和洋女子大学|一般・地域の方へ|一般・地域の方へ:トピックス

一般・地域の方へ:トピックス

2017/07/11

20歳を迎える学生たちに「年金セミナー」を開催しました

7月6日及び7日、家政学群共通科目「生活経営学(含生活経済学)」(担当:家政福祉学類 佐藤宏子教授)において、「リスク社会のライフデザイン」を学ぶ一環として年金セミナーを開催しました。講師は市川年金事務所お客様相談室の安藤裕子氏・同厚生年金適用調査課の安西蘭夢氏(6日)、同国民年金課の本間友貴氏・同厚生年金徴収課の菅谷由佳氏(7日)です。
 

写真:講座担当の佐藤教授

1時間のセミナーでは、公的年金制度の仕組みと種類、ライフステージと年金との関係、納付方法、学生納付特例制度などが、映像と説明で詳しく解説されました。
156名(7月6日・7日合計)の受講学生からは、「私は19歳。年金のことはもう他人事ではないし、親まかせではいけないと感じた」、「説明がわかりやすかった。知らなかったら絶対に損をしただろうし、年金に対するイメージが良くなった」、「年金と聞けば老齢年金をイメージしていました。でも、障害年金、遺族年金といった年金もあることを初めて知りました」などの感想が寄せられました。

 
写真:6日のセミナーの様子

   
写真:7日のセミナーの様子

国民年金は、日本に住む20歳以上60歳未満のすべての人が加入義務を負っています。20歳をこれから迎える、あるいは迎えたばかりの学生たちには、タイムリーで有意義なセミナーとなりました。 

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube