学生活動ブログ

学生活動ブログ

名前: gakusei 作成日: 2015/07/28 16:33
学生活動ブログ

投稿者: gakusei 投稿日: 2017/11/30 12:24
こんにちは、ボランティア部です。9月5日~9月8日(3泊4日)の日程で、昨年に引き続き、福島県での東北復興支援ツアーTABITABIを実施してきました。今回のテーマは、「また来てね! をつくる旅」。ということで、昨年、出会った地元の方とより深い関係をつくり、ツアー終了後も個人が地元の方とつながっていける関係をつくるため、前回よりも交流の時間を長くする企画を考えました。2泊の農家民宿も実施して、福島県の3つの地域の魅力を調査して参りました。



【1日目】
いわき市、到着!! まずは腹ごしらえということで、福島浜通りの大きな魅力ともいえる、新鮮な海鮮料理を頂きました。薄磯地区の海岸清掃・語り部さんのお話と豊間地区復興協議会の皆さんとの交流をしました。この豊間地区というのは、東日本大震災で一番多くの死者数を出してしまった地区で、その要因の一つが「津波を迎えに行ってしまったんだ」(地震がおきてすぐに避難すべきだったのに、津波の怖さが分からないから、わざわざ海を見に行ってしまった。子どもが家や学校にいるから助けるために帰ってきて車で逃げている途中に津波に飲み込まれてしまった。子どもも、そのまま学校の指示に従って避難していれば助かっていたのに)ということを聞いて衝撃的でした。その後、区長さんから直々に、この街の復興計画を熱く語って頂き、今は、あの津波が本当にあったのだろうかと思うくらい綺麗になっている街並みや防潮堤が、この風景が、数年後、もっと変化して、もっと人が戻ってきて、もっともっと活気ある街になってゆくのだろうかと想像すると、とても希望的な気分になりました。でもここから、が大変なんだとは思います。薄磯はサーフィンの名所、ということでまた来年、薄磯を訪問して応援していきたいです!!

【2日目】
■「きぼうのたねカンパニー」訪問
まずは、「きぼうのたねカンパニー」を訪問しました。こちらは、今回、お世話になった農家民宿をコーディネイトしてくださった瑞穂さんの会社です。同じ女性として、どのように瑞穂さんが自立していまのようにキラキラと輝けるようになったのか、瑞穂さんのこれまでの生き方についてお話をして頂きました。


■農家「夢ワイン」訪問

そして、午後は福島農家の「夢ワイン」を訪問。「一人欠けてもできなかった」と言う、齋藤社長から、この「夢ワイン」を皆で力を合わせて造って来たという経緯を伺い、いくつになっても夢を本当に楽しそうに語る、齋藤社長の姿を見て、こんなおばあちゃんになりたい! そう思いました。ワインも試飲させて頂きました! 日本人が好む刺身に合うワインをめざして研究中だそうで、とてもフルーティーでさっぱりしていて、お酒が飲めない私でも飲みやすく美味しく飲めました。

■きぼうのたねカンパニーでの農業体験

さらに、きぼうのたねカンパニーに戻ってきて、農業体験を行いました。今回は雨のため、ハウスの中での雑草抜きとジャガイモの選別をしました。夕飯後、瑞穂さんから「あんなにみんなが雑草を真剣に抜いてくれるとは思ってなかった」と皆で笑い話をしてたのですが、和洋の学生の性格が出るな~と私は「当然だな」と思っていました(笑)。


 
【写真右】After

【写真左】Befor     

■夜は分かれて各民宿へ

夜は何人かのグループに分かれて、それぞれのご家族と楽しい時間を過ごしました。レストランを改装したとてもおしゃれな民宿やお家の離れを貸し出して行っている面白いお父さんがいる民宿、など、とても個性豊かでいままでにない経験が各々できたのではないでしょうか。
投稿者: gakusei 投稿日: 2017/11/21 9:56
11月11日、東京都墨田区京島3丁目にある、墨田区を代表する商店街「下町人情キラキラ橘商店街」での 「SHOW店街でショー!」 に、アンサンブル部の学生7名が参加しました。このイベントは(一社)シアターキューブリックが主催したもので、キラキラ橘商店街活性化のために行われたイベントです。本学の名誉教授である中島明子氏がNPOすみださわやかネットの理事長を務めていることから、和洋女子大学の学生の参加が実現しました。昨年はプチフラワーアレンジメントや家政学群で取り組んだ「和洋ショップ」プロジェクト(昨年のwayo shopの様子はこちらから)の商品をキラキラ橘商店街にて販売しました。

【写真】演奏後に全員で記念撮影!

演奏はキラキラ橘商店街入り口付近にある原公園にて。7人のメンバーによる「サザエさんのオープニングテーマ&エンディングテーマ」「恋」「めざせポケモンマスター」などの楽しい演奏に、子どもたちから年配の方まで、幅広い世代の方々に楽しんでいただきました。
【写真左右】演奏中の様子。商店街に現れた七福神も飛び入り参加!

和洋女子大学では、多くの学生たちがサークルや同好会に参加し、学内外で活発に活動しています。和洋女子大学のサークル・同好会活動一覧はこちらから

昨年大好評だった「Wayo Shop」は今年も12月1日(金)~3日(日)まで期間限定で、市川駅直結のショッピングセンター「シャポー市川」地下1階ににてオープンします!
詳細はこちらから
投稿者: gakusei 投稿日: 2017/11/16 13:07
こんにちは! 日本文学文化学類 文化芸術専修2年の森です。毎年、文化芸術専修ではインターナショナルアートイベント デザインフェスタに参加しています。先週末、11月12日にデザインフェスタVol.46が行われ、今年も参加してきました! 今年はなんと20名以上の学生有志が集まり、多種多様なデザインのしおり・ポストカード・アクセサリーなどの学生作品の販売やポートフォリオの展示、授業紹介を行いました。


【写真】学生たちで記念撮影!


【写真】学生たちによる、文化芸術専修の授業紹介

今年も和洋女子大学のブースには多くの方々が立ち寄ってくださいました。そこでは、お越しくださった方々と授業内容・学校生活に関するお話をしたり、ブース内で展示・販売していた私たちの作品についてお話をすることができたり、他の出展者の皆さんの作品を見て、直接、コミュニケーションをとることで創作意欲が刺激され、とてもいい経験になりました!! 今回の経験を今後の創作活動にもつなげていきたいです。


【写真】ポストカードやしおりなど。設営も学生たちで行いました

お越しくださった方々をはじめ、今回、出展するにあたり手厚くサポートをして下さった先生方や助手さん、本当にありがとうございました!

日本文学文化学類 文化芸術専修の学びについてはこちらから



投稿者: gakusei 投稿日: 2017/11/01 13:57
今年の里見祭のポスターの原画を描いてくれたのは、昨年に引き続き、日本文学文化学類 文化芸術専修3年の森田さん。里見祭のポスターは例年、複数の応募作品の中から学生や教職員たちの投票で決定していますが、森田さんの作品は去年と今年、2年連続で採用されました。

森田 愛さん
日本文学文化学類 文化芸術専修3年



Q:昨年に引き続き、今回も里見祭のポスター制作に挑戦しようと思った理由を教えてください
A:せっかくなので、もう一度挑戦したい! と思ったことと、サークル活動(美術部)以外でも里見祭に関われたらと思い、応募することを決めました。

Q:今回のデザインのポイントはどんなところでしょうか?
A:今回のポイントは「夜の虹」です。今年で現在の7学類が最後という理由で、テーマが「虹」になったという話からインスピレーションを受け、このようなデザインになりました。夜の終わりかけの虹と明るみがかっている空を見つめる少女を描くことで、新しい始まりを予感させるものに仕上げました。
和洋女子大学は平成30年4月より、新たに看護学部が設置され、既存の7つの学類が新たに8学科に生まれ変わります。

Q:2年連続で採用された、今の気持ちを教えてください
A:まさか2年連続で選ばれるとは思っていなかったので、正直、驚いています。採用されて、大学内に貼られているポスターを見た友人から「おめでとう!」と言われると、描いて良かったなと思いますね。

Q:文化芸術専修の学びで面白いところ、自分の役に立っていると思うところを教えてください
A:美術史やサブカルチャーなど様々な文化や芸術に触れることができるところが、学びに繋がっていると感じます。また、私はデザインに関連した職種をめざしているので、「創作の基礎」や「デザインアート」といったPhotoshopやillustratorを活用した授業は、将来的に自らの力になっていくと思います。
 
日本文学文化学類 文化芸術専修の学びについてはこちらから

里見祭情報についてはこちらから



投稿者: gakusei 投稿日: 2017/11/01 13:35

こんにちは! 考古学研究会です。私たちは、10月8日に曽谷貝塚で開催された「曽谷縄文まつり」に参加させていただきました。“縄文人の生活を体験しよう”をテーマにビーズ・貝殻を使った縄文アクセサリー作りを行い、地域の方々に楽しんでもらうことができました。



事前の準備が大変でしたが、子どもたちの真剣に作業する姿やオリジナルアクセサリーが完成した時の嬉しそうな笑顔をみると、達成感を感じました。地域の方々にも優しくサポートしていただき、縄文まつりを盛り上げることができたと思います。



私たちも楽しく参加することができました。機会があれば、また参加したいと思います!


ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube