和洋女子大学|大学案内|地域連携・社会貢献|市川市との包括協定

市川市との包括協定

 本学と市川市とは、地域貢献と双方の発展に資するため、2009年8月29日に「和洋女子大学と市川市との連携等に関する包括協定」を締結しました。また、2015年5月には、協定の有効期間が切れるため内容を一部改定し、あらためて締結しました。
この協定は、「健康・保健・福祉」「文化・国際」「生涯学習」「環境」「まちづくり・産業振興」「災害」の6つの分野にわたって連携しており、地域社会の発展及び人材育成に寄与しています。

 

写真:あらためて包括協定が締結された様子(2015年5月) 

  

市川市との包括協定推進協議会

2017年5月30日、市川市の大久保博市長と本学岸田宏司学長出席の下、市川市との連携等に関する平成29年度包括協定推進協議会を開催しました。
推進協議会では事業報告や事業計画の報告が行われ、その後活発な意見交換が行われました。平成29年度の包括協定に基づく連携事業は、計画も含め38事業にのぼっています。
  
写真:2017年5月の包括協定推進協議会の様子

これまでの取り組み
 

包括協定に基づく事業

(平成27年度 抜粋)

健康・保健・福祉分野

市川市健康都市推進講座を、施設・講師を提供して開催
「協働花づくり事業」に学生・教職員が協力 
市川市ラグビーフェスティバルにおいて、スポーツに係る栄養についてのブースを開設
下総・江戸川ツーデーマーチ・市川まつりにおいて、健康と食についてのブースを開設 

文化・国際分野

文学ミュージアムの企画・運営に学生が協力
学生が国際交流に関するアンケートに協力 

生涯学習分野

いちかわ市民アカデミー講座を、施設・講師を提供して開催
市立図書館と本学メディアセンターの間で資料の相互貸借を実施

環境分野

市民マナー協力団体として学生が大学周辺の清掃を行う

まちづくり・産業振興分野

いちかわTMO講座の講師に本学教員を派遣
「市川のなし」など市内農産物等のPRイベントに協力 

災害分野

災害時における一時避難場所等の提供に関する協定に基づき、避難施設として指定
防災倉庫を設置し防災日用品を備蓄
AED、応急救護などの救命講習の実施
市の総合防災訓練への参加 

その他

インターンシップ実習生3名を本学で受け入れ
市の「夏休み体験ボランティア」に学生が参加
防犯キャンペーンイベントに「わよボラ」学生が参加し、防犯意識啓発活動をサポート
 

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube