和洋女子大学|就職情報|トピックス一覧

就職情報:トピックス

2020/02/20

進路支援センター主催キャリアセミナー「SDGsって何?~カードゲームで体感するSDGs 私は世界と繋がっている~」を開催しました

2月14日、和洋九段女子中学校高等学校教諭の新井誠司氏を講師に招き、進路支援センター主催のキャリアセミナー「SDGs※って何?~カードゲームで体感するSDGs 私は世界と繋がっている~」を開催しました。春休み期間にも関わらず、多くの学生が参加しました。
※SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称。2015年9月に国連で開かれたサミットの中で世界のリーダーによって決められた、国際社会共通の目標を指す。

まず最初に、国際連合広報センター(UNIC Tokyo)の「持続可能な開発とは?」という動画を視聴し、話題の「SDGs」について学びました。

 
【写真左】講師の新井誠司氏【写真右】「持続可能な開発とは?」の動画を視聴

その後「2030SDGs」というカードゲームを通して「なぜSDGsが私たちの世界に必要なのか」「SDGsがあることによってどんな変化や可能性があるのか」を体感的に理解しました。

 
【写真左】各チームでどうしたら担当のプロジェクトを達成できるか相談中
【写真右】まるで外交関係のように、お金と時間を使用して交渉を進めていく学生たち

 
【写真左】プロジェクトの審査の為に講師のところへ並ぶ学生たち
【写真右】プロジェクト達成要件を満たすと、赤いカードがもらえます

国や政府、企業だけでなく個人単位でできる取り組みについて、学生たちは学びを深めていきました。

また、岸田宏司学長も講義を見学されて、講義の最後に学生たちへ「和洋女子大学もSDGsに取り組んでいきます。学生の皆さんも、ぜひ協力してください」とお話しました。


【写真】岸田学長が学生たちへメッセージをお話している様子

【参加した学生たちからのコメント】
■健康栄養学類※3年生
私が以前、参加したインターンシップの企業がSDGsの7つの目標を強化しており、SDGsを更に学びたいと思い、受講しました。私の夢は廃校になった小学校を活かしてカフェを開設することです。カフェでは健康食品の提供や、介護に関する情報提供など、経済目的だけでなく地域貢献もしていきたいと考えています。今後はこの夢を実現するためにも、まずはSDGsの学びを深めると同時に、SDGsを推進している企業研研究を進め、自分ができることから取り組んでいきたいです。

■家政福祉学部1年生
2030SDGsゲームをやったとき、最初は自分の目標を達成するにはどうしたらいいかばかりを考えていました。しかしゲーム後に自分の行動を振り返ったとき、全体を把握し行動することが大切だと分かりました。今日の講座でSDGsに関する意識が少し変化したので、これからは積極的にエレベーターではなく、階段を利用するなどできることから自分の行動を変えていきます。

(※2018年4月より、和洋女子大学は学群・学類から学部・学科に名称変更しました)

和洋女子大学の進路支援センターについてはこちらから

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube