和洋女子大学|一般・地域の方へ|一般・地域の方へ:トピックス

一般・地域の方へ:トピックス

2018/12/25

「租税教室」を開催しました

12月21日、市川税務署の主催で「租税教室」を開催しました。これから社会人として活躍していく学生たちに向けて、納税意識の向上を図り、税金についての正しい知識を習得することを目的としています。

租税教室は、国際学類※2年生の専門教育科目「消費者経済論」(担当:国際学科 山下景秋教授)の中で実施し、履修学生のほか、興味を持つ学生たち計22名が参加しました。昨年度も別の講座内で実施しており、2回目の開催です。
(※2018年4月より、和洋女子大学は学群・学類から学部・学科に名称変更しました)

 
写真:講師の疋田税理士を紹介する山下教授(右)

租税教室第1部は、千葉県税理士会市川支部の疋田憲雄税理士を講師に、消費税に特化した内容で行われました。疋田講師は消費税の仕組みや非課税の取引、簡易課税など、概要を手作りのプリントと国税庁のパンフレットを用いてかみ砕いて説明し、アニメで租税の意義や役割を分かりやすく示しました。
また、第2部として、国税専門官の仕事と採用についての案内が行われました。東京国税局総務部人事第2課から野田順子氏が来校し、やりがいや働きやすさ、試験の日程などを紹介し、女性が長く働ける職業として学生たちに紹介しました。
目前 に迫った消費税の増税を前に租税に対して理解を深める、タイムリーな講座となりました。

 
写真左:第1部の疋田講師
写真右:第1部の様子

 
写真左:第2部で説明を担当した野田氏
写真右:第2部の様子 

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube