和洋女子大学|学部・学科|看護学部|学科インフォメーション

学科インフォメーション

 

07 01

投稿者: kango
2019/07/01 16:11

感染看護学(履修時期:2年次 必修科目)」では、微生物に関する基礎的知識、感染防止策の根拠を中心に学びます。これにより、感染防止に留意し、看護活動をすることは院内感染・病院関連感染の防止へとつながり、安全で質の高い医療を患者に提供することにつながります。
具体的には、①国内外における感染症の変遷、②現代の感染症の特徴と感染予防の基本、③感染症患者の看護活動、④感染管理の実際(MRSA、AIDS、結核、SARSなど)、⑤感染に関する倫理を柱に講義・演習を進めていきます。

今回は、医療・療養環境に潜む感染リスクについての理解を深めるため、微生物を培養して、顕微鏡で観察を行った演習の様子を紹介します。

 
【写真左】演習では培養に用いる器具を多く使用します 【写真右】キーボードやドアノブから採取した微生物を培養したもの

 
【写真左】培養した菌をプレパラートに採取【写真右】炎であぶって、菌を固定しているところ(火炎滅菌)

 
【写真左】実験室にある顕微鏡。今回の培養実験のために、特別な「油浸対物レンズ」を使いました
【写真右】手順に沿って演習を行い、身の回りから培養された細菌類を自分たちの目で見ることができました

看護学科の学びについてはこちらから

Tags:

ブログカレンダー

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube