和洋女子大学|イベント一覧

イベント一覧


Events:健康栄養学科

2019/11/21

【産学連携】松戸市特産「あじさいねぎ」レシピ発表会・試食会を開催しました

11月12日に和洋女子大学南館2階、給食経営管理試食室で「あじさいねぎ」* を使ったレシピの発表会と試食会が行われ、毎日新聞社等、約10社のメディア関係者が取材に訪れました。
今回の企画は今年5月の、とうかつ中央農業協同組合からの打診がきっかけとなり、あじさいねぎを使ったレシピ開発へとつながりました。


指導担当の登坂三紀夫学科長と学生、レストランシェフ

健康栄養学科の登坂学科長が参加を募り、20名の学生が、イタリアンレストラン3店舗と協力し、合計10種のレシピを考案しました。

【一部メニュー紹介】
〇第1グループ×コメ・スタ 流山おおたかの森S・C店(流山市)
 「ねぎ味噌とチキンのピッツァ」他  
〇第2グループ×トラットリア パーチェ(松戸市) 
 「あじさいねぎのパンナコッタ」他
〇第3グループ×居食屋ダイニング パストール(松戸市)
 「あじさいねぎのポタージュ」他

あじさいねぎ生産者の成嶋伸隆さん(小金園芸品出荷協会理事)は「食感と緑色の彩り、加熱したときの甘さというあじさいねぎの良さがうまく生かされている」とイタリアンレストランで提供できることを喜んでいます。


左上から時計回りに、ねぎ味噌とチキンのピッツァ・あじさいねぎのパンナコッタ・あじさいねぎのポタージュ・あじさいねぎのインボルティーニ・あじさいねぎたっぷりトマトクリームパスタ

発表会では、グループごとにプレゼンテーションを行い、「提案したレシピを、シェフがすべて受け入れて下さり、商品化されることに達成感を感じました。」等、記者の質問に答えていました。

レシピを使用したメニューは12月1日(日)からレストラン各店舗で販売、提供されます。
レストランでの提供に先駆け、11月23日(土・祝)、24日(日)開催の「全国ねぎサミット2019inまつど」(21世紀の森と広場 松戸市千駄堀)で、一部メニューの先行販売を実施します。

【コラボレーションメニュー提供店舗】
・コメ・スタ 流山おおたかの森S・C店(千葉県流山市おおたかの森南1-5-1流山おおたかの森S・C 1Fタカシマヤフードメゾン内)
・トラットリア パーチェ(千葉県松戸市北松戸 2-18-6オビビル102)
・居食屋ダイニング パストール(千葉県松戸市本町12-5 石井ビル1F)

*「あじさいねぎ」とは
  千葉県松戸市北部を中心に栽培される葉ネギ(青い部分が多いねぎ)です。
  名前の由来は二つ。一つは、生産地にある紫陽花で有名な本土寺(あじさい寺)というお寺から名前をいた
  だいたこと。もう一つは、味わい深く、鮮やかな彩りのねぎの特徴を、味(あじ)も良く、彩り(さい)も
  良いという意味を込め、”あじさい”としたことです。

【メディア掲載実績】
東京新聞
https://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/list/201911/CK2019112102000157.html

大学通信
https://univ-online.com/article/research/8453/

毎日新聞・千葉日報・読売新聞 他

健康栄養学科※の学びについてはこちらから
(※2018年4月より、和洋女子大学は学群・学類から学部・学科に名称変更しました)
 



 


受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ