メニュー 閉じる

教員紹介

教員詳細

英語コミュニケーション学科

長妻 由里子

(ながつま ゆりこ)

職名 准教授
大学所属 英語コミュニケーション学科
主な担当科目 英語圏文化概論、映像化された英語文学の世界

研究室・ゼミ紹介

このゼミでは視覚表象を研究します。写真、絵画、映画、パフォーマンスなどの作品には、何が表現されているのか、映し出されているのかを、皆で考えます。卒論までに各自が興味のある作品や作家を見つけ、そこに読み取れる文化や社会を論考して行きます。

「Life is what happens to you while you’re busy making other plans. John Lennon “Beautiful Boy”
計画をたてていても、予想もしなかったことが突然起こります。そうした出来事が人生だとジョン・レノンは歌っています。何が起きてもきっかけにして前へ進めるように、大学で力をつけましょう。」

詳細情報

経歴(最終学歴・主な職歴) 筑波大学大学院博士課程文芸言語研究科単位取得満期退学 修士(文学)
ニューヨーク州立大学バッファロー校大学院博士課程修了 Ph. D(Visual Studies)
専門分野 視覚表象、クィア・アート
現在の研究課題 戦後日本のクィア・アート研究
研究業績(主要3点)
  • Queer Bodies in Eikoh Hosoe’s Photo Books: On Collaborations with Yukio Mishima, Tatsumi Hijikata, and Shimon Yotsuya   博士論文 (2022) 
  • “Decentralizing Japan: An Interpretation of Robert Rauschenberg’s  Tokyo”  和洋女子大学 英文学会誌57号(2022)
  • “On the Horizon of Japan: a (mis-) reading of Rauschenberg’s For John Cage”  筑波大学アメリカ文学会誌『アメリカ文学評論』25号  (2017)
社会的活動 日本写真芸術学会、表象文化論学会
趣味 アンティークの物を見たり集めたりすること。特に鏡。
研究者情報システム http://kenkyu-web.wayo.ac.jp/Profiles/14/0001323/profile.html
その他