的に求められています。本専攻では、日本語を読む力、話す力、書く力を習熟することで、生きた表現力を養います。また、日本語による表現力や自己発信能力を高めることができる、幅広い科目を用意しています。

充実した関連科目で多角的な研究が可能

日本語の本質を解明する専門科目に加え、関連する領域の科目も充実しています。また、他の専攻で開設されている科目を横断的に履修することも可能。多彩な知識を身につけることで、幅広い視点を持った表現者をめざすことができます。

CLASS INTRODUCTION

ピックアップ!授業紹介

日本文化の豊かさを学ぶ、和洋ならではの授業をご紹介。

日本語表現の学び

日本文学専攻では日本語という言語やその表現についても探求しています。例えば、映像表現と比較して日本語表現の奥深い魅力を発見し、より豊かな言葉や表現による発信の可能性を探る、そんな授業も行っています。

PICK UP 科目

日本文学文化セミナー

1年次の5月に佐倉セミナーハウスで行われる1泊2日の集中講義(必修科目)。毎年、共通テーマを設定し、そのテーマに基づいた個別の講義を受講します。大学の授業に対する姿勢や心得を身につけます。

表現実践演習

様々な場面に応じて求められる高度な日本語運用能力(読む、聞く、話す、書く)を身につけることを目標とした授業です。多様なプレゼンテーションの場面に参加しながら、表現能力の向上をめざします。

日本文学特殊演習

上代から現代にいたる日本の文学作品を丁寧に読み解き、自分自身の考えをまとめ、発表します。議論を積み重ねることで、様々な時代や社会に生きた人々の思想や感性、表現方法についての理解を深めます。

GRADUATION THESES AND PROJECTS

卒業論文・卒業制作

大学4年間で学んだ集大成。卒業論文・卒業制作の取り組みをご紹介。

4年次には、4年間の集大成として、専門の教員から指導を受けながら、卒業論文・制作に取り組みます。
ここでは卒業論文のテーマや、卒業制作の一部をご紹介します。

卒業論文タイトル例

令和3(2021)年度
  • 「鬼の姿形――南北朝時代以前の統一イメージを持たない鬼を中心に――」
  • 「義経の女性たち――静御前と郷御前――」
  • 「『源氏物語』 第二部主人公は誰か――朱雀院・光源氏を通して見る柏木像――」
  • 「『猿蓑』と『奥の細道』の共通句について」
  • 「源氏鷄太論――晩年の作風の変容を中心に――」
  • 「泉鏡花「海神別荘」――公子が男性である意義――」
  • 「小川糸論――女性の関係に着目して――」
  • 「明治期における外国地名表記――『あめりか物語』を資料として――」
  • 「外国人から見た江戸時代後期の待遇表現――アーネスト・サトウ『会話篇』から――」
    (旧日本文学専修と旧日本語表現専修を統合して記載)
令和2(2020)年度
  • 「『源氏物語』における『伊勢物語』の引用について 若紫巻と伊勢章段を中心に」
  • 「二次創作から見る『源氏物語』」
  • 「『和泉式部日記』における「女」表現」
  • 「『伊勢物語』における表現方法と人物の特色について」
  • 「『南総里見八犬伝』における信乃と見八について」
  • 「夏目漱石『三四郎』の迷羊」
  • 「芥川龍之介 「鼻」での傍観者の利己主義の解釈について」
  • 「宮沢賢治『水仙月の四日』における自然描写と人物表現」
  • 「乱歩作品における特殊嗜好と視覚表現」
  • 「夢野久作『押絵の奇蹟』論」
  • 「太宰治『新釈諸国囃』論 原典との比較と分析」
  • 「同一作品が漫画、アニメ、舞台になったときの表現方法の違いについて」
  • 「若者言葉の流行について」
    (旧日本文学専修と旧日本語表現専修を統合して記載)
令和元(2019)年度
  • 『古事記』草薙剣論 ─草薙剣の武力の象徴性について─
  • 「形代」としての浮舟 ―『源氏物語』宇治十帖論―
  • 藤原頼長研究
  • 『雨月物語』の女性たち
  • 『三四郎』論 ―挑発から読み解く美禰子像
  • 日常と怪奇の融合について ―芥川龍之介『奇怪な再会』を読んで―
  • 上橋菜穂子『獣の奏者』論 ―原作小説と映像化作品との比較から―
  • 有川浩『植物図鑑』における恋愛表現の分析
  • 明治期の漢語のあり方 ―漢語のレベル差による層の調査―

奨励賞受賞題目一覧

令和2(2020)年度
  • 「『源氏物語』「夕顔」巻と『唐代伝奇』「任氏伝」の関係性について」
  • 「『徒然草』に見る兼好の女性観」
  • 「夢野久作「押絵の奇蹟」論」
  • 「媒体変化による〈齟齬〉をめぐって シナリオ省略の観点から」
    (旧日本文学専修と旧日本語表現専修を統合して記載)
令和元(2019)年度
  • 『古事記』黄泉の国神話における呪的要素一考
  • 『古事記』における少名毘古那神の存在 ―記紀や同時代文献を通しての考察―
  • 『源氏物語』における藤壺像
  • 蒼月海里作品における異世界ファンタジー分析
  • 『人でなしの恋』~パラフィリアの世界~
  • 『三四郎』論~挑発から読み解く美禰子像
  • 映画『STAR WARS』における字幕翻訳の分析と考察
平成30(2018)年度
  • 泉鏡花『茸の舞姫』論―杢若と実母の死―
  • 有川浩『阪急電車』における原作と映像の表現方法の違い
  • 『万葉集』の中の萩について
  • 乱歩の描く人間の類似性―『屋根裏の散歩者』より
  • 『獣の奏者』に於ける映像と原作の比較
  • 同一作品が小説、アニメ、漫画、実写になった際の表現方法による印象の違いについて
  • 『猿蓑』冬の発句部における時雨十三句についての一考察
  • 「形代」としての浮舟―『源氏物語』宇治十帖論―
平成29(2017)年度
  • 谷崎潤一郎と関西方言―『卍』改定の理由と成果―
  • 日本文学と感情表現について―「鼻」を用いての自己の感情との対峙試案―
  • 「イーハトーボ農学校の春」―あの四月の実習のはじめの日
  • 寺山修司「田園に死す」論―<地獄>の表現と《母》の表象―
  • 明治期の漢語のあり方―漢語のレベル差による層の調査―
  • 近代日本の<脱亜入欧>に対する漱石の想い―『夢十夜』「第七夜」を中心に
  • 『堤中納言物語』『貝あはせ』について
  • 現代における擬音語・擬声語などについて

研究室・ゼミ一覧

LICENSES AND QUALIFICATIONS

めざせる免許・資格

在学中にめざせる免許・資格をご紹介。

中学校教諭一種免許状(国語) / 高等学校教諭一種免許状(国語・書道) / 日本語教員 / 学校図書館司書教諭( 任用資格)/ 司書(任用資格) / 博物館学芸員(任用資格) など

さらに詳しい情報は「めざせる免許・資格」で紹介しています。

めざせる免許・資格

先輩たちの就職活動レポートも紹介しています。

就職活動レポート

QUESTIONS AND ANSWERS

学科Q&A

学科に関するよくあるご質問。

日本文学専攻では、どんな作品にふれることができますか?
『万葉集』や『源氏物語』、松尾芭蕉などの古典文学や、夏目漱石、森鴎外、芥川龍之介、川端康成など近現代の作家の作品まで、幅広い作品が対象です。様々な作品を読解することを通じ、豊かな感性と教養を養います。
どんな勉強をしたい学生が向いていますか?
日本文学に興味がある学生はもちろん、「日本語ってどんな言語?」「この気持ちを正確に伝えるには、どう表現したら?」という疑問を持つ人や、日本語と日本社会との関わりについて深く考えたい人にもお奨めです。