和洋女子大学|大学案内|理念・目的・方針|平成25年度入学生までの大学院アドミッションポリシー

平成25年度入学生までの大学院アドミッションポリシー

アドミッションポリシー

人文科学研究科

芸術の探求と技術の獲得を目標とする和洋女子大学の教育方針を土台に創られた人文科学研究科において、英語文学専攻、日本文学専攻は言語芸術の機微、文字の文化と文学の探求により時空を超越し人間世界を解明することを目的としています。
IT革命を経験しながら、20、21世紀の世界は目まぐるしい変動を味わっています。そしてその結果、いま「苦悩の年」を迎えているのかもしれません。このような時代において、時空を超えた古今東西の深い知識を追求、展開し未来の方向を探り、それを確実に世界に伝授できる大学院生を育てていきます。言語芸術を極め、文字の文化を追求するための努力を喜びとして味わいたいと願う研究者を求めています。

総合生活研究科

家政学を幅広い視点に立脚した視点で捉え、生活全般に関わる諸問題に対して、理論的・実践的に高度な知識と技術を持って研究する能力を涵養する事を目指しています。博士前期課程では、特に「栄養・食品分野」、「生活・福祉分野」と「服飾科学分野」における専門知識を習得し、より適切な問題解決方法を講じられる能力を養成する事を目指した指導を行っています。学位は、修士(家政学)を授与されます。
博士後期課程においては、これら3分野の問題解決に対し、より高度な知識と技術を用いると同時に、学際的視野を持つことで幅広い専門分野の連携を実現し社会に還元できる成果が得られるよう指導していきます。学位は本人の希望により、「博士(学術)」又は「博士(家政学)」が選択できます。

 本研究科は以下のような、意欲的な志願者を求めています。
1.大学・研究機関で、今日の生活科学関連問題に関する教育・研究をめざす人
2.行政面での高い知識と技術を生かした問題解決をめざす人
3.企業等において、独創的な研究開発の分野での能力発揮をめざす人
4.生活科学に関連した情報管理・提供・発信等の役割をめざす人

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube