和洋女子大学|施設・キャンパス|メディアセンター|これまでの展示案内一覧

2007/11/03

里見祭展示 「奈良絵本」

展示期間

2007年11月3・4日 (里見祭期間中)

解説

室町時代の末期、公家的な文化や教養が町衆の間に普及し、町衆はそれをもとに自らの文化を形成していった。こうした時代的背景のもとで誕生した奈良絵本は、丹(赤)、青、緑を中心とした濃彩がほどこされ、金銀の泥を混用し大小の金箔を切り貼りしたものなど、贅沢に仕立てられたものが多かった。今回は本学が所蔵する貴重書の中から、特に美しい奈良絵本を4点ご覧いただく。

画像

『大織冠』下巻より 912.2:Ta24:1~3


受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

これまでの展示案内一覧

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube