1ミリでも後悔する可能性があるならば、今留学に行くべき

1ミリでも後悔する可能性があるならば、今留学に行くべき



後藤 洋子さん

国際学類 英語文化コミュニケーション専修3年※
(※2018年4月より、和洋女子大学は学群・学類から学部・学科に名称変更しました)
留学先:トロント大学(カナダ)
留学期間:2018年4月より6ヶ月間

「認定留学」の制度でカナダ・トロントへ

大学3年生の半年間、カナダのトロント大学へ認定留学の制度を使用して留学しました。認定留学とは、協定大学及び、これに準ずる高等教育機関への半期又は1年の留学で、「認定留学願」を提出し、所属学科の会議と学部教授会で承認されると、休学しないで留学することができます。

認定留学に関して詳しくはこちらから

英語力だけではなくコミュニケーション能力も上がった

私は、自分に自信がないほうなのですが、留学に行って他国の近い歳の人達と話すことによって英語力だけではなくコミュニケーション能力も上がったと感じます。日本人は意見を述べるときに消極的になりがちですが、自分をしっかりともって相手と話さなければ、相手にも興味を持ってもらえません。グループワークでは相手の意見を聞きつつ自分の意見も提案する力が付きました。もちろん英語力の面でもTOEICスコアが200点以上も上がるなど、力がついたことを実感しています。


【写真】クラスメイトと先生との記念写真

大学3年生という忙しい時期ではあったが、留学を選んで本当に良かった

まとまって6か月という時間をとれるのは大学生のうちでないと難しいと思うので、悩んだけどいってよかったと思いました。そして色々な人たちと出会い世界各国の友達ができたことは一生の思い出です。
悩んでいた時に進路支援センターの人に相談したら、「きっと素晴らしい体験になるし、就活は帰ってきてからサポートするから行ってらっしゃい。」と背中を押してくれました。あの時に安心する言葉をかけてくださって感謝しています。

留学中一番楽しかったのは、国籍の違う友人がいろんな世界を見せてくれたこと

1番楽しかったことは、国籍の違う友達ができ、たくさん遊びにいったことです。映画や動物園に行ったり、おうちに遊びに行ったら母国料理でおもてなししてくれたりしました。

また、苦手な分野を先生に出してもらった追加の宿題をこなしたことによって、テストで大きくスコアが上がったこともとてもうれしかったです。


【写真】トロントにある桜を見に行ったとき


【写真】友人たちとナイアガラの滝を見にいったとき

今後は、エアラインスクールに通い、夢だったCAへの道を歩みます

12月からエアラインスクールに通い、CAになるために必要な知識を身に着けようと考えています。就職面接には、万全な状態で臨みたいと思っています。

その他に帰国して頑張りたいこと・頑張っていることで言うと、帰ってきてから英語を使う頻度がぐっと下がったので、積極的に海外映画を英語字幕で見たりするように心がけています。また、留学でできた友達ともたまに電話をしてお互いの状況を報告しあったりして、語学力をキープしようと心がけています。



【写真】学校のキャンパスや観光地などいろんな場所でジャンプして撮りました

留学したいけれど1歩を踏み出せない後輩たちへ

行かないことによって1ミリでも後悔する可能性があるならば、今行くべきだと思います!学生のうちにやりたいことはやっちゃいましょう!

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube