和洋女子大学|施設・キャンパス|メディアセンター|これまでの展示案内一覧

2007/12/01

江戸時代の料理本

展示期間

2007年12月1日(土)~2008年2月9日(土)

解説

江戸時代前期の料理本は、貴族や公家等のお抱えの包丁諸派などの限られた者だけが、受け継がれる奥秘伝書が多く、料理人のための料理本が主であった。それに対し、後期に入ると政情が安定し、庶民にも料理に対する関心が高まり、料理人以外の人々が楽しめる「遊び」の要素の加わった料理本が多く出版された。 今回は、江戸時代の代表的な料理本を展示する。

画像

『漬物早指南』 596.2:O17


受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

これまでの展示案内一覧

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube