「語学力をあげたい」という意志の強さが何よりも大事です

「語学力をあげたい」という意志の強さが何よりも大事です


【写真】右が米田さん、左は同時期に留学した高橋 莉菜さん

米田 萌笑さん
国際学科(旧:国際学類 英語文化コミュニケーション専修)取材時3年※
(※2018年4月より、和洋女子大学は学群・学類から学部・学科に名称変更しました)
留学先:ソウル市立大学(韓国)
留学期間:2018年8月より約4カ月

「認定留学」の制度でソウル市立大学(韓国)へ

2018年8月より約4カ月間、韓国のソウル市立大学へ認定留学の制度を使用して留学しました。認定留学とは、協定大学及び、これに準ずる高等教育機関への半期又は1年の留学で、「認定留学願」を提出し、所属学科の会議と学部教授会で承認されると、休学しないで留学することができます。

認定留学に関して詳しくはこちらから

■韓国留学を決めた理由と、どんな留学生活だったのか紹介します

 私にとって韓国への渡航経験は今回の留学で2回目。昔から韓国ドラマやアーティストが好きで、私の生活の中には韓国文化が日常にあるのが当たり前でした。大学生になっても韓国が大好きで、「自分の耳で言語を理解したいな」と思い、留学を決めました。

【写真】大学敷地内の綺麗な紅葉
私の寮は大きな部屋を3等分にした個人部屋でした。他の部屋に住む2人は韓国人。留学初日、挨拶代わりに彼女たちの部屋のドアにお菓子と手紙を掛けておきました。そうしたら、次の日に私の部屋のドアに手紙のお返事と美容パックが掛かっていて、ホッと安心したことを覚えています。とても優しい二人でした。

食事は大学内にたくさん食堂があったので、毎日そこで食べていました。たまに友達と近くのお店に行くこともありました。

また、寮の最寄り駅のアクセスがとても便利で、学生・若者の街であるホンデにすぐ行けるのが良かったです。

■留学中に辛かったのは、授業についていけない期間があったこと

留学中に辛かったことは、授業についていけない時期があったことです。今思えば当時の私は韓国語が初級レベルだったのかな?と考えられるのですが、慣れない地であまりわからないまま中級のクラスをとってしまいました。最初の方はもうついていくのに必死で地獄でした。一言も聞き逃しちゃだめだと思って毎日気を張って勉強し、置いていかれないようにしていました。たまにミニテストがあり、難しくて泣きたくなることも多々ありました。しかし、そんな中級クラスにいたからこそ、今韓国語をすらすらと話せるようになったのかなと思えます。レベルの高いところに挑んで身を置くことは、その時はしんどいけれど絶対に自分の実力になるんだなあと実感しました。勉強を怠けることも、いや、怠ける暇もなかったので、結果的に中級クラスをとってよかったと思います。

■「憧れだった韓国に住んでいるんだ……!」と留学中、常に幸せを感じていました

留学して嬉しかったことは、やっぱり非現実的な毎日を過ごせたことです。「ああ、私は憧れだった韓国に住んでるんだなあ……」と何度も繰り返し思えて、そのたびにホッと幸せな気持ちになりました。また留学しなければ出会えなかったはずの韓国の友達たちと遊べたり、私が知らなかった韓国のいいところを肌で感じられて、日々幸せを感じていました。

■放課後や休みの日の過ごし方

放課後は友達と一緒に遊びに行ったり、大学のカフェでゲームをしたりしていました。休みの日はよく寝て、大体お昼くらいからカフェに行ったりしていました。韓国はとにかくカフェがかわいくておいしいので、在学中に行きたいカフェを全部回るというのを小さな目標に掲げていました。

 
【写真左】大切な友達と撮った記念のプリクラ【写真右】お気に入りのカフェでのメニュー

友達とソウルの代表的なテーマパークであるロッテワールドにも行きました。韓国人の学校制服を着ていったりして、とても楽しい思い出になりました!

楽しかったところはそんな感じですが、もちろん旅先での、ハプニングもいろいろありました。高橋さんと31アイスクリームで飲み物を頼んだ時、私たちが間違えて1つ前のお客さんの注文した飲み物を受け取ってきてしまいました。慌てて気づいてお店に戻って事情を説明して自分たちの飲み物を受け取ろうとしたら、既に私たちの飲み物も次の人に持っていかれていました。「仕方ないのでそれを飲んでください」とスタッフさんに言われ、前のお客さんが頼んだ私の飲めないコーヒーのアメリカーノを渡されました。「ううーん、日本だったら絶対に作り直ししてくれるのになあ」などと思ったのが、忘れられないカルチャーショックを受けた思い出です。

■留学したおかげで格段に成長できました!


語学力は格段に上がったと思います。韓国語初心者から1年経たないうちに、中級レベルの検定に挑戦できるくらいの語学力になりました。韓国人の友達と2人で遊ぶこともできるようになり、留学に行って韓国語を話すという習慣がついたことがとても自分の為になりました。

韓国人の友達もそうですが、一緒に留学に参加した高橋さんには本当に感謝しています。1人で留学していたら不安で怖かったであろう生活面の様々なこと、例えば生活用品をそろえたり洗濯をしに行ったり……高橋さんと一緒だったので臆せずできたことが多く、とても助かりました。ともに苦労を乗り越えた仲間です!


【写真】留学生活を支え合った高橋さんと米田さん

■留学を考えている学生へメッセージ

語学力が低いことを留学前から不安に捉えて躊躇するよりも、「留学前は語学ができなくて当たり前!」くらいの気持ちでいいと思います。もちろん留学に行ったという事実だけでは思うように語学力が伸びないと思うので、到着したら真剣に取り組むことが1番です。逆に言うと、現地で必死に頑張ればいくらでもレベルアップできるようになると私は思っています。留学中に辛くて泣いた日もたくさんありますが、その経験も今の自分の財産だと思えます。今の実力で留学するかどうか判断するのではなく、できるようになりたいという意志の強さが大事です。留学を検討中の方、頑張ってください!

和洋女子大学の海外留学・海外研修について詳細はこちらから

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube