和洋女子大学|一般・地域の方へ|一般・地域の方へ:トピックス

一般・地域の方へ:トピックス

2018/02/13

特別公開講座「高齢者と食生活 ~楽しく安全にいただくために~」を開催しました

2月8日、特別公開講座「高齢者と食生活~楽しく安全にいただくために~」を開催しました。講師は看護学部設置準備室の釜屋洋子准教授です。

写真:講師の釜屋准教授

講座では、まず、加齢にともない味覚、視覚、嗅覚などの感覚器の衰えから味付けや食習慣に変化をきたしたり、傷んだ食べ物にも気づきにくくなること、飲み込む力が弱くなることによって食べ物にむせたり、喉につかえやすくなるなど、高齢者の食事には誤嚥や食中毒の危険が潜んでいることを解説しました。
誤嚥を防ぐためには、パ・タ・カ・ラを発声するトレーニングや、食事の形態を工夫したり、とろみ剤を活用するなどの方法が有効、「むせるから食べない」のではなく、安全にいただける方法を選択することが大事。そして、食中毒も重症化すると高齢者にとっては生命にかかわるため、冷蔵庫を過信することなく、適切な保存、調理を心がける。ほかに、料理の彩りや盛り付けを工夫したり、季節感のある献立を取り入れて食欲を刺激し、家族や友人と一緒に食事をすることで食事を楽しみの一つにすることを提示しました。

写真:講座の様子

13名の受講生の方々からは、「自分自身の日常生活にたいへん役立ちました」、「嚥下体操はぜひ毎日実施したいと思いました」、「古希になり他人事ではなくなって来ました。栄養摂取には問題ありませんが誤嚥をするようになりましたので、本日の講義を参考にして気をつけたいと思います」などの感想が寄せられ、高い関心が伺える講座となりました。

なお、特別公開講座の今後の予定は次のとおりです。
2月15日(木)「健康と生活の質~自分の生活を見直し、高い生活の質を手にいれましょう~」
(会場:国府台キャンパス)  講師 看護学部設置準備室 渡邉知子教授
2月17日(土)「百花頌(ひゃっかしょう)」(会場:木内ギャラリー)  講師 和洋学園評議員 西内聖氏


受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube