和洋女子大学|施設・キャンパス|メディアセンター|これまでの展示案内一覧

2017/09/21

モード誌にみるアール・デコのファッション・イラストレーション

展示期間

2017年9月21日(木)~12月22日(金)

解説

アール・デコは、1925年にパリで開催された「国際装飾美術・産業美術博覧会」をきっかけに評判となった芸術様式です。それ以前のアール・ヌーヴォー様式と比較すると、直線を主体とした、より簡潔ですっきりとしたデザインであるということが、その特徴です。
 
1800年代の後半に世界で広がった工業化と、それに伴う「大量生産」という新しい動きは、アートにも影響を及ぼしました。職人による手工芸は失われ、美術品や工芸品も安価に効率よく複製可能なデザインであることが求められるようになりました。アール・デコ様式のシンプルなデザインは、そうした時代のニーズの変化に即したものであると言えます。
 
一方で、今回の展示でご紹介している4誌のイラストレーションには、ポショワール(ステンシル)という技術が積極的に用いられています。これは、型紙を用いた職人の手作業による彩色法です。最新のカラー印刷技術としてはすでに写真が出現していましたが、これらの雑誌はあえて失われつつある職人芸にこだわることで、格別にエレガントな紙面を作り出しています。
 
メディアセンター所蔵の貴重資料を通じて、1900年代初頭のパリの洗練されたファッションとアートの世界を、ぜひお楽しみください。

ポスター




受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

これまでの展示案内一覧

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube