総合研究機構

総合研究機構

挨拶

和洋女子大学総合研究機構は、2016年4月1日に、和洋学園の専任教職員が中心となって共同研究を推進し、和洋女子大学に固有の研究テーマ、地域に密着した研究テーマ、国際的・学際的な研究テーマなどを追究することにより、和洋学園の研究と教育の充実・発展に寄与することを目的に創設されました。1897(明治30)年に創立された和洋裁縫女学院以来120年の歴史を継承する課題、現代日本の社会と地域から求められる課題、そして何よりも学園に学ぶ女性たちの豊かな生き方を生涯支援するための課題に対して取り組んでゆきたいと思っております。当面の研究プロジェクトは、(1)卒業生オーラルヒストリー・アーカイブ、(2)和洋女子大学卒業生調査による和洋女子大学の教育等の課題、(3)和洋九段中学校高等学校との連携事業《硯友社を中心とする近代文学アーカイブ》で、関連して公開研究会・講演会等を開催致します。併せて本学で取組んでいる産官共同研究・委託研究の把握を行っています。この研究機構を通して、本学の研究・教育の発展と、ここに集う女性の自立と生涯にわたる健康で豊かなライフスタイルの実現に寄与できるよう、歩んでゆきたいと思います。

和洋女子大学総合研究機構代表 金子健彦

 

  

卒業生オーラルヒストリー・アーカイブ

和洋女子大学は1897(明治30)年に、和洋裁縫女学院として創設されて以来、多彩な分野で活躍する多くの卒業生を輩出してきました。そこで、現在和洋女子大学に学ぶ女性たち、そして卒業生の方々に、そうした女性の先輩のライフヒストリーを伺うことで、励まされ、多様な人生の道筋を知って、それぞれの人の可能性をつかむために、またそれは和洋女子大学の歴史にとっても大事な宝として記録することに致しました。ここでは、お話しを伺い、それを記録するという方法をとり、「卒業生オーラルヒストリーアーカイブ」としています。2015年度のインタビューから、順次掲載してゆきます。これを見た方の中で、紹介したい卒業生がおられましたら、是非ご連絡下さい。
詳細はこちら            

和洋女子大学卒業生調査による和洋女子大学の教育等の課題

総合研究機構の最初の事業としても重要な位置づけとなる卒業生調査は、準備期間を経て、2016年に郵送調査を行い、集計・分析・報告書の作成・HP公開を行います。調査では、卒業後のキャリア、在学時代の経験、現在及び今後の生き方と、大学・同窓会等への要望等を聞いています。この調査結果に基づき、現在の和洋女子大学の教育・研究等、また卒業生に対する支援の課題と方策を明らかにするものです。          
           

和洋九段中学校高等学校との連携事業《硯友社を中心とする近代文学アーカイブ》

和洋九段女子中学校高等学校(以下、和洋九段)の敷地は、かつて尾崎紅葉が主宰する文学結社硯友社があった土地であり、千代田区教育委員会の硯友社跡の看板があります。かねてより和洋九段では硯友社、尾崎紅葉を中心とした資料蒐集が行われ、それらは学園記念室等に保存・展示がされています。これをさらに整備し、活用して、和洋女子大学と和洋九段の教育と研究に生かしていくことを目的として、高大連携プロジェクト(略称 硯友社プロジェクト)が発足しました。

                      

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube