和洋女子大学|トピックス一覧

トピックス一覧 


Topics

2021/03/18

令和2年度 和洋女子大学・和洋女子大学大学院 学位記授与式を挙行しました

3月18日、和洋女子大学並びに和洋女子大学大学院の学位記授与式を、学科・研究科ごとに教室に分かれて行いました。

卒業生・修了生の皆さんへ ~式辞~

和洋女子大学
学長 岸田宏司

本日、ここに学位記授与式を迎えられた皆さんに、和洋女子大学の教職員を代表して心よりお祝いを申し上げます。また、卒業される皆さんを支えてこられたご家族、関係者の皆様にも、お祝い申し上げます。

さて、およそ1年前に感染が拡大した新型コロナウイルスによって、私たちの生活は一変しました。人とのコミュニケーションが感染拡大を引き起こすため、活動のほとんどが制限される事態となり、「新しい生活」が模索された1年でした。大学の授業形態も変わり、学生活動も制限される中、皆さんは、新しい生活に適応し、学修や就職活動を継続して、こうしてここに学位授与式を迎えられることになりました。この1年間の皆さんの柔軟な対応と、しっかりとした学びに感謝するとともに、苦難を乗り越えて、学位を授与された皆さんに心から敬意を表します。

新型コロナウイルスは動物から人に移る人獣共通感染症と言われており、今後もこうしたウイルスによる感染症は増加する傾向にあると国連は報告しています。その背景には、動物の棲む領域に人が入り込み、野生動物と人が今までなかった接触をし、動物が生活する自然環境を変えたことで、人獣感染症が拡大したと指摘されています。つまり、今までの私たちの経済活動や社会活動が、感染症を生み、拡大させているのが実態です。私たち、人は自然から多くの恵みを得て、それを様々なものに変換して、今の便利な社会や経済を動かしています。それゆえに恵みを得た自然環境が壊れてしまえば、経済も社会もその根幹が揺らぐことになります。今のままでいることの限界の象徴がパンデミックとなった新型コロナ感染症の拡大であり、私たちは今、これまでの生活を変えることが求められています。つまり、今までのやり方では、私たちが住む地球が壊れてしまう事が、見えてきたのです。では、どのように私たちは生活を変えればいいのでしょうか。先人たちからそのヒントを得ることができます。それは、商人の知恵です。

商業の発展に寄与した商人の集団が、我が国にはあります。大阪商人、伊勢商人、そして近江商人です。皆さんも歴史を学ぶ上で聞いたことはあるでしょう。その近江商人の商売の哲学に、「三方よし」、というのがあります。三方とは、「買い手、売り手、世間」です。商売は、売れれば良いのではなく、商品を買った人が喜び、そして商人も適切な利益を得ることができ、さらにその商売が世間にとっても良いものでなければならないという意味です。この「世間よし」を今の時代に読み替えると、自然から富を得て商売をしたならば、その自然環境が元に戻るように努力し、あるいは、それ以上に環境が豊かになることを考えて、ビジネスをしなければならないということです。

皆さんのほとんどが4月から仕事に就くと思います。ぜひ、自分の仕事が「三方よし」になっているかを見極めてください。そして自分たちの仕事が三方よしになっているかを判断し、「三方よし」の会社になるように皆さんが会社を動かしてください。皆さんには、会社を変える知性と教養と専門の力が備わっています。自信をもって会社や日本を、そして世界を変える仕事をしてください。地球の未来は皆さんの力で変えることができます。我々は、後輩である皆さんに未来の舵取りを託しました。わたしたちは、国府台で皆さんにエールを送ります。皆さんの健闘を期待しています。

学位記授与式での学生たちの様子

卒業生・修了生の皆様、並びに保護者の皆様、ご卒業おめでとうございます。和洋女子大学・和洋女子大学大学院の学位記授与式での4年生たちの様子です。今日の市川市は快晴。学内に学生たちの笑顔がキラキラと輝く一日になりました。

 

 
【写真】学位授与式前の学生たち( ※撮影時のみ、マスクを外してもらいました)

 
【写真】大学構内の「陽光」という桜が満開で学生たちを迎えてくれました

学位記授与式の様子

卒業生・修了生の皆様、並びに保護者の皆様、ご卒業おめでとうございます。和洋女子大学・和洋女子大学大学院の学位記授与式の様子は以下より、ご覧ください。卒業生の皆さんのこれからの益々のご活躍を和洋女子大学の教職員一同、祈っています。ご卒業おめでとうございます。

和洋女子大学
送 辞(看護学部 看護学科3年 在学生代表)
答 辞(人文学部 日本文学文化学類4年 卒業生代表)

日本文学文化学科
心理学科
こども発達学科
英語コミュニケーション学科
国際学科
服飾造形学科
健康栄養学科
家政福祉学科

和洋女子大学大学院
謝 辞(和洋女子大学大学院 総合生活研究科 総合生活専攻 修了生代表)

人文科学研究科
総合生活研究科


 

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ