金井 智恵子

金井 智恵子

職名 准教授
大学所属 こども発達学科
主な担当科目 保育・教育相談の基礎、障害児保育

先生からのメッセージ

主に発達障害について研究をしています。授業では、気になる子どもってどんな特徴をもつの?どのように関われば良いの?また保育で保護者の方の相談を受けることがあるけど、どういう点に気をつけたら良いの?ということをみなさんと一緒に考えていけたらと思います。

詳細情報

経歴(最終学歴・主な職歴) 東京医科歯科大学院修了(医学博士)、相模女子大学講師、昭和大学講師
専門分野 発達障害、臨床発達心理学、精神保健学、臨床心理学
現在の研究課題 発達障害の早期発見・早期治療、発達障害の心理面の発達段階
研究業績(主要3点) ・「Handbook of Social Behavior and Skills in Children」Matson.J(監), 金井智恵子,黒田美保,Toth G,三宅篤子, 板橋貴史. Springer 217-248. 平成29年9月
・「Cognitive profiles of adults with high-functioning autism spectrum disorders and those with attention-deficit/hyperactivity disorder based on the WAIS-III」金井智恵子,橋本龍一郎,板橋貴史,太田晴久,岩波明,加藤進昌. Research in Develop metal Disabilities 61,108-115. 平成29年2月
・「Handbook of Assessment and Diagnosis of ASD」Matson.J(監), 金井智恵子,Toth G,板橋貴史,加藤進昌. Springer 379-402. 平成28年3月
社会的活動 日本発達心理学会役員、日本臨床発達心理学会役員
趣味 水泳、音楽・映画鑑賞
その他

研究者情報システム

教員一覧に戻る

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube