和洋女子大学|一般・地域の方へ|一般・地域の方へ:トピックス

一般・地域の方へ:トピックス

2019/08/19

公開講座「発達障害の診断意義と発達支援について」を開催しました

8月10日、公開講座「発達障害の診断意義と発達支援について~ライフ・ステージの視点に基づいた最新の研究知見と臨床現場から~」を開催しました。この講座は、受講生を保育士・幼稚園教諭・小学校教諭資格をお持ちの方に限定した講座となっており、講師はこども発達学科の金井智恵子准教授です。

 
写真:講師の金井准教授

講座では、まず発達障害の様々な種類と特徴を解説しました。そして、幼少期に診断を受けることで児童・思春期に起きる問題を防止できる可能性に言及。早期診断・早期介入が、一人ひとりに合った「処世術」を身につける上で有効であるとデータで表しました。そして現在は乳幼児期のふるい分けと療育・家族支援が検討されている旨、紹介がありました。
24名の受講生の方々からは、「最新の情報や話が先生からきけて、とても勉強になりました」、「初めて参加させていただきましたが、とても勉強になりました。受講後、個別に先生に質問が出来て、ありがたかったです」、「20分位、参加されている方の意見等ディスカッションの時間がプラスであっても良かったかなと思いました」などの感想が寄せられました。現職の方の参加も多く、講座後の個別の相談にも長い列ができるなど、受講生の方々の熱意が感じられる講座となりました。

 
写真:講座の様子

次回の公開講座は8月31日(土)、国府台キャンパスで「クリスタルのブローチ~針と糸で織りあげるオフルームで作るビーズのアクセサリー~」(講師:高橋良子非常勤講師)を開催し、佐倉セミナーハウス会場では「日常に潜む心のダークサイド~逸脱行動の心理学~」(講師:小沢哲史教授)を開催します。

公開講座について、詳しくはこちらをご覧ください。 

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube