本学の教員養成について

本学の教員養成について

和洋らしい、そしてあなたらしい教員をめざして
1897
(明治30、創者である堀越千代が、東京の麹町区飯田町(現、千代田区富士)に「和洋裁縫学院」を設したのが、和洋子大学のはじまりです。当時、近代化に向けて邁進していた日本において、手に職をもち自して生きていける近代的な性の育成が求められていたのです。開学以来1世紀以上にわたり、社会で活躍できる「自した性」を育ててきた本学は、「和魂洋才」「明朗和順」という教育理念を受け継ぎながら、人を支える「心」と「技術」を大にしてきました。 そして、本学はこのような長い歴史の中で、1906(明治36の裁縫教員試験受験者のための日曜科の設置、1911(明治 44の高等裁縫養成科の設置といったように、一貫して教育者の養成に携わってきたという特徴があります。単に自分だけが自するのではなく、身をもって生き方の範を示しながら次世代の者を育てるという、何よりも大な社会に貢献できる職業人の育成にを注ぎ、多数の教員を輩出してきたのです。 戦前の高等学校「裁縫」教員の養成は、戦後の中学校・高等学校教諭免許状取得可能な教職課程に引き継がれ、現在「家庭」のみならず各学科での専門的な学修をもとにして「国語」「書道」「英語」「美術」「社会」「公民」の教員免許状を 取得することができます。また、今日では社会のニーズに応じた「栄養教諭」「幼稚園教諭」の養成もっています。教員への夢を抱いて本学に入学する学生も少なくなく、毎コンスタントに教職の道へ進んでいます。

教員養成の目標

本学は、「和洋」という名称によく表れているように、日本性固有の教養と実技を尊重し、大胆に時代の先端をいく技術・技能を積極的に取り入れる気風と意欲に満ちた「自した性」の育成の中で、教員養成をってきた伝統があります。すなわち「和魂洋才」「明朗和順」の精神をもち得た人間性の育成とともに、「洋才」に込められた意味、つまり教科のバックボーンとなるさまざまな学問の知・技術・技能をしっかりと身に付けた教員の養成を目指しているのです。 そして、グローバル化、情報化、少子・高齢化といった急速な社会変化に直面した時代において、具体的な教員養成の目標に、次のような【本学が求める教員像】を挙げ、教職課程(中・高)の教育をおこなっています。

【 本学が求める教師像 】

・教育に対する熱意と使命感をもつ教師

・児童生徒に対する愛情や教育者としての責任感が強く、子どもへの指導・支援を惜しまず、子どもと共に成長し

ようとすることができる教師 

・専門的知識・技術を駆使し、変化に即した判断力をもって、学習指導・学級経営をはじめとする校務全体の運営にあたるとともに、絶えずその向上に努力することができる高い専門性と実践的指導力のある教師

・相手や場面に応じた適切な言動をふまえ、円滑な人間関係が築ける柔軟な発想や思考をもち協働ことにあたるとともに、生命あるものを慈しみ畏敬の念をもつことができる豊かな人間性と思いやりのある教師

・ 幅広い教養を身に付け、社会人として適切な言動をとることができるとともに、高い倫理観と規範意識をもって職責を 果たし、社会に貢献することができる社会人として優れた識見をもつ教師

教職課程における学修目標および指針

〈1年次〉

【目標】

・教職に就くために学んでいくことを自覚する ・教職の土台となる広い視野と教養を習得する

【学修の指針】

 1次には、教職に関する科目の「教職入門」を修し、教職の意義や教員の役割、職務内容等を解します。また、2 から本登録する教職課程を修していくかどうかの覚悟を決め、4間の教職課程での学びの通してます。 教職の土台となる広い視野と教養を習得するために、共通総合科目に開設されている科目をします。特に、教員免許法規則に定められている日本国憲法、体育、外国語コミュニケーション、情報機の操作に対応する科目を修すること で、教職課程を計画的に学修していくための基礎を固めることができます。

〈2年次〉

【目標】

・教育に関する基礎と基本を解する
・子どもや子どもを取り巻く世界を解する

【学修の指針】

2次は、教職課程の本登録があり、教職についての本格的な学びがスタート
します。まず「教育原
(中・高)」、「教育心学(教職)」を修し、教育に関する基礎・基本と共に子どもや子どもを取り巻く世界を解します。 次に「道徳教育の指導法」、「教育の方法と技術」、「生徒・進指導」および教科教育法、教科教育といった学校現場を踏まえた科目を学びます。将来、教職に就くことを意しながら、学校や生徒を取り巻く今日的な課題を総合的に捉えていきましょう。 また、教職への適性と教員への就業意欲・学修を一層促進できるよう、土曜日に実施する教職実アップセミナーに参加し、教職関連科目の学習と関連付けていきましょう。

〈3年次〉

【目標】
・教育に関わる基本的な知や技術を習得する
・教育に関する知や技術を実践の中で確認する

【学修の指針】

 3次には、「教育政学(教職)」、「教育課程」、「特別活動の指導法」、「教育相談」、教科教育法および教科指導法といった翌の教育実習を意した実践的な科目を学びます。これらの科目では、学習指導案の作成や模擬授業などをいます。自分の興味関心や進を考えながら、各学科の専門科目を選択修し、教科教育法や教科指導法の授業と関連付けていくことが求められます。 また、特別支援学校と社会福祉施設における介護等体験に参加します。プレ実習的な学びを経験できますので、自己課題が明確になってきます。教員対策講座にも参加し、自らの課題意をもって、主体的に学習を進めていきましょう

〈4年次〉

【目標】

・教職に就くための態や心構えが整う
理論と実践を統合して教職を捉えるとともに自己課題をみつける

【学修の指針】

 4次には、教育実習関連科目である「事前及び事後の指導」と「教育実習Ⅰ」
あるいは「教育実習Ⅱ」を
修します。中学校または高等学校における3週間の教育実習は、理論と実践を統合した学習となります。教育実習は大変貴重な機会ですので、教材研究はもちろんですが、教員としての構えを整える十分な準備をします。さらに事後の振り返りをい、将来教員になるための自己課題をつけます。そして、教職に就くか否かの最終決断をし、教員採用試験にむのです。 また、後期開設の「教職実践演習(中・高)」では、教育実習での学習を基にして、教員としての自分の能・適性・課題について確認することになります。自己と向き合い、教職課程の総まとめをいます。

※文章中の科目名は、2014年度入学生のカリキュラムに依拠しました

  

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube