留学で得たものは自立心、語学力、そして人脈!

留学で得たものは自立心、語学力、そして人脈!


【写真】留学生同士で韓国人の友達の家に遊びに行った時の記念写真(写真中央が松本さん)

松本梨沙さん
国際学類 国際社会専修3年
留学先:ソウル市立大学(韓国)
留学期間:2015年 8月より1年間

■海外留学に興味をもったきっかけ
私は和洋女子大学の併設校、和洋国府台女子中学校高等学校の出身です。中学でニュージーランドにホームステイ、高校でイギリス研修に参加していて、その頃から外国に興味を持っていました。留学制度を利用しながら、海外のことについて深く学びたいと思い、和洋女子大学の国際学科に入学しました。当初は英語圏に留学したいと思っていましたが、韓国ドラマや韓流音楽、韓国の文化や食事にも関心が強かったので、将来は韓国で就職することを視野に入れるようになりました。韓国語は独学で勉強していましたが、語学力をもっと上げて、韓国の文化や伝統、日本との違いなど、自分の知らないことをもっと知りたいとも思っていました。そこで、韓国のソウル市立大学との1年間の交換留学※に行くことを決めました。

■留学生活について
韓国に着いた最初の日は、宿舎のルームメイトが誰かもわからないまま学校に到着。今よりも会話も全くできない状態だったのでとても不安でした。ソウル市立大学では英語を使う授業や皆の前で発表をする授業も多く、かなり苦戦しました。けれど、学校の友達や授業のメンバーに助けてもらったり、「ソウルメイト」という留学生を手助けてくれる学生たちと出会って仲良くなったことで、学校のことだけでなく韓国語もぐっと上達しました。半年くらい経った頃には、ようやく翻訳機無しでも会話もスラスラと出来るようになり、意思疎通も楽になって生活にも慣れ始めてきました。休みの日を利用して、韓国内の旅行にも出かけるという貴重な経験もできました。大邱(テグ)・全州・清州島・安東に行きましたが、その土地特有の方言や単語の使い方が地域によって違ったことや町の風景もがらりと違うこと、食べ物も名産料理が沢山あったりしたことなどがとても印象強かったです。
また、アメリカやヨーロッパから来ている留学生も多く、英語を使う場面も沢山あり、韓国語と同時に英語も学べることもとてもいいなと思っています。私は韓国人の学生が受ける授業を一緒に受講していますが、授業内では国際関係の勉強で出てくる専門用語が思っていたよりも多く、授業を理解することがとても難しかったです。発表のある授業では、チームのメンバーも先生方も「留学生のために難しすぎない課題」を出してくれたり、「日本の内容も取り入れたらどうか」という提案をしてくれたりなど、私たち日本人を気遣ってくれる授業が沢山あり、とても助けられています。
   

【写真左】学校の「ソウルメイト」のグループ活動で出かけた時の写真。中国人・台湾人・韓国人・日本人で一緒に撮影! 【写真右】済州島という島に旅行に行った時の写真。この石像は熔岩で作られていてここの島の守り神といわれています

■寮生活について
ソウル市立大学の寮では、生活館と国際学舎があり、私は2人で1部屋を使う生活館を利用しています。シャワールームとトイレがワンフロアで共有式のスタイルということもあって慣れるまでには時間がかかりました。ルームメイトも3人替わり、韓国人が2人と今はアメリカから来ている留学生と一緒に生活をしています。ルームメイトとはお互いに体調が悪い時には、それぞれが薬を買ってきたり栄養のある食べ物を食べさせたりと助け合いながら生活をしています。今のルームメイトはアメリカ人ですが、日本が大好きということもあり、日本語もすこし話せます。私が日本語を教えたりしながら、日本の話をしたり韓国の話をしたりアメリカの話をしたり、お互いの旅行の話をしたり。毎日とても楽しいです。

■留学経験を通して
今回の留学で得たともの、それは「自立心」だと思います。一人で韓国で生活をするということは、自分で考えなければいけないことや行動しなければならないことが日本にいる時よりもとても多いからです。また「人脈」も得たと思います。この留学では、いろいろな国の人と接する機会が多く、韓国人だけでなく中国やヨーロッパなど、いろいろな国の人たちと友達になれてとても貴重な経験をしていると思います。そして何より一番身についたのは「語学力」。 留学前は翻訳機がなければまったく通じなかったのですが、こちらで韓国人と会話を多くするようになって、若者が使う単語も、尊敬語や韓国での冗談など教科書だけでは学べないようなことなども学べて、意思疎通もできるようになり、今ではコミュニケーションをとることがとても楽しいです。また留学でしか味わえない、韓国独自の文化や伝統にも沢山触れる機会があって、本当に多くのことを得たという気がします。

■これからの目標・将来の夢
将来は韓国に関わる職業で、自分の留学経験と語学力を活かせる仕事に就きたいです。卒業後、また韓国に来てワーキングホリデイという選択もありだなと思っています。今後の目標は、韓国語能力検定試験6級・5級の合格をめざしてもっともっと勉強し、日本に帰国しても韓国語が衰えないように韓国の友達たちとの連絡も頻繁にしなくちゃ! と思っています。

※交換留学について
和洋女子大学と協定大学のソウル市立大学・ソウル国立大学(家政学部)の間には、交換留学制度があります。この制度を利用すると、留学先の授業料が免除されます(ただし、本学の授業料等の学費は所定どおり、納入する必要があります)。

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube