和洋女子大学|一般・地域の方へ|一般・地域の方へ:トピックス

一般・地域の方へ:トピックス

2018/03/06

イオンタウンユーカリが丘で「和菓子づくり教室」を開催しました

2月24日、イオンタウンユーカリが丘(注1)で「和菓子づくり教室」を開催しました。講師は健康栄養学類の大河原悦子准教授です。

写真:講師の大河原准教授

ひな祭りを1週間後に控え、教室ではひな祭りの掛軸と桃や菜の花等でしつらえ参加者を迎えました。参加した小学生と保護者の方々に、まずは家政福祉学類の大石恭子准教授から学園の学びをご紹介。和洋学園では、昨年4月から中学・高校・大学が同じキャンパスで交流しながら学んでいます。その後、大河原講師が節句について解説し、「男雛」・「女雛」の練りきりづくりを開始しました。和菓子「練りきり」は、練りきり餡を材料として四季折々の風物を表現した、茶席などで使われる生菓子です。11組の参加者は、餡でできた土台を形づくり、衣をかぶせ、笏や扇を持たせた練りきりを、金箔やカラフルなミンツで思い思いに仕上げました。難しい部分は、調理学を専門分野とする大石准教授が丁寧にサポートし、低学年の子どもたちも無事完成。出来上がった練りきりは、抹茶を自分で点てて共に味わい、好評のうちに終了しました。
アンケートには、「短時間でも親子で楽しめて作れてとても楽しかったです」、「家でもお父さんやおじいちゃんに作ってあげたいです」、「おひなさまづくり楽しかったです。こんどあんを手づくりしていちご大ふくをつくってみたいと思います」などの感想が寄せられました。

 
写真:講座の様子

  
写真:ひな祭りのしつらいと作品見本

  
写真左:金箔やミンツで仕上げを行う様子
写真右:参加者の作品

注1)和洋女子大学では、2017年3月からイオンタウンユーカリが丘で展示やワークショップなどの連携活動を行っています。 

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube