和洋女子大学|一般・地域の方へ|一般・地域の方へ:トピックス

一般・地域の方へ:トピックス

2018/06/04

和洋シニア・フォーラム 学長特別講座「ケアの視点で認知症を考える」を開催しました

6月1日、和洋シニア・フォーラム2018(注1)の第1回を開催しました。岸田宏司学長が学長特別講座として「ケアの視点で認知症を考える~認知症周辺症状との寄り添う視点~」の講演を行いました。

 
写真:講師の岸田学長

講座では、まず認知症と老化の違いを丁寧に説明し、中核症状と周辺症状(BPSD:心理・行動症状)に分けて認知症の症状を解説。そして、ケアする際の具体的な留意点を挙げて受講生に示しました。
また、質問を受けて「高齢社会で医療や介護の分野は著しく伸びている。日本の介護は世界に輸出できるレベル」と回答するなど、日本の介護の種類の豊富さにも言及しました。
講座後も講師の岸田学長は大勢の受講生に囲まれ、受講生の方々の、高齢者医療や介護への高い興味・感心が如実に表れた講座となりました。

62名の受講生の方々からは、「認知症に対しての理解と対応する智恵をもらいました。今後の生活に役立てていきたいと思います」、「目下、介護で苦労をし始めていますが、とても参考になりました。学んだ事を実行出来る様努力したいと思います」、「『ストレングス』を活用し、相手の尊厳を保つことの大切さを知りました」などの感想が寄せられました。

 
写真:講座の様子

次回の和洋シニア・フォーラムは6月8日(金)、テーマは「私の人生に意味はあったか~宇宙論と“私”の存在と“意味”の内実を再検証する~」、講師は全学教育センターの黒田誠准教授です。

注1)和洋シニア・フォーラム・・・65歳以上のシニア世代の方を対象に、2016年度から開催しています。シニア世代以外でも、テーマに興味のある方は参加できます。 

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube