和洋女子大学|施設・キャンパス|メディアセンター|これまでの展示案内一覧

2016/09/21

ウィリアム・モリスの美しい本
~ケルムスコット・プレスコレクション~

展示期間

2016年9月21日(水)~12月22日(木)

解説

ケルムスコット・プレスは、19世紀のイギリスの詩人・デザイナー・作家・思想家のウィリアム・モリス(1834-1896)が1891年に「理想の書物」の実現を目指し設立した私家版印刷工房です。1891年の設立から1898年の閉鎖までの間に53点66冊、18,000部以上の本を印刷し、モリスの死後も3点を刊行しました。メディアセンターでは、53点66冊すべてを所蔵しています。
 
モリスは美しく読みやすい理想の本の制作を目指し、活字のデザインに取り組みました。
活字のデザインは時間と労力を要する作業でした。モリスは、最初の活字には1年を費やし、刷り見本をマッチ箱に入れて持ち歩き検討を重ねました。そして「ゴールデン活字」「トロイ活字」「チョーサー活字」の3種類の活字を生み出しました。
 
今回の貴重書展示では、メディアセンターのケルムスコット・プレスコレクションからモリスがデザインした3種類の活字を使用した資料を中心に『The golden legend(黄金伝説)』『The recuyell of the historyes of Troye(トロイ物語集)』などをご紹介しています。
 
また、世界三大美書の一つといわれる『The works of Geoffrey Chaucer(ジェフリー・チョーサー作品集)』復刻版(2008年刊)も展示しています。こちらは、実際に手に取っていただけます。ぜひ、ご覧ください。
 
(*邦題は全て「ケルムスコット・プレス創設100周年記念目録」丸善(1991年)に拠った。)

画像

『The golden legend(黄金伝説)』ケルムスコット刊本No.7より 
請求記号198:J12:1 貴重書

The golden legend of master William Caxton done anew






受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

これまでの展示案内一覧

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube