学生活動ブログ

学生活動ブログ

名前: gakusei 作成日: 2015/07/28 16:33
学生活動ブログ

投稿者: gakusei 投稿日: 2019/04/22 10:41
千葉の伝統料理である祭り寿司を実際に作ったり、地域の人と一緒に学んだりしています!
4月26日の昼休みに説明会を南館2階『管理栄養士国家資格対策室』にて行いますのでお弁当持参でお越し下さい!

投稿者: gakusei 投稿日: 2019/04/17 15:14
こんにちは!ボランティア部です。

私たちは普段ゴミ拾いや献血活動、地域のイベントのお手伝いなどをメインの活動としていますが、春休みに二泊三日で東北“復興支援ボランティア”バスツアーに行ってきました!
移動中は東北のことについて学びつつ、カードゲームなどで遊び部員同士の仲を深めました。学科・学年の垣根を越え、とても濃い二泊三日になりました。

初日の3月29日には、福島県の相馬市にお邪魔しました!
まず、大震災・津波を経験した語り部さんのお話を聞き、それから震災後にできた防災備蓄倉庫を見学。大震災の経験を生かし、様々な工夫がしてありました。東日本大震災は三月、福島ではまだまだ寒い時期に起こったので防寒具、布団などが大量に備蓄されていました。

3月30日には、宮城県の石巻市に移動し、わかめの収穫体験!
朝の8時から11時という短い時間でしたが、今の時期でしか経験できないのでとても楽しかったです。
午後からは、石巻市から気仙沼市に移動し気仙沼シャークミュージアムを見学。その後、マイナス20度の氷の水族館に行きました。

最終日の3月31日は、『気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館』を訪問しました!
伝承館とは、震災当日まで気仙沼向洋高校の校舎として利用されていた建物に震災伝承館を加えた施設です。校舎の三階には、津波で押し流されてきた軽自動車がそのまま残されており、震災の被害の大きさを目の当たりにしました。

最後に、岩手県に移動して、世界遺産『中尊寺金色堂』を見学しました。
東北を旅行することで復興支援をしながら震災の恐さと防災意識の重要性を学びました。

 

 

今年度も東北ツアーを計画予定です。興味のある方は火曜の12時20分から12時50分に北館3階部室13にお越しください。

また、6月8日に荒川河川敷で行われるゴミ拾い甲子園というイベントに参加します。ゴミ拾い甲子園では、ただゴミを拾うだけでなく、環境への負荷に応じて定められたゴミごとのポイントを参加大学で競うイベントです。和洋女子大学として一緒に参加してくれる方を募集しています。
ボランティア部に入部をして一緒に社会貢献をしましょう!
投稿者: gakusei 投稿日: 2019/04/15 16:18
4月15日12:20から東館1階エントランスにて、ダンスサークルCrazy Girlがサークル発表を行いました。


【写真】サークル発表の様子

ダンスサークルCrazy Girlは、和洋女子大学で最大の部員数を誇るダンスサークルです。学内外のイベントに多数出演をし、活発に活動を続けています。

 
【写真左】フレッシュな2年生のナンバー 【写真右】3年生によるヒップホップナンバー


【写真】サークル発表の様子

ダンスサークルCrazy Girlは、本日より放課後に見学会を行っています。曜日などの詳細は、新1年生に配布されている『息吹』をご覧ください。 また、5/11(土)・12(日)に上野恩賜公園で行われる“第5回東京舞祭『春』”に参加の予定です。

興味がある方は、ぜひイベントや見学会に足を運んでみてください。
投稿者: gakusei 投稿日: 2019/04/11 13:06
4月9日と11日、12:20から東館1階エントランスにて、ユニバーシティアイドル 和娘。《なごむすめ》がサークル発表を行いました。


【写真】サークル発表の様子

ユニバーシティアイドル 和娘。《なごむすめ》は結成3周年を迎え、同好会からサークルに昇格しました。新メンバーを随時募集中です!

 
【写真】ダンスの様子、衣装はすべてメンバーの手作り


【写真】サークルについての説明をするリーダー栗原さん

2月13日に新木場スタジオコーストで開催されたUNIDOL2018-19 Winter supported by Sammyという大会では、敗者復活戦を勝ち上がり、決勝では全国総合3位という輝かしい活躍をおさめました。
明日12日(金)の同時間帯にも同発表が行われます。ぜひ足をお運びください。
投稿者: gakusei 投稿日: 2019/04/09 17:06
こんにちは!和洋文芸倶楽部です。
私達のサークルでは、本が好きな学生や小説を書くことが好きな学生が集まって活動しています。
作品の種類は様々です。短編小説や長編小説、読み切り、シリーズもの、短歌、俳句などなど。絵と物語を書くことが好きな人が絵本を作ったこともありました。
自分が書きたいと思った様々な作品を制作し、他の部員とともに推敲して、文章力と表現力を高めながら自分たちで部誌を作っています。また、好きな本や登場人物の話をしたり、おすすめの作品を紹介したり、部員が書いた小説を読んで感想やアドバイスを送りあったりもします。

 
         毎月の批評会の様子                   昨年度に制作した部誌

「本を読むことは好きだけど、書いたことはない……」「実は小説を書いているけれど、まだ人に見せるのは恥ずかしいな……」という方でもご安心下さい!
和洋文芸倶楽部の部員には、小説を書く人だけではなく、作品を読むことを専門としている「読み専」の人もいます。部室では歴代の先輩方が残した100冊近くの部誌を読むことができますし、昼休みにはどんな作品が好きなのかを部員同士で語り合ったりしています。もしかすると、同じ本や作品が好きな同士を見つけることができるかも?

和洋文芸倶楽部の活動に興味を持った方は、是非一度遊びに来てください。
毎週月曜~金曜の昼休みに北館3階の12部室にてお待ちしております!

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube