和洋女子大学|一般・地域の方へ|一般・地域の方へ:トピックス

一般・地域の方へ:トピックス

2020/01/20

第9回いちかわ市民アカデミー講座「実は身近にある、環境に良いこと」を開催しました

1月11日、第9回「いちかわ市民アカデミー講座」(注1)が開催されました。講師は看護学科の永岡裕康講師、テーマは「実は身近にある、環境に良いこと」です。

 
写真:永岡講師

講座では、まず、地球温暖化の進行と、その影響が甚大であることを説明しました。そして、 現代の社会では、「ライフサイクルアセスメント」に沿って総合的な影響を評価していくことが求められていることを、電気自動車を例に挙げてグラフで丁寧に図示。最後に私たちにできることとして、「リデュース」、「リユース」、「リサイクル」の3RとSDGs(Sustainable Development Goals 持続可能な開発目標)を紹介し、プラごみ(コンビニ袋)削減のため、実際に新聞紙を使ってゴミ箱を作りました。
40名の受講生の方々には、「実は身近にある、環境に良いこと」を手を使って体験した貴重な講座となりました。


 
 
写真:講座の様子

次回のいちかわ市民アカデミー講座は2月8日(土)、テーマは「『沈黙の春』の著者レイチェル・カーソンの遺したメッセージ」、講師は国際学科の星野文子助教です。

注1「いちかわ市民アカデミー講座」・・・市川市が主催し、市内3大学(昭和学院短期大学、和洋女子大学、千葉商科大学)が講師と施設を提供して開催する講座です。受講生は、約1年をかけて各大学10回の講座と3大学交流講座(自由受講)を受講し、新しい知識の習得をめざします。
 

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube