和洋女子大学|大学案内|科研費

科研費

科学研究費助成事業(科研費)

科学研究費助成事業は、人文・社会科学から自然科学までのあらゆる分野にわたり、独創的・先駆的な「学術研究」(研究者の自由な発想に基づく研究)を発展させることを目的とする「競争的研究資金」です。
大学等の研究者、研究者グループが自発的に計画する学術研究に対し、審査を経て採択されたものに、文部科学省、(独)日本学術振興会より研究費が助成されます。

平成31年度科学研究費助成事業(科研費)採択結果

平成31年度採択一覧表

【新規(基金)】

  山本 高美      3次元ディスタンスフィールドに基づく未来型アパレル造形システムの開発
大神 優子  保育学生の子どもへの視点と記述の変化:映像/文章素材による検討
寺島 瞳   境界性パーソナリティ障害に対する認知行動的グループ療法の効果研究
恩田 清美 医療的ケアが必要な子どもの支援の現状と課題
鈴木 敏和 個人差を考慮した補酵素Q10サプリメントのアンチエイジング効果の検討
木村 尚志 地域の景観と文化の復原のための歌枕論―上代から中世への文学史のサイクルを描く―
加藤 紫識   日本における同業者信仰の実態と変容に関する研究    
   清水 冬樹          児童福祉における当事者性の構築に関する研究

【継続(基金)】

佐藤 勝明  享保・宝暦期俳諧の新研究:芭蕉没後の「かるみ」伝播を軸にして
 杉浦 功一 国際協力におけるパートナーシップの実態の考察―民主化・ガバナンス分野を中心に
佐藤 宏子  農村家族における「帰家」と「親-成人子関係」-直系制家族40年の軌跡とゆくえ-
  池田 幸恭    親の老いの認知が青年期から成人期にわたる親子関係に与える影響
 金井  智恵子   視線計測を用いた自閉症スペクトラムの診断システムの開発
河村 秋   幼児の社会・情緒的問題の評価尺度-日本語版ITSEAの標準化と活用に向けて-
宮内 清子   妊娠各期における妊婦の睡眠の質の様相
小澤 京子  啓蒙主義時代から19世紀前半までのフランスにおける建築図面・図表の思想史的意義
大石 恭子 酸性からアルカリ性の広範囲pHにおける炊飯液が米飯品質に及ぼす影響
松井 幾子 在宅医療・介護ケアにおける管理栄養士・栄養士教育について
小林 勉 廻船ルートで栄えた日本海沿岸(北陸~東北地域)町家の建築構法・建築文化の継承
寺岡 征太郎 自殺企図者へのシームレスな看護支援~外来・入院・地域を繋ぐ連携と地域移行支援~
池谷 真梨子 保育所における0~2歳児の食支援の提言
上村 明 発達差と保育者の評価は、幼児の運動・スポーツへの積極性に影響するか?
藤井 美穂子 生殖補助医療後に双胎妊娠した女性の母性を育む助産ケアプログラムの開発
白鳥 孝子 患者の尊厳を尊重した看護ケア-看護学生の倫理実践能力を高める教育方法・教材の開発
新谷 奈苗  バーチャルな森林環境におけるストレス軽減効果の検証  
 丸上 輝剛  
サーモグラフィー動画解析による転倒察知・防止システムの開発

過去の採択状況

>平成30年度の結果  
 
>平成29年度の結果
>平成28年度の結果
>平成27年度の結果
>平成26年度の結果

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube