和洋女子大学|トピックス一覧

トピックス一覧 


Topics:一般・地域の方

2019/12/04

市川市立八幡小学校「なかよしフェスティバル」に参加しました

11月16日、市川市立八幡小学校で、PTA主催の「なかよしフェスティバル」が開催され、健康栄養学科の大河原悦子准教授と学生10名が参加協力して「和洋女子大学お菓子教室」を開きました。低学年、中学年、高学年それぞれの学年に応じて難易度の違う「練り切り」を作りました。お菓子教室は、今年度で6回目。それぞれ約50名(合計約150名)の児童が「ひよこ」「パンダ」「クマモン」の練り切りづくりに挑戦しました。

   
写真:児童のつくった「ひよこ」「パンダ」「クマモン」

お菓子教室では、学生たちが順番に講師を務め、実際につくる際にはPTAの保護者の方々と共に子どもたちのサポートを行いました。
「ひよこ」は頬のパウダーを付けるのに苦戦し、「パンダ」や「クマモン」は耳や鼻を付けるのに大変そうでしたが、個性的なかわいらしい作品が完成。子どもたちは満足そうな笑顔で大喜びでした。
学生たちは、1年生から6年生までの子どもたちとかかわりながら、学年による児童の発達段階や反応の違いなどを学んだ「お菓子教室」となりました。

  
   
写真:左から低学年、中学年、高学年のお菓子教室の様子 

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ