メニュー 閉じる

教員紹介

教員詳細

国際学科

秦泉寺 友紀

(しんせんじ ゆき)

職名 教授
大学所属 国際学科
主な担当科目 グローバル社会論、エスニシティの社会学、ヨーロッパの社会と文化

研究室・ゼミ紹介

現在ヨーロッパや日本が直面している国際的な諸問題について学んだ上で、グローバル化の時代を生きる皆さんが自分の問題への関心を育て、「社会学」的に分析する力を身につけることをめざします。

「Chi va piano, va sano e va lontano.
「ゆっくり行く人が着実に遠くまで行く」といった意味のイタリアのことわざです。大学生活では、時に道草もしながら、自分の歩幅を確かめてほしいと思います。」

詳細情報

経歴(最終学歴・主な職歴) 東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得満期退学
外務省専門調査員(在イタリア日本国大使館)
東京外国語大学海外事情研究所研究員
専門分野 ナショナリズム・エスニシティの社会学
イタリア社会論
現在の研究課題 戦後イタリアのナショナリズム
現代イタリア社会における移民・難民問題
研究業績(主要3点)
  • 「イスラムはなぜ問題化されるのか――イタリアの排外主義の現状」(樽本英樹編『排外主義の国際比較――先進諸国における外国人移民の実態』ミネルヴァ書房,2018年)
  • 「イタリアの食とツーリズムからみるグローバル化――ローカル・ナショナル・グローバルな領域の交錯」(山田真茂留編『グローバル現代社会論』文眞堂,2018年)
  • 「『レジスタンスから生まれた共和国』――反ファシズムと戦後イタリアのナショナル・アイデンティティ」(佐藤成基編『ナショナリズムとトランスナショナリズム』法政大学出版会, 2009年)
社会的活動 日本社会学会会員、関東社会学会会員、イタリア学会会員
趣味 各種保存食作り
研究者情報システム http://kenkyu-web.wayo.ac.jp/Profiles/3/0000228/profile.html
その他